スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カマルの結婚式
 スリヤンガの親友のひとり、カマルの結婚式がゴールのクローゼンバーグ・ホテルで行われた。今日は新郎側主催のホームカミング・パーティー。彼は普段イタリアに住んでいるので、場所の下見もホテルの予約も飲み物なんかの手配も全部私たちがしたので、私たちも他人事とは思えない感じがする。

 新婦はコロンボ出身なので、家族や親戚はコロンボからバスを仕立ててやってくる。が、来ない。新郎新婦はヒッカドゥワのホテルに泊まっていて、10時半に出発予定だったのに、新婦の家族がいないので来るに来れない。

 そして、12時すぎもようやく到着。待ちくたびれていたダンサーたちも気を取り直して、新郎新婦を迎える。お決まりのお祝いの歌やオイルランプの点火、新郎新婦がお互いにジュースを飲ませあってパーティーがスタートする。

 スリヤンガはその間も、お酒の用意をチェックしたり、アイスクリームが足りないと買いに行ったりしていたが、ランチタイムになってほっとしたのか、私にこっそりお酒を飲みに行っていた。

 私はスリランカ人の前ではお酒は飲めないので、言いにくいのだろう。ローカルが集まる結婚式では絶対に飲むことができない。今日はカマルの太っ腹で、アラックだけでなくウイスキー(輸入物なのでとても高い!)もあったのだが我慢。つまみで出されるピリ辛い豆とポークの炒め物がおいしくて、これはビールに合うなと思いつつ我慢。一滴も飲んでいない。

 そしてランチタイムが終わって、ダンスタイム。今日の新郎側のメンバーはほとんどが顔見知り。それもとてもよく知っている面々なので気がラク。我が家に滞在しているKさんも誘って、踊りの中へ。ダンスはものすごく盛り上がり、会場は熱気ムンムンでサウナ状態。サリー着て汗だくで踊ってしまった(おまけにしらふで!)。

 一息ついてお茶の時間。まだこの後近親者からの挨拶などがあるが、4時近くなので帰ることにする。するとコロンボ組も帰る準備をしている。聞けば今日はクリケットの決勝戦があるのでそれまでに帰りたいとのこと。ゴールからコロンボまでは3時間かかるから、確かにいい時間。

 今まで数多くの結婚式に出席したけど、今日はかなり雰囲気のいい、楽しい結婚式だった。カマル、お幸せに!

7-4-28a7-4-28b

 左:新郎新婦の到着!ドラムとダンスで迎える
 右:新郎新婦入場。ホームカミングなので新婦は赤いサリー
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/127-f797a82e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。