スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


選挙に行けない…
 今日は朝から一日中雨。ほとんど日も射さず、肌寒く感じるほど。先日、コロンボにある日本大使館から、在外選挙のお知らせが届いた。私のように海外に住む日本人は、あらかじめ日本大使館を通じて「在外選挙人証」を申請しておくと、投票ができる制度がある。

 投票の仕方は3つ。日本大使館に直接行くか、郵便による投票、あとは日本での投票(一時帰国する場合)。私は郵便投票をするつもりだったが、お知らせが自宅に届いたのが締切日の3週間前。それから日本の自治体に投票用紙を請求し送ってもらって、記入して送り返す日数を考えると、投票日までにぎりぎり届くか届かないかという微妙な感じ。

 投票用紙はいつでも請求できるらしいので、もっと早く請求しておけばよかったのだが、時すでに遅し。仕方なくコロンボまで投票に行くことにした。

 ところが、日本大使館での投票期間は7月13日~21日。私が行こうと思っていた矢先に、スリランカ政府軍がLTTEの東部の最大拠点トッピガラを制圧した。国をあげての祝勝ムードの中(といってもこれで内戦が終わったわけではない)、コロンボだけでなく全国の学校でもお祝いのセレモニーが開かれるという。

 となると、LTTEの報復によるテロが気になる。私は、「ただ行って投票だけして帰ってくるだけだから大丈夫」と思ったのだが、スリヤンガはもちろん、アンマとタータも大反対。「こんなときにコロンボなんて!絶対ダメ!」。

 「大事な選挙だから」と言っても、「もしテロがあったらどうするの?今回はやめておきなさい」と聞く耳持たず。仕方なく、投票はあきらめた。

 今回の選挙は、日本にとってターニング・ポイントになりそうな大事な選挙だと思っている。海外にいるから余計感じるのかもしれないが、日本の政治はめちゃくちゃになっている気がする。私は投票できないが、いつもより投票率が上がって、できるだけ多くの国民の考えが反映されればいいなと願っている。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/156-2b8b6bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。