薬の効き目
 結局、20日夜から21日の昼までもらった薬は飲まず、夕方血液検査の結果だけ持ってドクターのところへ行った。ドクターは痛みもあり、腫れもひいていない状態を見て、もう一種類血液検査をするように言った。

 そりゃあ、薬を飲んでなければ良くなるはずはない。しかし、私は薬を飲んでいないことをドクターに言う機会を逃し、スリヤンガは「この薬を飲んでも効かないということは、やはり象皮病かもしれない。」とドクターに言われ、動揺する。

 家に帰るとスリヤンガは激怒。「なんでドクターの言うことを聞かない?絶対に今日から薬を飲むように」と言われ、しぶしぶ薬を飲んだ。するとあら不思議。足を曲げると激痛が走って歩くのもままならなかったのに、痛みは嘘のようになくなり走るのもできそうな勢いだ。

 それだけ強い薬なんだろうけど、とりあえずこの調子ならやっぱり象皮病ではなさそうなので、私も内心ほっとする。今日の夕方、2つ目の血液検査の結果を持って診察を受ける予定だったが、突然休診となったので、明日行くことになった。

 しかし、象皮病でなかったのは良かったけど、なら原因はなんだろう。今は薬で痛みを抑えているだけで、治ってはいないはず。やっぱりこの先はアーユルヴェーダに頼るかな…。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/174-552d4bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)