スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


着古す
 スリランカでは一年中気温が変わらない。だいたい27~30度。つまりずっと同じ洋服でいられる。そうやって着続けてきた洋服がここのところ傷んできて、穴があいたり擦り切れてきた。

 はっきり言って、ここまで同じ洋服を着続けたのは初めて。私はあまり流行を追うタイプではないので、日本でもシーズンごとに新しい洋服を買っていたわけではないが、日本で夏服を着るとしてもほんの2~3ヶ月。生地が傷む前になんとなく着なくなってしまうことが多かった。

 ところが、スリランカでは流行なんて一切関係なく、基本的に年中、Tシャツ&短パンのスタイル。そんなにたくさんの枚数があるわけではないので、同じものを繰り返し繰り返し着ることになる。3年半も着れば古くなるのは当たり前。逆によくこんなに持ったなとも思う。

 色あせ、穴があき、擦り切れた服たち。でもまだその役目は終わってはいない。きれいに洗って、しまっておき、大掃除のときなどに、雑巾替わりにしたり、足拭きマットの替わりにしたりする。スリランカではなかなか物を捨てられないのだ。
スポンサーサイト


  
コメント

こんにちは。ドイツのmanaです。
一年中、Tシャツ&短パンとは・・・うらやましい!
なんと今日の気温は16℃なんですよ、ドイツ。寒いです。
私もドイツ人の夫と出会ってから、価値観がガラリと変わりました。ましてや私はバブル絶頂期にOLやってたものですから~、日本の消費経済に一役かっていたわけです(笑)。
帰国すると、妹たちが私の行動をみて「姉ちゃん、変わったね~」とびっくりするほど(爆)。
人間、物質的な幸せよりも大事な幸せがたくさんありますよね。
---------- mana. URL│07/10. 23:36 [ 編集 ] -----

manaさん
こんにちは。
私もちょこっとですがバブルを経験しました。新人OLが会社のタクシーチケットを使っていた時代ですものね。その頃から考えると雲泥の差の生活です。こっちではほとんどお金を使いません。というより使う必要がないです。でもそれで幸せってすばらしいことだなあと思います。
---------- Reiko. URL│07/11. 00:47 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/149-a7ac89b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。