スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりのローカルバス
 来月にビザが切れるので、その前にパスポートの更新をしなくてと、先週末、コロンボの日本大使館に更新に行ってきた。ヒッカドゥワからコロンボまでは片道100キロ。しょっちゅう行ける距離ではないので、今までなら、子供たちを休ませてみんなで行って、用事を済ませ、買い物をして食事をしてと、イベント的に楽しんでいたが、もう美咲は三年生。そうそう学校を休んではいられない。

 そんなわけで今回は一人バスに乗って行くことに。ゴールまでは学校に行く子供たちと一緒に車で行き、バススタンドで降ろしてもらった。ゴールからコロンボまでのハイウェイバスは2種類。Maharagama(マハラガマ)行きとKaduwela(カドゥウェラ)行き。どちらもコロンボ中心部からは10数キロ離れているので、目的地に合わせて選んだらいい。

 私はマハラガマ行きに乗った。375ルピー、所要1時間半弱。高速道路は1時間で着くので、降りてからの道の混みようによって時間が変わる。マハラガマからは、ローカルバスで近くまで行き、そこからトゥクトゥクを利用。コロンボ市内バスの路線は、Colombo Bus Routeというアプリを見つけた。下調べには便利。

 日本大使館には9時半過ぎに到着した。用意してきた申請書を出すと、出来上がりは翌日になると言う。ヒッカドゥワから来ているので今日中に受け取りたいと伝えると、ちょっと待っててくださいとなり、30分ほどで新しいパスポートを受け取ることができた。今まで子供のも含めて、5回、パスポートの申請をしているが、いつも即日で作ってもらえていた。

 とてもありがたいサービスなのだが、まず「出来上がりは翌日」と言い、要望があったときだけ即日で対応するのがなんともお役所的と思ってしまう。民間だったら、「1時間ほどお待ちいただけるのでしたら、本日お渡しできます。翌日以降でしたら、いつでも受け取りいただけますが、いかがいたしますか?」となるだろう。

 ところで、久しぶりに一人で町歩きができるので、パスポートを受け取った後は、いくつか気になっていたブティックを見たり、お茶をしたり。インディペンデンス・スクエアに向かって歩いていると、マイクを通して聞き覚えのある声が。やけに警備が厳しいと思ったら、すぐ脇で大統領がスピーチをしていた。

2016-1-31b.gif2016-1-31e.gif
2014年にオープンしたショッピングモール、インディペンデンス・スクエア・アーケード。
古い建物をリノベーションしたのだが、やたらと広くて、どこにどの店があるかわかりにくい。
平日の昼間だからかな。お客はまばら


2016-1-31a.gif2016-1-31.gif
ディルマ経営のt-Loungeでお茶を。ソファ席はゆったりしてくつろげる。
シナモン・ティーシェイク(390ルピー+税)を注文。
シナモンスティックがついているだけあって、シナモンの香りはするけどお茶の味が弱い。
濃いのがいいと言えば良かった。出てくるまで20分近くかかり、ぬるかったのが残念


 暗くなる前に家に着きたかったので、13時半頃お店を出た。が、バス停がどこにあるかわからない。駐車場の警備のおじさんに聞くと、向かい側のバス停でバスに乗って、1.5キロ先の「Thummulaジャックション」で乗り換えて、マハラガマに行ったらいいと教えてもらった。すぐ来たバスに乗り、Thummulaで降りたが、ラウンドになっている道路が交差する交差点で、どこにマハラガマ行きのバスが止まるバス停があるかわからない。

 一緒に降りたおじさんに聞くと、「連れて行ってあげよう」と横断歩道を渡り、バス停まで一緒に来てくれた。ちょうど来たバスを指差し、「マハラガマ行き」と教えて乗せてくれたので、ゆっくりお礼を言う暇もなかったけど、このおじさんを含めて、この日に会ったスリランカ人、どの人もとても親切だった。

 ちょうど学校の送迎渋滞の時間だったので1時間以上かかったが、マハラガマでハイウェイバスに乗り換え、ゴールには16時半過ぎに着いた。今度は通勤ラッシュの時間にかかっていて、ローカルバスは乗り切れないほどぎゅうぎゅうの満員だったが、コロンボ行きのA/Cバスが空席があったので運良く座れ、17時には自宅に到着。

 久しぶりのバスでのコロンボ往復。高速道路がまだない頃、海沿いのゴール・ロードを3時間近くかけて行ってたときは本当にきつかったけど、今回の移動は快適で驚いた。これなら大丈夫。いつでも一人でコロンボに出かけられるなと思ったのだった。

■MEMO 日本大使館までのアクセス
ハイウェイバス Galle~Maharagama 375ルピー/所要1時間半前後。
マハラガマからは、 No.138ペター行きで、「Town Hall」下車。26ルピー/約11キロ
他に、No.122、125も利用可。
コロンボ大学を過ぎてからかなり混んでいたので、手前の「Inependence Ave.」で降りても良かったかも。
バス停からスリーウィラーを拾って日本大使館まで。メーターで90ルピー。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
バイクに追突される
 先週の日曜日のこと。ホテルが立ち並ぶヒッカドゥワのメインロードを走っていたら、後ろからバイクに追突された。この日は車が多くてのろのろ運転で、ちょうど前の車がホテルに入るために左折したのでブレーキをかけたら、後ろからドン!と追突された。

 もちろんケガをするほどではなかったが、車は傷ついているはずなので、スリヤンガが外に出て確かめようとしたら、追突バイクが「大丈夫。大丈夫」と言いながら走り去ろうとした。「ちょっと待て」と言っても聞かず、逃げる気満点。慌ててスリヤンガも車で追いかけようとすると、ちょうどバイクで後ろを走っていて一部始終を見ていた友人が、「傷ついてるから追っかけたらいい」と言って、自分も追いかけてくれた。

16-1-11bike.gif
 黄色い矢印が追突したバイク。強引な追い越しで引き離された

 なんとかナンバーやドライバーの特徴を残そうと、助手席でタブレット片手に写真を撮る私。車が多くてスピードを出せず、なかなか近づけない。追突したバイクは必死にスピードを出して逃げ切ろうとする。バスが集まるバススタンド近くで、とうとう振り切られてしまった。

 バススタンドを過ぎて、車の少ない開けたところまで走ったが、バイクの姿は見えない。追いかけても無理そうだから、ナンバーからバイクを探すしかないかと思ってUターンしようとしたら携帯が鳴った。追いかけてくれていた友人から。この先で、そのバイクが警察に捕まっているという。逃げようとスピードを出して違反をしたのだろう。この辺り、スピードを出しやすいのよく警察がいるのだ。なんてラッキー。

 急いで行くと、まさに追突した本人が違反切符を切られていた。友人は警察に事情を話し、私たちが行くまでそこに引き止めておいてくれていた。彼は私たちの姿を見るとかなり慌てて、逃げようとするのを私とスリヤンガと友人で囲み問いただした。写真に撮ったバイクのナンバーも予備のヘルメットを持った後ろ姿は、本人そのままなのだが、自分じゃない、知らないとしらを切ろうとする。

16-1-11police.gif
追突バイクの免許書から、必要な情報をメモしてくれた。
親切だったけど、警察なんだからもう少し横の連携取ろうよ


 しかし、取り締まっていた警察はここの管轄のヒッカドゥワではなく、もう少し遠いところから来ていて、自分たちは関われないのでヒッカドゥワの警察署に行けと言う。とりあえず警察官が免許書から必要事項をメモしてくれたので、それを持ってヒッカドゥワの警察署へ。するとそこの担当官が、免許書を預かっている警察署に連絡してくれて、彼が免許書を取りに来た時にその場で返さず、ヒッカドゥワ警察署に来るように手配。その時に私たちにも連絡をくれるとのこと。

 通常スリランカでは、交通違反をすると免許は預かりとなり、違反金を支払ってから警察署まで免許書を取りに行かないとならない。近所ならいいが、旅行に行っていて捕まると大変。わざわざ捕まった場所の管轄の警察署まで行かないとならないのだ。

 そして数日後、担当官から電話がありスリヤンガが警察署へ行き、会ってきた。その時には追突したことを認め、きちんと謝ったらしい。結局、5000ルピー程度で直せる傷らしいので、彼からはお金は取らず、謝罪を受けただけで帰ってきた。

 今回は、誰もケガしなかったし、車の傷もたいしたことなかったのでこれで良かったが、もっと深刻な事故の場合どう対処すべきかと悩むところ。もちろん相手が逃げなければ、警察と保険会社に連絡して、現場検証してもらえばいいのだが、けっこうな確率で逃げるだろうなとも思うし、警察は積極的には犯人を捕まえてはくれないので、自分たちでなんとかしないとならないのは頭が痛い。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


1月に入っていろいろ
 今年は4日(月)から美咲の学校が始まり、11日(月)から葵の幼稚園が始まった。明日15日(金)は、タミルのタイポンガル(収穫祭)の祝日で三連休。美咲の学校では、今日から一年生が入学。歓迎式典でのダンスメンバーに選ばれた美咲は、学校指定のダサいデザインで作ったワンピースと、お揃いの色のリボンを頭につけていった。

 葵の幼稚園では、タミル人の生徒もいるので、タイポンガルのイベントがあり、前日はタミル人の親たちが園内を飾り付け。今日は、タミル人のお母さんが全員にお豆の入った甘いご飯を持ってきてくれたらしい。美咲の幼稚園は、シンハラ(仏教徒)ばかりだったので、仏教行事しかなかったが、葵の幼稚園はゴールの街中とあって生徒も多宗教。

 私たちの住んでいるエリアはシンハラ人ばかりなので、実は意外と仏教徒以外に出会う機会は少なく、行事ごとに関わる接点もない。葵の幼稚園はカトリック系だけど、いろんな宗教の行事を体験させてくれるのは嬉しい。

 今日は、「タミルらしい服装で」とのことだったので、数年前インドで一目ぼれして買ったものを着せることにした。当時は美咲用と思って買ったけど、ちょうど今の葵にぴったりサイズ。タミルというよりラジャスターン風だが、バングルをじゃらじゃらつけて、ビンディ代わりのシールを眉間に貼って、完成。

16-1-14aoi.gif
照れながらもまんざらでもない様子の葵。
写真は撮ったけど、美咲のワンピース姿はダサすぎるので掲載却下!


 12月24日に美咲のお友達のクリスマス会をしたが、年明け3日には葵のお友達を呼んで新年会のティーパーティーをした。今回も、招待したお友達は5名。その家族と、葵のクラスの先生2名も合わせて、やはり20数名が来ることになっていた。前回は幸運にもイチゴが手に入ったが、今回は見つからなかったので、ショートケーキはマンゴーで。


マンゴーショートケーキ、チョコタルト、リンゴのバターケーキ、
ヨーグルトムース、パウンドケーキ、焼きメレンゲ


 前回とほぼ同じメニュー。2回目だからか、作るときの時間配分がうまくできた。葵の幼稚園メンバーは、何度かうちに遊びに来たことがある家族ばかり。しかも、幼稚園行事でもしょっちゅう顔を合わせているので気楽。お茶の後は、親たちも庭に出てスラックラインをしたり、ボール遊びをして楽しんだ。

 特に白熱したのは、ぐるっと輪になって中に鬼が二人入り、ボールを投げ合って鬼に取られたらその人が鬼と交代というゲーム。子供たちはそっちのけで、暗くなるまで遊んだ。小学生の頃、ドッチボールが流行って、毎日休み時間にやっていたなあと思い出しつつ、私も一緒に楽しんだ。

16-1-11play.gif
大人も一緒に庭で遊びつつ…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


あけましておめでとうございます! 2016
2016-1-1.gif

 ヒッカドゥワの元旦の朝は、きれいな青空が広がっています。0時前後は派手な爆竹の音が鳴り響き、ビーチエリアは花火が打ちあがってにぎやかでしたが、今はとっても静か。ときおり鳥の鳴き声が聞こえるくらい。今年一年、スリランカ的な雑事に振り回されず、心穏やかに過ごせることを願っています。

 今年から美咲は3年生、葵は幼稚園の年長さん。ますますシンハラ語が達者になり、生意気な口をきくことも。スリランカではとかく勉強、勉強という親が多いのですが、娘たちには勉強以外のいろんなことに興味を持って欲しいなあと思っています。

 先月生まれたホシガメの赤ちゃんの世話は、基本的に娘たちの役目。庭で日光浴と散歩をさせ、水をあげ、エサとなる草を集めるのが日課となっています。リキはまだやんちゃで番犬には程遠いのですが、娘たちとのいい遊び相手で、毎日楽しそうにかけっこをしています。
 
 今年もスローペースになると思いますが、こんなスリランカの日常を書き連ねていきたいと思っています。ときおりのぞいていただけると嬉しいです。

 2016年が、皆さまにとっても素晴らしい一年となりますように!
 どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

Reiko


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。