ヒッカドゥワ産アサリと髪切り事件
 ヒッカドゥワは乾季真っ最中。日中の日差しは強烈で、少しの時間庭に出るだけでクラクラ来るほど。洗濯物もすぐにパリッと乾いてしまう。でもほどよく風があるので、家の中や木陰は涼しくて過ごしやすい。気持ちのいい青空の日が続いている。

 せっかく海がシーズンに入ったというのに、実は全然遊びに行っていない。というのが、美咲が先月からの風邪をひきずっていて咳が治らず、心配どおり葵にうつり熱を出しと、海遊びに程遠い健康状態。先日薬をもらってきてようやく落ち着いてきたので、来週は行けるかなと思っている。

 そんな中、ヒッカドゥワのビーチでとれたアサリを日本人の友人にいただいた。スリランカ人は貝を食べないので、スリヤンガは初めてとなる。丁寧に砂抜きをしようと、ザルにアサリを入れヒタヒタの量の海水を注ぎ、一晩置いた。塩水は入れすぎるよりアサリが顔を出せるくらいが一番砂を吐き出すらしい。

 スリヤンガが楽しみにしているので、彼の好きなパスタにしようかとも思ったが、私にとっても久しぶりのアサリ。私の好みを優先させて炊き込みご飯を作ることにした。とっておきの干し椎茸と昆布を使い、人参、長ネギ、インゲンをザクザク切って入れた。アサリは小ぶりながらもいい出汁が出ていて、とてもおいしくできた。

 娘たちも気に入って、2杯3杯とおかわりをしていた。スリヤンガの感想は、「アサリは小さすぎて味がよくわかんない」だった。でもご飯はおいしいと言って食べていた。次は美咲と葵もアサリを取りに行きたいと言うので、潮干狩りにチャレンジしようと思う。


 小ぶりなアサリだが味はなかなかいい

 話変わって、娘たちについて。リキが来てからちょっと赤ちゃんがえりをしていた葵だが、最近は積極的にリキの真似をするようになった。四つん這いになって歩いて、「バウバウ(スリランカでの犬の鳴き声)」と鳴いたり、私の顔をペロペロとなめたりする。歯の生え変わりでかゆいリキは、何かかんだりかじったりしているのが好きだが、葵も一緒。スカートの裾や紐、リボンと何でもかじる。油断していると、私の肩や腰のあたりをかじっていたりする。

13-1-16a.jpg
 ウエストを絞る紐をかじりながら走る葵

 そんな葵だが、数日前にこんな頭に。

14-1-16.jpg
 前髪が見事に切られている!

 私に隠れてこっそりと、美咲が葵の前髪を切ってしまったのだ。おかっぱを目指し、完成までもう少しだったのに。本人はまったく気にしていないが、ひどい頭だ。前髪とのアンバランスさがマシになるかと、左右の髪を切って揃えたりしてみたが効果なし。これならいっそのこと、ベリーショートにしてしまおうかと思っている。

 ちなみに美咲には罰として、美咲の髪の毛も前髪ではないが、全体的に5センチほど短く切った。美咲の憧れは、学校に通うアッカたちの長いおさげ。いつもご飯を食べるたびに、「これ食べると髪の毛長くなる?」と聞くほど、髪が伸びるのを心待ちにしていた。なので、これはかなり効果的なお仕置き。切った後、ゴムで結べない長さと知り大泣き。これで二度とやらないだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
にぎやかなお正月
 あっという間に松の内も過ぎ、美咲の学校が始まりあわただしい日常に戻った。すでに一週間以上過ぎてしまったが、とてもにぎやかで楽しかった新年のようすを書き記しておこうと思う。

 14-1-2b.jpg
元気が出るビタミンカラーのハイビスカス。先日買ってきたものだが、次々と花を咲かせている

 今年の新年は珍しくスリヤンガも一緒に迎えられた。観光シーズンとしては年末年始が一番忙しく日本語ガイドが足りなくなるので、普段は極力ガイドの仕事を入れてないスリヤンガもツアーに出ることが多い。が、今年はちょうどスリヤンガがツアーに同行したお客様の予定が31日はヒッカドゥワ。しかも我が家に滞在だったので、31日の夕方には帰宅したのだ。

 私は、せっかくスリヤンガもいるので、以前から花火を見たがっていた娘たちに、ビーチでのカウントダウン&花火を見せてあげようと計画。普段昼寝をしない娘たちを無理やり寝かしつけ、夜中まで起きていられるよう十分に睡眠を取らせた。夕食はお酒をちびちび飲みながらゆっくり取り、23時過ぎにビーチへ向かった。

 美咲と葵は、いつもは20時半就寝なので、こんなに遅くまで起きていたのは初めて。が、深夜のお出かけにテンションが上がり元気いっぱい。ゴールロードは両脇にびっしり車が停まり、軽く渋滞。このまま車の中で新年か!と焦ったが、無事目的地のビーチまで到着。あと15分ほどで新年というタイミング。

 ビーチにはヒッカドゥワに滞在している外国人のほか、地元のスリランカ人もわんさかいた。花火といっても、ビーチ沿いのホテルやゲストハウス、レストランが各自で用意して、バラバラにあげるので、あっちこっちでバンバンと爆竹の音がなり、花火が打ち上げられるという感じ。すでにフライング気味の花火が上がり始めていて、バンバン、シューシューとうるさい。

 スリヤンガに抱っこされた葵は上機嫌で、次々と上がる花火を指差し楽しそうに見ていたが、美咲は音にびびりまくり。花火を楽しむというよりも、びくびくしながら見ていた。0時になり新年を迎え、派手にあがり始めた花火をひとしきり見て帰宅。二人はすっかり目がさえてしまって、なかなか寝ようとしないが無理やりベッドへ。

 ビーチで会った日本人の友人や、我が家に滞在していたM夫妻と、「明けましておめでとうございます」と新年の挨拶を交わしたが、なんだか不思議な気分。スリランカの新年の雰囲気だとやっぱりHappy New Yearか、シンハラ語がしっくりくるので、日本語の挨拶がとても新鮮。

 1日は、スリヤンガとM夫妻はコロンボへ行ってしまったので、娘たちとのんびり過ごす。翌2日は、7月に遊びに来たHファミリーの職場の友人夫妻を昼食に招待。その後、一緒に初詣をかねてルーマッサラのピース・パゴダにおまいりに行く。真っ青な空とインド洋をバックに、真っ白な仏舎利塔が目にまぶしい。

13-1-2c.jpg
 ルーマッサラの仏舎利塔にて

 W夫妻とは、話の流れでスリランカつながりのもう一人別の共通の友人がいることがわかり、さらに話が盛り上がり、夜は我が家で飲むことになった。お酒好きのW夫妻が買ってきてくれたワインを飲み干した頃には0時近く。スリヤンガも飲んでいたので車でホテルまで送っていくことができず、そのまま我が家にお泊りいただいた。

 翌日コロンボに向かうW夫妻を見送り、昼はダーナへ。ちょうど2件予定が入っていたので、スリヤンガと私&娘たちと二手に分かれて行った。ダーナ後は、16時から幼稚園の先生の息子の誕生日パーティーに呼ばれていたので、急いで着替えて向かった。プレゼントを渡し、お茶とお菓子をいただき、早めに失礼させてもらう。ちなみにこのパーティーのお誘いは前日。プレゼントを用意する時間がなかったので、この日の朝スリヤンガが慌てて買ってきた次第。

 夜はスリヤンガの実家の村の、ボランティアグループの新年会。本当は、ホテルに泊りがけで行く予定だったが、ホテル側の都合で部屋が足りず、急遽我が家で飲み会だけすることになった。15名も集まるので、料理&つまみは友人のレストランで用意してもらいテイクアウト。キッチンの裏のスペースにテーブルとイスを並べ、好き勝手にやってもらうことにする。

 この日来たメンバーは、私も一応顔は知ってるものの名前と一致するのは半分くらい。娘たちは義弟のほかは2人しか知ってる顔はない。が、さすが人見知りゼロの二人。スリヤンガがレストランに料理を取りに行ってしまい、私がその場にいなくても、いつの間にか集まった輪の中に入り、おじさんたちに相手をしてもらっていた。

 宴会が始まり、私たちも一緒に食事をし、21時近くに娘たちをベッドに連れて行った。寝かしつけながら私もウトウトとしてしまい、1時間くらいして戻ってみると、会の状況は一変。一人酔いつぶれて二階の部屋に運ばれ寝かされているし、もう一人はトゥクトゥクの足を置く場所に倒れている。他のメンバーも完全に出来上がり、美咲のドラムを持ち出して歌いながら踊ったりして、実に騒がしい。

 スリランカでは、普段と飲んだときのギャップが激しい人が多く、驚かされることが多いが、この日のわずか1時間の激変ぶりに、すっかり酔いがさめていた私は笑ってしまった。会は盛り上がって、お開きになったのは深夜1時半。何人か飲んでない人がいたので、トゥクトゥク、バイクに分乗し帰っていった。 

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


あけましておめでとうございます 2014
14-1-1b.gif

 昨年も更新が滞りがちでしたが、読みにきてくださった皆さま、ありがとうございました。

 今年で、私のスリランカ生活も10年目となります。もうそんなに経つのかと自分自身が驚くほど、あっという間の10年でした。とりあえず無我夢中で、目の前の物事に向き合うのが精一杯の毎日でしたが、次の10年はもっと広い視野と長いスパンで、自分のやりたいことに取り組めたらと思っています。

 結婚生活も10年となるので、スリヤンガに「スイートテン」なるものの存在を伝えたのですが、「それ、日本の習慣でしょ」とあっさり反故にされました。予想どおりの反応でしたが、スリヤンガ同様、私もあまり記念日を気にしないので、いつも結婚記念日はいつの間にか過ぎているという有様。でも今年は、お祝いのディナーくらいはしようと思っています。

 娘たちは、今年、美咲が学校、葵が幼稚園をスタートさせる予定です。本当に子供の成長は早く、どんどん手が離れてしまうので、嬉しいような寂しいような複雑な気持ちです。今年も新しい出会いを楽しみにしつつ、スリランカの日常を書き連ねていきますので、たまにのぞいていただけると嬉しいです。

 最後になりましたが、この一年が皆さまにとって幸せいっぱいの毎日となりますように!
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Reiko

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします