スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


発熱
 昨日、暗くなってから髪を洗ったのがいけなかったのか(水シャワーの我が家では、水が温かい日中にするのが理想的)、夜突然発熱した。のどが痛くなるなど、なんの前触れもなかったので、熱が出ていると気づかず、でもなんだか身体がだるくて立っていられないので、夕食の用意をしながら途中休憩するほどだった。

 ベッドに入ってもぞくぞくするので、熱をはかってみたらなんと8度9分。熱に弱い私にとっては、いつもならフラフラになる熱の高さだ。とにかく朝起きたら熱が下がってることを願って眠る。

 そして朝。頭がボーッとしている。熱をはかるとやはり8度を超えている。どうしよう。よりによって今日熱が出るとは。実は1ヶ月前から予約を入れてあった検査入院の日が明日と決まっている。

 担当のドクターは一緒なのだが、そこしか必要な機器がないというので、仕方なく「公立」の病院に行き、4時間待たされてようやく形ばかりの診察をし、予約を入れてきた。もし、熱のため検査ができないとなると、また最初からやり直し。予約をするため、朝早くから待たないとならない。

 これはなんとしても熱を下げなければと、大嫌いな「コッタマリ*」を作ってもらい無理やり飲み込み、ひたすら眠る。しかし、願いもむなしく昼を過ぎても下がらない。仕方なく解熱剤を飲む。

 するとすーっと身体が楽になり熱が下がる。「そのまま、そのまま」と昼、夜と薬を飲み、明日の検査を迎えることにする。(明日につづく…)

 *コッタマリはコリアンダーの意味。スリランカ人は風邪の初期症状に、コリアンダーなどの薬草を乾燥させたもので作る煎じ薬を飲む。詳しくは2006年8月6日の日記を参照ください
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/162-9375a264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。