甘いスイカはカタラガマから
 マンゴー、パパイヤ、パイナップル、そしてバナナ。スリランカのフルーツはどれも甘くておいしい。しかし、中にはあまりおいしくないのもある。私の中では、その代表がスイカだった。

 日本のスイカより小ぶりで、切ると実の赤色が薄くて見るからに味がなさそう。食べると予想通りやたらと水っぽくて、甘くない。スリランカに来て最初の頃は何度か食べたが、どれも同じような味だったので、それ以後自ら買うことはなく、ホテルやレストランでも食べようとしたことがなかった。

 昨日、スリヤンガの実家のお隣さんがカタラガマへ行ってきたと、お土産を持ってきてくれた。カタラガマといえば、どんな願いもきいてくるパワフルな神さまがまつられている寺院。シンハラ人にもタミル人にも、宗教に関係なく人気があって、スリランカ中の人がお参りに行くパワースポット。

 そこの代表的なお土産は*ドドルで、私もカタラガマに行くときは必ず買ってきた。しかし、今回はドドルに加え、スイカをもらった。カタラガマは実はスイカの産地としても有名らしい。

 「スイカかあ…」と期待しないで食べたらびっくり。日本のスイカと同じ味。甘い!「なんだ、おいしいスイカもあるんだ」と嬉しい発見。スリヤンガは食べないので、私とクロスケでおなかいっぱいいただいた。

*ドドル…ハクル(キトゥル・ヤシの糖)とココナツミルク、米粉で作った甘いお菓子。名古屋の「ういろう」みたいな食感

7-9-7カタラガマスイカ
 真っ赤に熟れたおいしそうなスイカ♪
スポンサーサイト


09/07. 00:00 [ 食べ物 ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/184-5eb97032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)