幼稚園のお友達家族とヌワラエリアの旅 (3)
 7月に行った、葵の幼稚園メンバーとのヌワラエリヤ旅行の続きを。 ▽前回はコチラ (1) (2)

 朝食は6時から作ろう。起きる時間じゃなくて、キッチンで作業し始める時間が6時!と私が提案し、前夜は解散。そして翌朝、5分前にキッチンに行ってみると、まだ真っ暗。誰も来ていない。というか、どの部屋も起きていそうな気配がない。とりあえずお茶用のお湯を沸かしつつ、6時を過ぎたところで友人たちの携帯に電話をし起こした。

 お湯が沸いた頃、ぱらぱらと人が集まってきたので、ミルクティー作りは任せ、ざっとフライドヌードル用の野菜を切る。その間に大鍋にお湯を沸かし、ヌードルをゆでておいてもらう。野菜を切り終わり、洗い物も片付けて、あとは炒めるだけなので、幹事に頼み、一度部屋に戻った。

 娘たちを着替えさせ、荷物をまとめて、さあ朝食食べようと、20分ほど後にキッチンに戻ってみると、炒めるだけのヌードルはまだできていなかった。理由は、一人のお母さんが家庭用のコンロにガスをつないで、自分の家族の昼食用にご飯を炊き、パリップとインゲンのカレーを作っていたから。ガスはひとつしかないので、みんなの朝食であるフライドヌードルが作れず、彼女が作り終わるのを待っているところだったのだ。

 ちなみに昼食は、他の人は各自お金を払ってレストランで食べた。彼らはこのとき作ったライス&カレーをショッピングセンターのフードコートで広げ食べていた。

 私が「なんでまだできてないの?」と幹事の男性に聞くと、彼女が使っているからとの答え。スリランカ人、男女を問わずというか、強い口調の人には反論できず流されることが多い気がするが、この場合も幹事以外に、野菜を切るのを手伝ってくれていたお母さんたち数名がいたが、何も言えなかったらしい。ガスを使っているお母さんもそれがわかっていて、はっきり物を言う私がいなくなってから出てきたのだろう。

 このときすでに8時半。子供たちの中には「お腹すいた~」と言っている子もいる。すぐにでも彼女の昼食作りをやめさせてフライドヌードル作りをしようと思ったが、ちょうどご飯を炊いていたのでそれが炊けるまで待つことに。しかしこのお母さん、朝準備のときにはまったく顔を出さず、自分が作り始めるときに現れ、私たちが切った野菜を自分が持参した小鍋に取り分けて作り始めたというのだから、厚顔にもほどがある!

 ご飯が炊き終わる前にパリップが出来上がり、空いたガスコンロにインゲンカレーの鍋をさらっと置いたが、ご飯が炊きあがったらすぐに私が大鍋用のコンロにガスを差し替え、フライドヌードルを作り始めた。多分、私がいなかったら、「あともうちょっとだから」と言って、インゲンカレーが出来上がるまで待たせたに違いない。

 結局、朝食を食べ終わり、後片付けをしてバンガローを出たのは10時半過ぎ。時間がないので、ヌワラエリヤの町を散策することもなくバスで立ち去ったのだった。この日も、ときおり小雨が降るあいにくの天気。でもせっかく来たのだからと、帰り道にあるニュージーランドファームに立ち寄った。入場料は大人100ルピー、子供50ルピー。ミルク絞りのようすや、チーズを作る工程などが見学できるが、悪天候のためか従業員はほとんどいなくて、ただ牛たちを見てきた。

15-10-25.gif 15-10-25cow2.gif
 写真左: ニュージーランドファーム入口。けっこうローカル客の車がとまっている。
 もちろん外国人は見かけなかった。 写真右: ファーム内で放牧されている乳牛たち


15-10-25cow.gif
 ファーム内の休憩所で甘いホットミルクを。
 私ひとり、冷たいイチゴミルクを飲んで、「こんなに寒いのに!」と驚かれた


 帰りはバンダーラウェラからハンバントタに抜けて。エッラ周辺の道路がデコボコで工事をしていて、予想以上に時間がかかった。本当はヌワラエリヤで新鮮な野菜を買ってきたかったのにその時間もなく、何もお土産を買ってないということでハンバントタのローカル向けのお店が並ぶところで休憩を取り、このあたりの名物”ドドル”というお菓子を買った。

15-10-25waterfall.gif
 ヌワラエリヤから山道を下ってくると滝がいくつもある。
 水はとても冷たい。が、水浴びしている人もいた!


 途中で夕食を取り、ゴールに着いたのが23時近く。そこから自分たちの車に乗り換えて、23時半頃ようやく自宅の到着。結局2日間、ほとんどの時間をバスの中で過ごしたのだった。そして改めて思った。スリランカ人とローカルバスの旅には二度と行かないと。そして、今回の旅でのふるまいを見て、いくつかの家族とは今後距離を置こうと思ったのだった。

 ▽幼稚園のお友達家族と1泊2日ヌワラエリヤの旅 (2015年7月)
 幼稚園のお友達家族とヌワラエリアの旅 (1)
 幼稚園のお友達家族とヌワラエリアの旅 (2)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
幼稚園のお友達家族とヌワラエリアの旅 (2)
 7月に行った、葵の幼稚園メンバーとのヌワラエリヤ旅行の続きを(前回はコチラ)。

 補助席を使ってもギリギリの上、1泊旅行だというのに、皆、枕を含む、信じられないほどの大荷物を持ってきているので、バスの中の移動も足の踏み場がなくて難儀するほどの状態に加え、山道のため吐く子続出。それなのに、途中でロールスなどの揚げ物を買い与える親。この後も山道なのになあ。普段、「うちの子、ご飯食べなくて…」って言っている親を見ると、常にお菓子やスナックを食べさせていて、当たり前だよと心の中で叫ぶ。

 霧が出て小雨が降るヌワラエリヤに着いたのが16時過ぎ。家からだとすでに14時間以上経過。大音量の音楽がかかるこのバスでの移動、本当につらかった。バンガローまでは道が細くて、バスが近くまで行けず、雨の中100mほど坂道を登らないとならなくて、大きなダンボール(枕やブランケットまで入っていた!)をかかえた家族は大変そうだった。

 雨風のせいで一層寒くて、シャワーを浴びる気もしない。お湯が出ると聞いていたが、バスルームには小さな湯沸かし器がついているだけで予想どおり水に近いぬるま湯しか出ない。こんなのでシャワーしたら風邪をひくこと間違いなしなので、顔を洗い着替えるだけにした。

 キッチンをのぞいてみると、ご飯作りが始まっていた。フライドライスと、チキンの炒め物、野菜のあんかけというメニュー。お母さんたちが8人もいるんだから、私の出る番はないと思っていた。が、見てみると仕切っていたのは幹事のお父さんで、料理上手そうなお母さんが一人もいない。のんびり野菜を切っているようすでは、朝までかかるんじゃないかと心配になる。

 ちなみに、きっと調理器具が不足するだろうなと、うちから包丁を3本持っていったのだがこれが正解だった。他には幹事が持ってきた包丁1本しかなかった。というか、うちが持っていかなかったら、30数名分の材料を包丁1本で切っていたのだろうか。材料を切るだけで何時間かかってただろう。恐ろしい。

 ちょっと迷ったが、お腹も空いてきたし、早く寝たいので、私が仕切ることにした。野菜ごとに切る大きさと量を決めて各自に渡し、おしゃべりしているだけの人には皮むきやスジをとるよう頼んだ。そして、私自身は手が痛くなるほど、山のように野菜を切った。皆、普段は自分の母親や義母が作っていて、ほとんど手伝ってないんだろう。信じられないほど手つきが慣れてなくて驚いた。

 ガスがひとつしかなかったため、やたらと時間がかかって、ようやく20時過ぎに作り終わった。ご飯を食べたところで翌日のスケジュールについてミーティング。なんといっても今日見たのはキャンディの仏歯寺だけで、ヌワラエリヤは何も見ていない。私たちは何度もヌワラエリヤに来ているが、ほとんどの人は初めて。郊外の植物園散策や紅茶工場見学くらいはしたいだろうと思ったのに、なんだかあまり観光に乗り気じゃない人が多い。

 しかも話を聞いていたら、朝、朝食用にフライドヌードルと、昼食用にご飯を炊いてカレーを数種作ると言ってる。今日のペースで作ってたら6時から作り始めたって、片づけをして出発するのはお昼頃になる。そうしたら、観光の時間なんて取れやしない。朝はパンでも買ってきて、パリップ(レンズ豆のカレー)でさっと済ませて、なるべく早く出発するほうがいいのに。

 時間がかかるから朝食だけにしようと私が言い張り、なんとか昼食を作ることはやめさせたが、材料を買ったからとメニューはフライドヌードルになった。今日のチキン炒めと野菜あんかけが残っているので、そんなに時間はかからないだろうと安心した。が、考えが甘かったことを翌日思い知ることになるのだが…。

▽3につづく

 幼稚園のお友達家族とヌワラエリアの旅 (1)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スリヤンガの誕生日
 セキや鼻水の風邪症状がないのに、昨日の午後、突然葵が発熱。昼食後、お昼寝をさせたら熱がぐんぐん上がって39.5度になり、つらそうだったので、パナドール・シロップ(アセトアミノフェン成分の解熱剤)を飲ませた。うちの娘たちは、濃いピンク色の甘い、このシロップが大好きで、喜んで飲む。しだいに熱が下がって、夕食はサツマイモのスープとチャパティを作ったら、普通に食べていた。

 夜、熱が上がるかなと心配してたが、微熱程度でよく眠り、今朝はすっきり。一応幼稚園は休ませたが、元気いっぱい。普段どおりご飯を食べ、遊んでいた。それで、スリヤンガと話したのが熱の理由。風邪でもないし、疲れでもなさそうだし、と考えて、もしかしたらと思い当たったのが、「葵を友人夫妻にあげちゃう」という話。

 実はうちの娘たち、スリランカのライス&カレーが嫌い。我が家の昼食は必ずライス&カレーなのに、いつも食べ終わるまでに時間がかかる。特に葵がひどく、皆が食べ終わってデザートを食べて、片づけも終わっているのにまだ食べていることもざら。これには私もスリヤンガも怒っていて、一昨日、あまりにもちんたらと食べているので、明日もそうやってタラタラと食べていたら、友人夫妻にあげちゃうと言ったのだ。

 この友人夫妻、義弟の職場の友人で、子どもがなく、うちに来るといつも美咲か葵が欲しいと半分冗談、でもけっこう本気で言うのだが、それを葵も知っていて、本当にあげられちゃうと思ったのかも。それで心配になって熱が出たという可能性もあるねという話になったのだ。今後、あげちゃう系の話はなしにしようと決めた。


クリームを狙ってねずみたちがやってきた

 数ヶ月前から空手を習い始めたスリヤンガ。週二回、家に先生に来てもらって、かなりまじめにやっている。10代の頃習っていたらしいが、そのおさらいをしつつ、試験も受け黒帯を目指すらしい。今年の誕生日プレゼントは、本人の希望によりワンダーコアという、日本で流行っている(いた?)トレーニングマシン。空手の先生からは、サンドバックをもらっていた。

 誕生日の日も、午後空手のレッスンがあって、それが終わってから先生も一緒にケーキでお祝い。最近イチゴが手に入りにくく、この日も見つからなかったので、生チョコケーキを。スポンジの間にはバナナを挟んだ。フルーツを飾らないと華やかさに欠けるよなと思いつつデコレーション。甘さ控えめ、ラム酒の香りがきいた大人の生チョコケーキになったが、娘たちもぱくぱく食べていた。

15-9-30.gif
いくつになっても歌をうたってもらうのは嬉しいよね

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


オーガニック野菜と低速ジューサー
 2ヶ月ほど前からゴールフォートのカフェで、週に一回オーガニック野菜&果物を販売するようになったと聞き、先月から通っている。場所は、フォート内のぺドラーストリート沿いのCafe Poonie's Kitchen。毎週月曜日、朝10時から。

15-10-10organic.gif15-10-10organic1.gif
 左:オーガニック野菜&果物が並ぶ  右:新鮮で安全な野菜はもちろんおいしい

 値段は、普通のマーケットよりは高いけど、バカ高くはない。↑これくらい買って1600ルピー(約1400円)ほど。最近、スリランカでも農薬の量が増えているのを感じるので(以前はよくついていた虫は全然いなくなった!)、安全でおいしい野菜が買えるのは本当に嬉しい。特に、先日低速ジューサーを買ったので、ニンジンやビーツを皮付きのままジュースにできるのがいい。

 低速ジューサーはすっかり日課となっていて、新鮮な野菜や果物が手に入ったら作るようにしている。今まであまり食べなかったものもジュースにしてみたり、飲みにくかったらパイナップルの甘みを足したり、ドダンの酸味を加えたりと、味を調節するのもおもしろい。万能な調整役はなんといってもライム。味のバランスをととのえ、香りよくしてくれる。

15-10-10juice.gif

左上: スイカ。味が薄くても塩をひとつまみ入れると甘みアップ!
右上: スターフルーツ。今まであまり食べたことのなかったフルーツ。血糖値を下げると、最近食べる人が多いとか。ほのかな酸味と甘み。ライムやドダンですっきり味に。
左下: 畑に自生しているゲンダ・コラという葉っぱで青汁作り。ちょっと粘りがあって、青臭くもないし、苦くもない。パイナップル、ドダン、ライムで爽やかに。でも残念、娘たちは飲まなかった。
右下: ニンジン。オーガニックのは味が濃くておいしい。ライムを絞るとぐっと飲みやすくなる。


15-10-10juice1.gif

 低速ジューサーはばらして洗わないとならないので、作るときは一気に。一日に5~6種類作ることも。もともと胃腸は強いほうだけど、このジュースと紅茶キノコのおかげか、ここ最近、お腹も肌も一層調子がいい。我が家はもともと、フルーツジュースはほぼ毎日飲んでいて、娘たちを含め風邪をひきにくくなったと感じていたので、野菜ジュースでさらに効果アップ。こんな感じで無理せず、のんびり健康生活を続けていきたいと思う。

Saaraketha Organics  ▽オーガニック野菜&果物はコチラのもの。コロンボのダッチ・ホスピタルで土曜日に開かれているオーガニック・マーケットにも出店。コロンボ市内だとデリバリーサービスもあるみたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


10/12. 00:00 [ 食べ物 ] CM1. TB0 . TOP ▲
誕生日プレゼントは自転車
 葵は4月、美咲は6月と、誕生日からずいぶん経ってしまったが、ようやく本人たち希望のプレゼント、自転車を買いに行った。美咲は幼稚園のときに一度買ったのだが、その数ヶ月後のインターの学校での運動会で使うから貸して欲しいと言われ、そのまま紛失。誰か持っていってしまったのか。いい加減な学校の対応にあきれ抗議したが、結局見つからなかった。

 そんなわけで、美咲はその自転車にほとんど乗ってないので、今回が初めてのようなもの。スリランカはひとつのお店での在庫が少ないので選択肢がほとんどないのが、それでもいくつかお店を回って、ちょうどサイズ違いで同じ色・デザインのものが見つかったので、それに決めた。

15-10-9riki1.gif
 試乗中。これがいい!と二人とも同意見

 そのお店はうちから4キロほど離れたところにあった。私は多少無理やりでも、車に乗せて帰ろうと思っていたが、スリヤンガが2台は無理だと言う。仕方なく、葵のは車に積んで、美咲のを私が乗って帰ろうと、お店の人に頼んで補助輪を取ってもらった。お店の人は、当然のように美咲が乗って帰ると思っている。

 「いやいや、私が乗るんです」と言うと、そのお店の人は私の顔を見つめたまま数秒固まり、「もう一度やってみましょう」とうまく二台とも押し込み載せてくれた。助手席に娘二人と座りながら、「お店の人、すごく焦ってたね」と笑い合っていたが、実際、いい大人の女性が新品の20インチ自転車に乗っていたら、道行く人が振り返っていたに違いない。

15-10-9riki.gif
リキ。自転車に乗りたがったら怒られたので、追いかけっこに。
暑い日はしんどいなあとハアハア


 車が走る道路は危ないので、まずは庭で練習。最初は、「後ろを押して」とうるさかったが、放っておいたらちゃんと走れるようになっていた。もうちょっと慣れたら、美咲は補助輪を外して練習しないと。なんだか葵のほうが先に乗れるようになりそうな気がする…。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


紅茶キノコ生活
 ここ最近、雨がよく降るなあという印象。先週はほぼ一週間どしゃぶりの毎日。日中でも涼しくファンもいらないほど。「洗濯物が乾かないわねえ」「ホントに!」というのが挨拶みたいになっていた。今週に入ってようやく、朝晩はザーと降るが昼間は太陽が顔を出すようになり、ほっとした。やはり青空はいい。

 ところで、年中暑いスリランカでは最適だと思う発酵食品。スリランカではあまり食されないのだが、先日、友人から紅茶キノコ(別名:コンブチャ)の株をもらった。日本でも再ブームのきざしなのか、今年に入って缶入りのものが販売されているらしいが、この飲み物、キノコでも昆布茶でもなく、酵母による発酵飲料で、キノコに見える株はセルロース(炭水化物)ゲル。

 この株が紅茶のカフェインと砂糖をもとに育つのだが、暑いスリランカだとわずか2日でブクブクと発酵が進み、濃かった紅茶の色は明るいオレンジ色になり、甘みがなくなり、シュワシュワした酸味を感じる飲み物になる。お腹の調子が良くなるので、我が家では娘たちも含め、食前にコップ半量ほどを飲んでいる。

15-10-8kombucya.gif
 左:ブクブクと元気よく発酵している。そろそろ飲み頃
 右:ちょっと気持ち悪いけど紅茶キノコの株。どんどん厚くなる


 最近は、風味が変わっておいしいので、フルーツを入れて二次発酵にも挑戦。発酵が進みすぎて酸っぱくなってしまった紅茶キノコも、完熟パイナップルを入れておくと甘みと香りが加わりおいしくなった。ブドウは味はあまり変わらないけど、とても上品な香りと口当たりに。

 友人からザクロがおいしいと聞いているので早く試してみたいところ。ローズマリーも作ってみたいなあ。まだ育て始めて2ヶ月半だが、紅茶キノコ生活をとても楽しんでいる。なんてたってスリランカは紅茶の国。オーガニックの紅茶も安く手に入るので、気軽にドボドボ作れるのだ。

15-10-8kombucya2.gif
 ザク切りパイナップルで二次発酵中

*どんどん育つ紅茶キノコの株…。育ててみたいなあという方がいらっしゃいましたら、お分けしますのでご連絡ください!(スリランカのヒッカドゥワまで取りにきていただける方に限られますが!)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


10/08. 00:00 [ 食べ物 ] CM0. TB0 . TOP ▲