スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


読書三昧
 傷口がふさがるまで安静にと言われてるので、スリヤンガとアンマの監視が厳しくベッドから出してもらえない。パソコンに向かうのはもちろん、クロスケと遊ぶのもダメと言われ、ひたすらベッドの上で読書をしていた。

 家事はアンマとスリヤンガがやってくれているので、こうなったら思いっきりのんびりしようと、枕元に本を山積みにして読書をしている。こんなとき近くに図書館があったらいいのにと思いつつ、本棚をにらみ本を選んでいる。

 すでに何回も読み直している本ばかりだが、本というのはその時々によって読み取る内容が違ってくるので、久しぶりに読み直すと新しい本を読んだように新鮮な気持ちになることがある。そんなふうにワクワクしながら読書三昧を楽しんでいたが、今日で3日目。さすがに今読み直したい本も尽き、あきてきた。

 なんといっても、先日の日本帰国の折に妹が用意してくれた本がひどい。続き物の本の一冊目だけというのが多いのだ。上下巻の「上」だけだったり、1~5巻の「1巻」だけだったりする。唯一、「ダ・ヴィンチ・コード」が上中下巻そろっていたので無事読み終えることができた。

 といっても、妹が一方的に買ったものではなく、私が作品名や作者名を指定して、なおかつ「100円で売られているもの」と頼んでいたのだから仕方がない。予定では自分の滞在中に、古本屋を走り回って揃えようとしていたが、時間がなくてできなかったのだから自分の責任なのだが。

 しかし、途中までっていうのはつらい。そういえば中3の夏休み、山岡荘八の「徳川家康」をなんとか早く読み終わりたくて、朝から晩まで本を読んでいたのを思い出した。厚い文庫本で全26巻。早く続きが読みたくて、一日中本を読んでいた気がする。

 次回日本に行くときは、何よりも本屋めぐりを優先させたいと思っている(多分できなそうだが…)。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/164-9442fd20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。