最近の葵(2歳5ヶ月になりました)
 じゃんけん



 ぽん!

13-9-23aoi2.jpg

 じゃんけんのないスリランカ。最近ようやく葵がじゃんけんを覚え、ことあるごとに美咲と勝負しているのだが、「二歳」はできるのにチョキは難しいらしく微妙な形。それでもっぱらグーばかり出しているので、パーを出す美咲に負けてばかりいる。美咲は三歳差では、たまには負けてあげるとかはまだできないらしい。

 とにかく、なんでもお姉ちゃんの真似をする葵。どこまでも美咲についていく。先日、Jetwing Lighthouse(ゴールにあるホテル)に行ったときには、芝生の斜面を上るまでは良かったが、そのまま美咲と同じペースで下りようとしていて、転げ落ちそうになっていた。

13-9-23misaki.jpg13-9-23misaki2.jpg
 右:「アッカ待って~!」と追いかける葵  左:かくれんぼしそうな勢いの二人

 相変わらずおてんばなのは変わらないが、服にはこだわりがあるみたいで、自分で選ぼうとする。デザインか色が美咲とお揃いなら問題ないが、そうじゃなくて私が持ってきたのが気に入らないと、自分で引き出しを開けて服を引っ張り出し、勝手に着てしまう。2歳ってこんなに自己主張強かったっけと驚くこともしばしば。

 普段、美咲に追いつこうと背伸びをしている葵だが、歯磨きのときだけはなぜか「葵、赤ちゃんになる~」と言って、枕をもってきて私の膝の上におき、ごろんとなるのがかわいい。それを見て、「美咲も赤ちゃんになる~」と、美咲まで真似するのは困るけど。

 日本語だけじゃなくシンハラ語もだいぶ話すようになってきて、「サマナラヤ~♪」とシンハラ語の歌をよく口ずさんでいる。でも、シンハラ語の歌の先生が美咲なので音程は微妙。そこで、スリヤンガに歌ってもらうと、もっとわからなくなる。本当の歌がどんなメロディーなのかは結局わからず、我が家では美咲もしくはスリヤンガ・バージョンで歌われていることが多い。

 本人は早く幼稚園に行きたいらしいので、来年3歳の誕生日を迎えたら預けようかなと考えている。それまでに完璧にオムツとバイバイしないとね。日に日にずっしりと重くなり、成長を感じる今日この頃…。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
8月のヤーラ・サファリ
 8月は、たくさんの友人たちが子連れで泊りに来てくれたので、美咲と葵も楽しかったと思う。1ヶ月の夏休みがあっという間に感じられたほど。8月の最終週は、私の学生時代からの友人ファミリーが日本から遊びに来ていて、賑やかに過ごした。11歳のお姉ちゃんと7歳のお兄ちゃんがとても面倒見が良くて、美咲と葵と一緒に遊んでくれたので、私はとっても楽チンだった。

 友人たちは1週間、我が家でのんびり滞在。昼間からキトゥル・トディ(クジャクヤシのお酒)を飲んだり、友人のミュージシャンを招いて生歌でダンスしたりと、小さなイベントは満載だったのだが、唯一の遠出がサファリ。毎年この時期、ヤーラ国立公園は水不足と繁殖期のために、1ヶ月ほど閉園する。今年は9月1日から閉園と聞いていたので、ぎりぎり間に合た。


 ヤーラ国立公園のゲート。ここで入場料支払いのレシートの確認がある

 ゲートをくぐってすぐにジャッカルとご対面。サファリでジャッカルにあうと、動物がたくさん見られると言われている。幸先いいスタート。さすがに乾期とあって一部の水場が干上がっていたが、逆にワニは限られた水場にわんさかいて、かなり近くで見ることができた。

 この日は残念ながらヒョウ、クマは見られなかったが、象、シカ、ワニ、水牛、イノシシ、ジャッカル、クジャク、マングース、たくさんの鳥類と、ひと通りの動物を見られた。でも他のジープドライバーに聞くと、象を見ていないグループが多かったので、ラッキーだったと思う。

13-8-27elephant2.gif
 茂みで食事中の象を発見。そのうち水場に向かうからと、
 エンジンを切って待ってると、予想通り象が目の前を横切っていった


13-8-27elephant1.gif
 ヤーラ国立公園内で唯一ジープからおりて休憩できるビーチ近く。突然象が現れ騒然。
 すぐにジープが集まってくる。見事な象牙。スリランカでは珍しい。
 お尻に傷があって血が流れていたのが気になった


13-8-27sunset.gif
 閉園間近なので急いでゲートに向かう。空がピンク色に染まり、ジャングルに夕日が沈む

13-8-27elephant.gif
 ゲート近く。すぐ横に象がいて驚いた

 サファリの後ティッサマハラーマに戻り、子供たちをシャワーさせて食事をしてからヒッカドゥワへ向かう。20時過ぎだったと思うが、ハンバントタ近くで、道路脇で草を食べている象を3頭見かけた。このあたりの道路は、新しい空港と港のために作り始めたのだが、まさにジャングルの中。象たちにとっては生活範囲なんだろうと思う。

 経費削減のためか、街灯が少ないので薄暗く、交差点に入るまでがなぜかカーブになっていて、分かりにくい作りになっている。しかも標識がほとんどない。交通量が少ないから大丈夫だと思うが、運転の際には車だけじゃなく動物にも注意が必要。お店や民家が立ち並ぶ、海岸沿いの国道に出るとほっとする。

 23時頃我が家に到着。子供たちは夢の中。翌朝、サファリの感想を聞いてみると、友人の息子Tくんが「サファリパーク」と言ってるのが気になった。「スリランカのサファリパークで象を見た」だとインパクトがいまいち。Tくんのお友達には、野生の象を見たことを伝えて欲しいなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします