マンゴーの季節到来
 朝、クロスケ&モモを庭に放して遊ばせてたところ、ポトっと何かが落ちた。「マンゴーだ!」私が拾おうとすると、クロスケたちも走ってくる。丸いものをかじるのが好きなクロスケに先に拾われたら、柔らかい果肉だからすぐにかんじゃうだろう。

 私も負けじとダッシュした。クロスケたちよりも近くにいたのが幸いし、無事マンゴーを拾うことができた。今年初めてのマンゴーは、傷ひとつなくツヤツヤとおいしそうに輝いている。私もスリヤンガもマンゴーが大好きなので、嬉しいシーズン到来だ。

 今年は豊作で、庭のマンゴーの木には鈴なりに実がなっている。私たちはマンゴーが木の枝で完熟して落ちてくるのを待っているが、不思議なことに一度にたくさん落ちてくることはない。1日に1個から数個。だから毎日食べごろのマンゴーが食べられる。

 バナナをもらうと、この陽気のせいか熟れるのがとても早いので、いつも1~2個黒くなりすぎて捨ててしまうのを(といってもリスや鳥が食べるのだが)心苦しく思ってたが、マンゴーはその心配がない。まあ、もし熟れたのがたくさんあったら、ジュースにしたり、マンゴープリンにしたりしてしまうんだけれども。

7-4-20マンゴー
 鈴なりマンゴー
スポンサーサイト


  
コメント

私もマンゴーが大好きですよ、とっておいてください。最初はあまり好きではなかったのですが(日本で食べただけ)スリランカに行き食べた所全く違うもののように思ったくらい美味しくそれ以来、大の好物の一つです。
それも庭にあり、毎日のように木で熟れた物が食べれるなんてうらやましいです。
---------- のぐちです. URL│04/22. 12:57 [ 編集 ] -----

のぐちさん
私も日本では数えるほどしかマンゴーを食べたことがなく、特においしいとは思っていませんでした(マンゴープリンは大好きですが)。本当にスリランカのマンゴーはおいしいですよね。庭のも自然に生えてた木ですが、よく見るとジャングル状態の空き地にマンゴーの木があって、マンゴーがなっていたりします。手をかけないでおいしい果物が育つなんて、すばらしい環境ですよね。
---------- Reiko. URL│04/22. 20:10 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/121-7b8d9958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)