スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヌワラエリヤ小旅行(2)~列車の旅 2014
 先日のヌワラエリヤの続きを。
 私はだいぶ昔に、スリーパーダに登るためにコロンボからキャンディ経由、ハットンまで列車に乗ったきりで、高地の列車に乗るのは久しぶり。日本人のお客様だと、キャンディ~ヌワラエリヤ間を列車で移動するというかたが多いのだが、今回はスリヤンガも乗ったことがないというヌワラエリヤ~ハプタレーまで列車に乗ることにした。

 ヌワラエリヤ近くの駅は、街中から8キロほど離れたナーヌ・オヤ駅。この間の道は工事がまだ終わってないので、かなりのでこぼこ(雨天にはどろんこ)道なのと、一部が片側車線のため待たされる。この日はホテルに車を置いて、トゥクトゥクで駅まで移動。余裕を見て、1時間前にはホテルを出発した。

 14-7-21ekimisakiaoi.gif
左:ナーヌ・オヤ駅の切符売り場 右:レトロな雰囲気の時刻表

 ちなみにスリランカの鉄道の情報は、鉄道局のサイトで時刻や料金を調べられる。コロンボから西南海岸線を走る、ゴール、マータラ方面の鉄道は、一部を除いて予約できないんだけど、高地の列車は1等から3等まで予約できる車両がついていて便利。

 うちはエアコン車両は嫌だったので、2等車両の切符を買おうとしたが旅行を決めたのが数日前だったためすでにいっぱい。3等車両を買っておいた。私はてっきり座席のみ予約で、それ以外は自由で席なしの乗客もたくさんいるんだろうと思っていたが、自由席の車両とは行き来できないようになっていて、この車両に乗れるのは予約した乗客のみだった。ちなみに車両内はこんな感じ。↓ この列車には3等予約席が2両ついていた。トイレは水洗で、汚くはなかった。

14-7-21inside.gif
 3等とは思えないほど快適な車両。一人400ルピー。

14-7-21strawberry.gif
 ナーヌ・オヤ駅にて。ヌワラエリヤといったらイチゴ!200ルピーは安い!
 ちなみにヒッカドゥワのスーパーで買うと、380ルピー


14-7-21train.gif
 ナーヌ・オヤ12時45分発バドゥッラ行きの列車。この日は1時間近く遅れてきた

 スリランカの列車は、駅や車内を含め、物売りが少ない。スナックや飲み物程度なので、食事時をはさむときはパンや果物などを持っていったほうがいい。ナーヌ・オヤからバドゥッラ方面は、最初は進行方向に向かって右側が断然きれい。茶畑が広がる雄大な景色が楽しめる。ただ、紅茶畑はナーヌ・オヤ駅とハプタレー駅周辺でしか見られず、その間は普通の森になるので、紅茶畑と列車の写真が撮りたかったらポイントを外さずに。ハプタレー駅手前になると、今度は左側の景色が良くなる。山間の集落まできれいに見える。

14-7-21train2.gif
 山間を走る列車。「世界の車窓から」の世界

14-7-21train1.gif
 短いトンネルがたくさんあるので、車窓から顔を出すときは注意

 実はこの列車、ハプタレーのひとつ手前の駅を出たところでエンジントラブルで立ち往生。そこで1時間近く待ち、ようやく直って、2時間遅れで到着したのだった。このとき驚いたのが、トラブル発生時の連絡法が、「歩いて近くの駅まで伝えに行く」だったこと。山の中なので、当然携帯はつながらない。なのに無線がないとは! スリランカの鉄道は単線なので、途中で停まってしまったときに衝突でもしたらと思うが、実際は本数が少ないので事故になるほどではないらしい。このときも、近くの駅まで連絡しに行っていた。

14-7-21haputale.gif
 ハプタレー駅。高原の駅らしく、色とりどりの花が植えられていた

 本当は、リプトンの紅茶工場を見に行きたかったのだが、友人の紹介のホテルをひとつ見学したらタイムオーバー。すっかり遅くなってしまったので、帰りは車を手配してもらってヌワラエリヤまで戻った。約2時間の道のり。近道といって、紅茶畑の中を走っていったのだが、ちょうどポヤ・デーの前の日で、きれいにお月さまが見えた。

14-7-17poya.gif
 夕暮れ時の幻想的な風景。紅茶畑の丘の上にお月さまが浮かんでいた

・ヌワラエリヤ小旅行(1) 2014
・ヌワラエリヤ小旅行(3)~ホートンプレインズ国立公園(前編) 2014
・ヌワラエリヤ小旅行(4)~ホートンプレインズ国立公園(後編) 2014

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
盆踊り大会 in コロンボ 2014
 ヌワラエリヤの続きの前に、先週末の盆踊り大会について書いておこう。
 毎年、美咲と葵が楽しみにしているコロンボでの盆踊り大会。今年は、日本からのお客様Yさんと、コロンボに住むスリランカ人友人ファミリーと、総勢10名で出かけた。

 開場時間の18時ちょっと前に着くと、もう入り口はいっぱい。まだ18時になっていないので開場待ち。待っている人は、スリランカ人6:日本人4といった割合だったが、日本に関わりのあるスリランカ人が多いせいか、ちゃんと列を作って待っていた。


盆踊り会場入り口。開場時間前だったので、しばらく待つ

 会場に入り、テーブルと人数分のイスを確保したところで、盆踊りが始まる前に、「金魚すくい」を見に行く。昨年、まったく金魚にかすりもしなかった美咲は、「今年こそ!」と意気込んでいた。「魚を飼いたい」と言う美咲に、「魚は水槽の掃除が大変だから、自分で全部世話ができるまで飼うのはダメ」と言ってあったが、「もし金魚すくいで採れたら、その魚は飼ってもいい」という約束をしていたのだ。

14-7-19kingyo.jpg
 今年は葵も一緒にチャレンジ! どの金魚を狙う?

 優柔不断な美咲を尻目に、果敢に水の中にポイを入れる葵。
14-7-19aoi1.jpg
 そして、金魚よりも、水に濡れたポイの紙が気になり…
14-7-19aoi2.jpg
 あっという間に指で穴を開けてしまった。葵、終了…。
14-7-19aoi3.jpg

 実はこの金魚すくいの場所が生ビールサーバーの横だったので、生ビール片手に美咲のようすをビデオに撮っていたのだが、ちびちび飲んでたビールが空になっても、ウダウダと金魚を見ているだけで一向に採ろうとしない美咲。その横で、葵は金魚を入れるためのカップを水に入れバシャバシャとやり始め、美咲は「金魚が逃げちゃった!」というような状況。結局美咲は、今年も金魚にかすりもしなかった。

 さて、子供用の盆踊りの曲がかかると、食べていたものもそのままに、やぐらに向かって駆けていく美咲と葵。そんなに踊りが好きなのか?!と驚くほどのダッシュぶり。美咲を真似するので、2テンポほど遅れた振りにはなっていたが、美咲と一緒に葵も、実に楽しそうに踊っていた。

14-7-19bonodori2.jpg
 「おどるポンポコリン」のピーヒャラポーヒャーと笛を吹く振りだが、葵だけずれてるな

14-7-19bonodori3.jpg
 踊り好きなスリランカ人。盆踊りも楽しそうに踊っていた

14-7-19bonodori4.jpg
 葵はカキ氷、美咲は焼きとうもろこし、私は生ビール…

 残念ながら最後のお楽しみ抽選会では当たらなかったが、今年も「日本の夏祭り」を楽しませていただいた。来年こそ、私も浴衣を着ていきたいな。

 ただ気になったのが、出店の値段が年々高くなっていて、以前は「日本食をこんな値段で食べられるなんて」というお得感があったのだが、今は「日本のお祭りと同じでかなり高いな」という印象。「日本ばし」のカキ氷、焼きトウモロコシ、焼き鳥2本、日本茶パックが入った750mlのミネラルウォーター、(量は多くない)焼きそば、お好み焼きがそれぞれ200ルピー。「銀座ほうせん」は海老天巻きがとってもおいしそうだったけど、小さいのがふたつで300ルピー!断念した。

 しかも、日本ばしの店員、かなり態度悪かった。焼き鳥はその場で焼いているので、待ち時間が長いのだが、ずらっと並んでいても平気で横入りするスリランカ人がいたので、私が注意した。そのやり取りを店員は聞いているのに、平気でそのスリランカ人に先に渡していた。しかも、「昨年、中がちょっと生だったからよく焼いて」と言ったら明らかに面倒くさそうな態度をし、5チケット(1000ルピー分)10本の焼き鳥のうち先に5本を渡し、ちょっと待っててと言って後から渡したのには4本しか入ってなかった。「1本足りないよ」と言って、もう1本入れてもらったが、謝りもせず逆に不機嫌そうな態度をされた。

 それと気になったのが、生ビールの味。あれ、本当にライオンラガーだろうか? 普段スリランカでビールは年に数回しか飲まないので、確信は持てなかったが、味があまりなくて、しかもアルコール分も少なかった気がする。サーバーは「ライオン」のロゴが入っていたが、中身は違ったんじゃないかと思った。ビール好きのあの方々がいらっしゃればわかったのに…。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


ヌワラエリヤ小旅行(1) 2014
 7月に入り、夏休み直前の予約や問い合わせが相次ぎ、バタバタと過ごしていて、あっという間に半ばを過ぎてしまった。そんな中、先週末、ポッとスケジュールが空いたので、久しぶりにヌワラエリヤに出かけた。ヌワラエリヤのホテル視察と、私がまだ行ったことがなかったホートンプレインズ国立公園のトレッキング、ヌワラエリヤ近郊の列車の旅が目的。

 初日は、朝4時にヒッカドゥワを出発。高速を使ってコッターワまで行き、アヴィッサウェラ、ハットン経由でヌワラエリヤに向かう。途中、こまめに休憩しながら行ったので、ヌワラエリヤに着いたのは11時近く。このエリアは、霧や小雨が多いが、この日は加えて強い風が吹き荒れていて寒い。さすがに半袖ではいられず、慌てて長袖を着込む。


 下界とは風景が一転。山間に紅茶畑が広がる

14-7-17waterfall.gif
 勢いよく流れ落ちる滝は迫力満点

14-7-17aoitea.jpg
 紅茶畑の中のお店で。寒いと一層、甘い紅茶がおいしい

 高台のホテルに泊まったので、部屋からはヌワラエリヤの町や湖を一望でき、こんなきれいな風景が広がる。
 ただ、今回は本当に寒かった。ホテルの寒暖計は15度程度だったが、風や霧のせいか体感温度はもっと低くて、カーディガンを羽織るだけでは耐え切れず、フリースまで着ていたほど。念のため持っていって良かった。

14-7-17.gif
 ヌワラエリヤの眺め。まるで絵本のよう

 早朝にトレッキングするホートンプレインズ国立公園はもっと寒いに違いないと、町にレインコートと美咲の上着を買いに行った。ウィンドジャケットやフリースなど、スリランカでは一番の品揃え。外国人だけじゃなく、スリランカ人も上着やニット帽を買う姿を見かけた。

14-7-17town.gif
 買い物を終えてのポーズ

 上の写真、美咲と葵は、なぜか「とんとんとんとんひげじいさん」ポーズをしているが、美咲の後ろの屋台にご注目(赤↑)。強風のため横倒しになっている。それほど前夜の風はすごかったのだ。ニュースでも、ヌワラエリヤ地域の家の屋根や瓦が、強風のため吹き飛ばされたと言っていた。

 ただ、幸いなことにこの悪天候はこの日限り。翌日の列車の旅はとても天気が良くて、山間の風景を楽しめた。そのようすは次回に…。

・ヌワラエリヤ小旅行(2)~列車の旅 2014
・ヌワラエリヤ小旅行(3)~ホートンプレインズ国立公園(前編) 2014
・ヌワラエリヤ小旅行(4)~ホートンプレインズ国立公園(後編) 2014

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。