スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


強欲な坊主
 曲がりなりにも私は仏教徒だし、日本にいるときは仏教関係の編集者をしていて、たくさんのお寺さんや僧侶のかたにお世話になった。日本でお坊さんとしてあるまじき人と会い憤慨したときには、上司から「そういうときはお坊さんその人じゃなくて、袈裟を敬いなさい」とも言われ、そうするよう努力してきた。

 袈裟はお坊さんにとっては一番大事なお坊さんであることの証拠のようなもの。スリランカでは袈裟を脱いだまま24時間以上いると、もうお坊さんに戻れなくなってしまう(もう一度得度のやり直し)というほど、大事なものだ。ちなみに袈裟とはお坊さんがまとっている衣のこと。

 前置きが長くなったが、仏教国であり、日本よりお釈迦さまの時代の仏教が残っているといえるスリランカでも、僧侶の質が問われている。本来は袈裟以外、何も所有してはいけないはずだが、最近は寺院内で携帯で話す非常識なお坊さんも見かけるし、外国人女性をナンパする若いお坊さんもいる (注)スリランカのお坊さんは妻帯は禁じられている。

 ところで、10月1日から突然、ダンブッラ石窟寺院の入場料が、500ルピーから10ドルへと値上げした。ルピーだと1130ルピー。倍以上の値上がりだ。

 スリランカの観光地の入場料は高いと感じる人も多いと思うが、シーギリヤやポロンナルワなどの歴史遺産をまわる周遊券は40ドルもする。その中に「ダンブッラ」と書かれているが、実際はダンブッラ石窟寺院は使えない。

 これはダンブッラ石窟寺院は確かに世界遺産に指定されているが、遺跡ではなく現在も仏教寺院として機能しているため、寺院の管長にすべての権利があるためだ。つまり、入場料や入場の際の決まりに関しては、スリランカ政府の観光局はタッチできず、寺院に一任されている。

 内戦の影響で外国からの観光客が減り、ホテルは軒並み値下げしてでも来てもらおうと頑張っているのに、こういった寺院の勝手な値上げは本当に腹が立つ。というのも、この管長にあたるお坊さんは以前から強欲だという評判なのだ。

 その昔、寺院が所有するダンブッラ地方のジャングルを開いて観光客向けホテルにするという計画が持ち上がったとき、明らかに相場以上の金額を請求し、かなりの金額を手にしたと言われている。

 入場料を含めた寺院への収入が、きちんと公開されているのかは定かではないが、こういうお坊さんを見ると「なんだかなあ」と思ってしまう。
スポンサーサイト


  
コメント

うーん。私も3度程、スリランカでお坊さんにナンパされました・・・。
スリランカの仏教に対して神聖なイメージを持っていたので、ショックでした。
その中の一人はある省のアドバイザーという肩書きの名刺をくれました。
(もちろん携帯番号を手書きで書いて!!)
こんな事があったので、Reikoさんのおっしゃることが良く分かりました。
お金にも、名誉にも、女性にも強欲なお坊さんも居るのですね。
立派な方もいらっしゃるのでしょうけれど。
---------- Lanka+Style. URL│11/05. 19:55 [ 編集 ] -----

Lanka+Styleさん

そうなんですよね。立派な人もいらっしゃれば、それなりの人もいるということです。日本人は、スリランカのお坊さんを日本のお坊さんよりも真面目に修行していると思う人が多いのですが、「人による」と思うのです。
---------- Reiko. URL│11/05. 20:35 [ 編集 ] -----

Reiko San は 仏縁が あるのでしょうね。
坊主を 見ないで袈裟 を 敬え というのは いいですね。
先日 たまたま 長年 の付き合いの Sri-Lanka の Monk と
会って 良い気持ちでした、私も 長い間、いろいろな Priest, Monkに 会っています。 ビジネスの 好きな人、文学、お金、女好きと その人の 傾向にあわせて 坊さんも いろいろ でしょう。でも Sri Lankaの Monk は お金が ないから 仮に ナンパしても ホテルに行くことなど できない はずです。たぶん 憧れが プラトニック ラブに なるぐらいでは。 
仏陀の 生きた時代を 想像すると 自然と 人しかいない中で 今よりもずっと 仏陀の 教えが いかに 実行 可能だったかと 
思います。
生、老、病、死の 苦から解脱 する 上で 逆に 戒律を 守ったほうが
良いというのは、 現代の 坊さんでも なかなか 実行するのが 難しいのでしょう。 あまりに よけいなものが ありすぎます。
携帯電話、テレビ、飛行機、自動車、コンピューター、などなど、
Sri Lanka では お寺に お金が はいっても 個人
では 消費できないはずです。 もし そんな ワル が いたら
教えてください。 こらしめて やります。
もっとも 私も Sri Lanka の 坊さんに 現金を 送って
Tea、CD など 送るお願いを して おこずかい も あげると
いったのに ガッツリ と ねこばば されて しまったことが
あります。何に 使ったんだろう?
くらさん
---------- kurasan. URL│11/07. 07:16 [ 編集 ] -----

くらさん

確かに、ブッダの生きた時代とは違いがありすぎて、今のお坊さんたちも煩悩に苦しんでいるのだと思いますが、それにしても目に余るお坊さんが多すぎます。袈裟を利用しているお坊さんもいますしね。

ただスリランカには実際に今でも、山里から離れた場所で、ブッダの時代のままに修行しているお坊さんもいます。普段は俗人とは接触せず、ご飯などの布施を持っていく人しか中に入れません。

以前、そういった山の中のお寺を訪ねたときに、オーストラリア人のお坊さんがいて驚きました。もう何年もその場所で他の僧たちと生活しているそうです。そこは静謐そのもので、心穏やかに修行ができそうでした。
---------- Reiko. URL│11/08. 19:32 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/210-046b0ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。