スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生活力
 スリランカでの生活も早3年。私自身、何が変わったかと言えば、「生活力」が身についたと思う。この生活力は、経済的な意味ではなく、日々暮らしていく中で、必要なことを、自分で考え、自分で行う力ととらえ使っている。「サバイバル力」と言ってもいいかもしれない。

 例えば、物が壊れたとき。日本では、「物が壊れる」ということは滅多にないし、壊れたら専門の人に頼んで修理してもらえるが、スリランカでは頻繁に調子が悪くなったり、壊れたりするので、いちいち専門の人に頼んではいられない。もし頼んだとしても、いつ来てくれるかわからないので、当てもなく何日も待つよりも自分でやったほうがいい。

 例えば、蛇口の水の出がおかしい。そんなときでも、水の元栓を閉め蛇口やホースをばらしてチェックし、パーツを取り替えたりして、ある程度は自分で直せるようになった。先日も、キッチンのシンクとタイルの間から水滴が漏れ、下の戸棚に落ちてしまっていたが、グラウトのパウダーを練り、その間に埋め込んで漏れないようにした。今は、部屋の壁をペイントし直す前に、でこぼこになった箇所にプラスターを埋めこみ平らにする作業をしている。

 そういった作業だけじゃなく、ガスがなくても電気がなくても水道がなくても、とりあえず薪を使ったり、井戸の水をくみ上げたりして、普段と変わらない生活ができる力がついたと思う。日本だったら、非常時以外には考えられない長時間の停電や断水なんかが、スリランカでは日常的に起こるので自然と身につくのだろう。

 日本ではずっと集合住宅で育った私にとっては、庭や空き地にはえる葉や実、根を採ってきて料理するのも立派な生活力。昔は、「もし船が難破し漂流して、無人島に流れ着いたら」、生きていけるか不安だったけど、今ならなんとか生き延びれそうな気がする。

7-4-6クロスケ
 背中をかいてくつろいでいるクロスケ。モモはカメラに突進してくるので撮るのが難しい
 ※本文とはまったく関係ない写真ですが…
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/113-e60ec59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。