スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リウマチじゃなくてただの関節炎
 先日の「右ひざの痛みはリウマチかも」という日記を読んで、たくさんのかたから見舞いのメールをいただいた。中でも、家族や知り合いにリウマチの人がいらっしゃるかたからは、大変な病気なので軽く考えずに薬での治療をするようにアドバイスいただいた。

 私は簡単に考えていたのだが、調べてみると「リウマチ(関節リウマチ)」は一度かかると完治が難しい病気で、一生付き合っていかないとならないこと。そして、発症した場合早期治療が大切というのがわかった。

 薬を飲み続けているので痛みはおさまっているが、実際のところ病名はあいまいなまま。リウマチのスペシャリストのいる病院で検査してもらおうと、ゴールの私立病院の診察予約を取り、診てもらってきた。

 結果から言うと、リウマチではなく、ただの関節炎とのことだった。近所の医者に「リウマチ」だと言われとても心配していることを伝えると、ドクターは右ひざの状態、血液検査の結果、ひざ以外の関節の状態をみて、「リウマチの心配はまったくない」と言い切った。

 「ほ~っ!」。確かに、右ひざ以外はどこも悪くなく、ネット上で見た関節リウマチ診断の判断基準にほとんど当てはまらないから大丈夫かなあとは思っていたけど、これで安心した。

 本当にお騒がせしてすみません。そして、皆さんの温かいメール、とても嬉しかったです。ありがとうございました。 
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/179-791d5137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。