スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガーデンタイル作り
 玄関先のテラス(まだ作ってないが)の前からゲートまで、ガーデンタイルを敷き、それ以外の敷地に芝生を植えようと思っている。本格的な雨季が来る前に庭作りを終わらせてしまおうと、ガーデンタイルを作り始める。

 まずは、大きさを決め、木材屋で木の型を作ってもらう。また、ガーデンタイルを敷くところを3インチの深さに掘り平らにならす。ここまでが準備段階。

 ガーデンタイルは、セメント製品屋で作ったものが売っているが、それを地面に置くだけだと、すぐにグラグラしてしまうらしい。我が家は車の出入りが多いので、しっかりしたのを作ろうと、地面を掘り、型を置き、コンクリートを流していく方法にした。

 タイルとタイルの間は3インチと指定した。これらの作業にあまり慣れていないワーカーなので、私たちも一緒に地面の高さなどをチェックしながら、型を置いていく。もちろんすべて手作業なので、なかなか進まない。1日かかって、やっと50個ほどのガーデンタイルが出来上がった。

 乾くのを待って、上面にプラスターを塗る予定だから、まだまだ時間がかかりそう。明日はワーカーたちは、友人の誕生日パーティーに行くからお休みと言っているし、なんとか新年までに終わるだろうか。

7-4-4

 地面に型を置いてコンクリートを流していく
スポンサーサイト


04/04. 00:00 [ 家作り ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/112-2f9604fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。