スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


葵と一泊入院(2)
 ゴールのカラーピティヤ病院での続きを。 *前の記事はコチラ

 受付で血圧と脈拍を測った後、看護師に案内されて診察室へ。30歳前後の若いドクター。救急病棟の担当医という緊張感はまったくなく、やる気もなし。ヒッカドゥワの病院からの申し送りカードを見ながら、いくつか質問をしただけで、聴診器さえも当てなかった。そのまま入院の手続きをするように言われ、数十メートル先の別の受付へ移動した。ここで20分ほど待たされ、入院する病棟を言われた。

 この病院は、エレベーターがないので建物が低く広がっていて、なかでも小児科の病棟は一番端なのでかなり遠い。階段を上って、長い廊下を歩いてと、熱でぐったりした葵を抱っこしながらの移動は本当につらかった。そして、小児科に着いてからも長い。体温計を渡され熱を測るように言われたが、待合室はなく廊下の長イスに座って待つ。

 ここは南部州では一番の規模の、政府系総合病院なので、研修医がたくさんウロウロしている。この日は、ヨーロッパからの若い研修医も数名いて、明らかに患者の数より研修医の数のほうが多かった。彼らが入れ替わり立ち替り、症状について質問してくる。この日だけで、担当医を含めて20回近くは答えたと思う。彼らの勉強のためとはいえ、ファンすら回っていない暑い病室で、高熱の葵を抱いた状態で答えるのはかなりつらい。

 「カルテを見てから、要所だけ質問してちょうだい」と言いたいくらいだったが、外国人なんて珍しい政府系病院ではかっこうの興味の対象となり、プライベートな質問や日本についての質問まで続く始末で、それだけでも疲れた。30分以上待たされた後、ようやくベッドが空いたようで、コの字型に子供用ベッドが15個置かれ、その間に乳児用に小さなベビーベッドが3つ置かれた大きな部屋の、端のベッドに案内された。

 持参したベッドシーツをかけ、とりあえず葵を寝かせる。ベッドとベッドの間の狭いスペースには、プラスチックのイスと小さな棚がひとつあるだけ。付き添い人はそこで仮眠する。天井にはいくつかファンがついているが、半分は回っていない。私たちの上のファンも故障中で動かず。昼間も夜もかなり暑かった。一泊して翌日のお昼過ぎには退院したのに、ずっとイスに座っていたのでお尻から腿にかけて汗疹がびっしりできてしまったほど。2月でこれだから、4月や5月は蒸し暑くて、とてもいられないと思う。

 付き添う人は一人なので、それ以外の人は、一日三回の面会時間(朝6~7時/昼12~13時/夕方5~6時)にしかいられない。入院といっても、一日1~2回の診察と薬の投与以外は基本「放置」なので、飲み物や食事などは家族が届けないとならない。スリヤンガや親戚が食事やお茶、お菓子などを運んでくれた。

 スリランカの政府系の病院に入院する場合に、必要なものは下記のとおり。日本の病院でも必要な、着替えや洗面道具などをのぞいて、スリランカらしいと思われるものを並べてみた。

 ベッドシーツ、枕(自宅から持ち込むのが一般的)、お茶セット(ポット/お湯はもらえる、茶葉、砂糖、ミルクパウダーなど)、電池式の蚊取り器。枕は枕カバーじゃなくて、本体のほう。病院に行くと、枕を小脇に抱えた入院患者の家族がウロウロしているので目に付く。今回慌てて来たので、蚊取り器を忘れてしまった。同じフロアにデング熱の患者が寝ていると聞いて、かなり焦った。子供用ベッドには、穴だらけだが、一応蚊帳が付いている。

 熱性けいれんについては、スリランカでは年中気温が高いせいか、よくあることらしく、幼稚園や学校の先生は対処に慣れていて、氷水を脇や足にかけたり、水をスポンジやハンカチに浸して体を濡らし冷やすのが一般的。実際、美咲が1歳で起こしたときも、今回の葵を病院に連れて行ったときもそう処置された。

 が、今回入院先で研修医と話をしていたときにその話になり、最近は体、特に全身を濡らすと、急激に体が冷え血管が収縮し、血圧が上がり、体に負担がかかるので、推奨しないドクターも増えていると言ってた。私も見ていて「やめてください!」と言いたかったので、次回がもしあったらはっきりとドクターに拒否しよう。ちなみに我が家では、熱用にアイスノン枕と保冷剤を冷凍庫に常備している。

 また、スリランカでは、けいれんを起こしているときに、舌をかむからと口の中にスプーンを入れようとする人が多いが、これは逆に呼吸がしにくくなり危険。やらないで欲しいと言っていたが、なかなか浸透しないらしい。スリヤンガもすぐにスプーンを持ってきたし、アンマや近所のアンティも確かにスプーンを入れようとした。これははっきり拒否したほうがいいと思う。

 ドクターに聞かれたことは下記のとおり。けいれんの最中は気が動転してしまうと思うが、通常は5分以内、長くても15分以内に治まるものなので、落ち着いて観察して欲しい。

 1)けいれんの時間(スリランカの病院では、15分以内か15分を超えたかでその後の処置、検査が違ってくるので確認を)
 2)けいれんのようす(どこがどういう風にけいれんしたか、左右対称かなど)
 3)風邪などの症状はあったか? 熱は?

 熱性けいれんの対処法は、実は何もない。自然におさまるのを待つしかない。ただ、吐いて喉に詰まってしまうかもしれないので顔を横向きに寝かし、呼吸がしやすいようにあごをひくといい。声をかけたり、揺さぶったりすると、繰り返しけいれんが起きてしまう可能性があるので、そっとけいれんが治まるのを待つ。

 予防法としては、38℃以上の熱が出たときに上がりやすいので、熱が出たらようすを見て、急激に上がりそうならパナドールシロップなどで熱を下げてあげるといい。ただ、熱が上がるのは、体内でウイルスを退治するため、体温を高くして免疫力を上げているので、すぐに解熱剤を飲ませるのではなく、熱をこまめに測って、タイミングを決めるといいと思う。葵が入院していた病院では、華氏100度(約38℃)が解熱剤を与える目安になっていた。私は38.5℃を超えたらあげている。

 病院に一泊入院して、24時間けいれんが再発しなければ大丈夫と、翌日お昼過ぎには退院できた。その日中は熱があったが、翌々日にはすっかり熱が下がり、治った。できればもう二度と行きたくないが、今回はいい社会勉強ができたと思うことにしよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
葵と一泊入院(1)
 先週は楽しくも忙しかった。1年半ほど前に我が家に滞在されたKくんファミリーが再訪。美咲と葵は、Kお兄ちゃんが大好きで、ヒッカドゥワに滞在中の4日間は毎日一緒に海やプールで遊んでもらった。怖がりで、なかなか水に顔をつけられない美咲も、Kお兄ちゃんと一緒だと大丈夫。マスクをつけてショノーケリングも楽しんでいた。

 そんなKお兄ちゃんが帰国した翌日、葵が朝から発熱。39℃近くもある。が、葵はとても熱に強く、これぐらいでも元気。咳や鼻水などの症状はまったくないので、疲れたのかなと思いつつ、ご飯も水分も取れているので、あまり心配せず寝かせておいた。

 ところが、美咲が学校から帰ってきて、バタバタと私がシャワーをさせているときに、熱性けいれんを起こした。スリヤンガの、「葵が…、葵が…」という悲鳴に近い声が聞こえ、慌ててバスルームから出ると、白目をむき、手足がけいれんしている。とりあえず横向きに寝かせ、急いで服を着て病院に行く用意をする。スリヤンガはすぐに近所の家に行き、人を呼んできた。

 病院に行くならと必要なものをバックに詰め込もうしていると、皆に後で取りに来られるからと言われ、そのまま葵を抱きかかえ車でヒッカドゥワの病院へ向かった。もうけいれんはほとんど治まっていたが、つらそうに泣くので急いで診察室に駆け込んだ。

 ヒッカドゥワエリアで救急医療となるとこの病院となるが、簡素な処置室に、若い看護師と年配のドクターがいて、特に急ぐ感じでもなく、ベッドに葵を寝かせ裸にし、看護師が体を水で濡らし冷やし始めた。手に少しチアノーゼが出ていたので酸素マスクをしたが、これがチャチな作りですぐ外れてしまう。私が手で押さえていると、葵が嫌がるので困った。

 ドクターはけいれんのようすや時間などを聞いてカードに記入し、救急車でカラピティヤ病院に行くようにと言うので、ウトウトとしだした葵をそのまま寝かせて待つ。しかし30分過ぎても救急車は来ない。救急車はその病院にはなく、7~8キロ離れたラジガマから来るというが、一刻を争う病状ではないにしろひどい対応。結局45分ほど待たされて到着した。

 救急車に付き添いは一人というので、私が葵を抱っこして乗り込む。もう一組、お腹が痛いという女の子とおばあちゃんを乗せて動き出した。運転手と助手席にアシスタント、後ろに看護師が一人乗っているが何をするわけでもなく、ベッドに女の子が寝て、脇の長いすにおばあちゃんと葵を抱っこしたまま座った。

 車内はまさかのエアコンなし。暑い。高熱なのにこの暑さは我慢できないと「エアコンはないの?」と聞いたが、窓を開けてくれただけ。走っている間は風が通るので、なんとか汗だくにはならなかった。スリランカの救急車、乗ってみてわかったが、サービスは移動だけ。もし瀕死の状態でも、応急処置すらしてくれないだろう。

 ちなみにスリランカ。サイレンが鳴っていても、多少注意は払う程度で、車はよけないし、徐行もしてくれない。よって、80キロ近く出したまま、いつもの追い越しをするので生きた心地がしない。「危ないからつかまって」と言われ、葵を抱きつつ近くの手すりにつかまっていたが、運転が荒く、救急車で事故だけは勘弁と願いながら乗っていた。

 手すりをつかまった手がしびれる頃、ようやく病院に到着。カラーピティヤは南部で一番大きく設備も整っているといわれる政府の病院だが、救急車で到着したのに誰も来ず、自分で荷物をかかえ葵を抱っこし受付へ。救急車の中にいた看護師がドクターが書いた診察カードを受付に渡すと、普通のイスに座るように言われ、葵の血圧、脈拍などを測った。

 そこへスリヤンガが到着。車で救急車の後を追ってきたのだが、その差わずか数分。社会勉強のためにも今回は乗ってみて良かったが、今後は救急車は利用する必要はないなと思った。長くなってしまったので、入院のようすは(2)へ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
 

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。