スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


葵、2歳の誕生日
 2月にカメラが壊れて以来、ますます写真を撮らなくなっていたが、美咲に比べて葵の写真が少ないことをいろんな人から指摘され、先日反省したばかりなので、今日の誕生日はビデオとiPodで写真を撮った。といっても、昨年は40名近くを招待しての新年会&誕生会をし、へとへとになったので、今年はアンマとマッリを呼ぶだけの内輪でのお祝いにした。

13-4-25aoi.gif
 キャンドルを前にし嬉しそうな葵

 今日はポヤデー(満月の日)の祝日。スリヤンガが夕方から出かけるので、ケーキのお祝いは午前中にすることにした。昨夜スポンジを焼いているのを見て、「葵のケーキ、葵のケーキ」と嬉しそうに繰り返していた葵。昨夜のうちに、シロップを塗って、イチゴを挟んで、生クリームを塗るまでの台作りは終わらせていたので、今朝は生クリームをかために泡立てデコレーションをし、イチゴを飾るだけ。

 バースデーケーキを作るのは何回目になるだろう? 日本にいたときは作ったことがないので、それこそスリランカに来て、美咲が物心がついてからだから、この数年で10数個を作ったことになる。というのが、スリランカでのバースデーケーキというとバタークリームが主流だから、ほとんどの人が生クリームのケーキを食べたことがない。が、食べると生クリームの方がおいしいようでアンマもマッリも楽しみにしているようす。

 そのため、子供たちの誕生日だけでなく、私とスリヤンガはもちろん、アンマやマッリの誕生日まで、私がケーキを焼くというのがお決まりになっているのだ。相変わらず、スポンジケーキを焼くのは下手で、「泡立てた卵の泡を消さないように小麦粉を混ぜる」のに四苦八苦しているが、クリームのデコレーションはだいぶ慣れた。

13-4-25aoi1.gif13-4-25aoionigiri.gif
左:笑ってるけど、イスから落ちて唇が切れ流血したばかり
右:おにぎりを作っているところ


 数日前から、「葵は何歳になるの?」「2歳」という会話をしていたので、葵は嬉しそうに「葵、2歳」を連呼。ただ、指で2歳と示すのは難しいらしく、どう頑張っても4歳になってしまう。そして、「葵、2歳」の次には、「アッカ、5歳」と続けて言うのだが、指で5歳は簡単。こちらはちゃんとできている。

 ここ最近でぐっと語彙が増え、単語を2つ、3つつなげての文章を言えるようになった。真似をするのが上手になり、言葉だけでなく、お手伝いも美咲と一緒にしてくれ、ちょっと前まではかえって手間がかかったが、最近は本当に助けになってる。動きが激しいので、落ちたりぶつけたりと、美咲よりもケガが多いが、それは母親似なので仕方がない。

 大好きな本「バムとケロ・シリーズ」は繰り返し読んでいるので全部覚えていて、要所要所のケロちゃんの表情を真似するのが面白い。私は「そらのたび」で、「おおうみへびにぺロッと食べられそうになっているケロちゃん」の顔真似が一番好きで、よくリクエストしている(あっ、この顔も写真に撮っておこうと思ってそのままだ。撮らないと)。

13-4-25aoi2.gif
 アリの巣を観察している葵。かまれると逃げてくる

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
静かな新年を迎える
 スバ・アルット・アウルッダック・ウェーワ 今年もよろしくお願いします。

2013-4-14.gif
 写真は2月に行ったカンボジアのアンコール遺跡・ベンメリアにて

 昨年スリヤンガの父親が他界し喪中にあたるので、今年の新年は儀式は必要なし、新年の挨拶まわりも必要なし。のんびりできると思っていたが、前夜にアンマから電話があり、「子供たちがいることだし、ココナツミルクを沸かす儀式だけはしなさい」と言われた。

 今年の儀式の時間についてはノーチェックだったので、あわててスリヤンガが一覧表を手に入れてきた。「火入れ」は14日朝の4時6分。「初ご飯」は7時5分。朝食の時間にはちょうどいいので、今年はお腹を空かせて待つ必要はないが、「火入れ」が4時6分とは早いなあ。多少寝坊してもいいように、夜のうちにココナツは削っておいた。

 「あと20分!」と3時45分にスリヤンガに起こされ、ココナツミルクを絞るため、お湯を沸かす。といっても火は使えないので電気コイルを使う。スリヤンガはテレビをつける。どのチャンネルも各地で儀式の用意をしているようすを中継している。ちゃんと時計も表示されていてカウントダウンをしてくれるので、用意ができたら今年の恵方の南を向いて準備。

 数分前からフライングの爆竹がときどき鳴る。キッチンからはテレビは見えないので、私一人ガス台の前に立ち、スリヤンガがテレビを見ながら合図をするはずだが、バンバン爆竹が鳴り出しても合図なし。私が「今何分?」と聞くと、「あっ過ぎた」だって。何を見ていたんだ?

 すぐに火をつけて儀式は終了。ミルクティーを飲みながら、ココナツミルクライスが炊けるのを待ち、つけ合せのカッタ・サンボルを作る。そんな中、恒例の大統領ファミリーのようすをチェック。テレビではハンバントタの実家から生中継している。特に、大統領夫人の服装チェックを毎年楽しみにしている。

13-4-14firstfamily.jpg 13-4-16family.jpg
- 新年の大統領ファミリーの詳しいようすはこちらを→  Onlanka News

 今年の「火入れ」のラッキーカラーは青。大統領の政党のシンボルカラーですな。大統領と息子三人のサロンはお揃いだが、5人並ぶとものすごくアンバランス。末の息子の黒Tシャツもひどいが、中でも大統領と夫人は、「青」しか共通点が見つからない。色としてはそれでいいのだが、もうちょっと何とかならなかったのか。もしかして事前の打ち合わせゼロ?

 夫人のクラシックなブラウスとモダンな配色のサリーが、ご本人に似合ってないのはいつものことだが、一応上品なムードでまとめているのに、大統領のシャツが白地にブルーのチェックとは! カジュアルすぎやしない? しかも、夫人のサリー、ストライプなんですけど。

 なんてことを言っていると、ココナツミルクライスが炊き上がり、まだ7時5分まで2時間近くあるので、ひと眠りすることに。そして、6時半過ぎに起きて用意し、時間ぴったりに食べ、今年の新年の儀式は終了。他にも頭にオイルをつけたり、水浴びをしたりと時間が決まっているがスルー。

 今年は多分、新年の挨拶に来る人は少ないだろうけど、一応誰が来てもいいようにお菓子は用意しておかないと。数日前から美咲がセキをし、発熱。ようやく良くなったと思ったら、今日は葵が発熱。今週はあちこちで運動会があり参加しようと思っていたができないかも。う~ん、残念。 

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


アンコール遺跡2 ~シェムリアップ・ホテル~
 今回、アンコール遺跡観光の起点の街シェムリアップに、7泊8日滞在した。滞在の半分は、ホテルでのんびり&町歩きの予定だったので、ホテル選びはけっこう重要。観光のスケジュールより先に、航空券をおさえるとすぐにホテルを探した。

 このホテル選びは実に楽しかった。町の大きさを考えると、とにかくホテルの数が多く、設備に比べ料金が安い。特に3泊以上連泊したり、1ヶ月以上前の予約だと、半額くらいになったりする。本当は同じホテルに7泊したかったけど、万が一外れたときのことを考えて、3泊は大きなプールのある大型ホテル、残りの4泊は部屋数が少なめのブティックホテルにしようと決め、選ぶことにした。

 最初、前半のホテルはLotus Blancの雰囲気がいいなあと思っていたが、町の中心から離れてるので却下。あれこれ迷ったが、大きな海水プールに魅かれ、Prince D'Angkor Hotel & Spaに決めた。

13-2-24prince1.gif
 ロビーにてウェルカムドリンクをいただく

13-3-31room.gif
 デラックス・ダブルルームはこんな感じ

 感想は、可もなく不可もなくという感じ。ホテルは広々としていて部屋も清潔。朝食メニューも充実していた。スタッフの感じはいい。が、英語を話せる人は少ない。最低限の仕事はこなすが、客側の要望を的確に応えられるようなスマートさはまったくなかった。日中は観光に出かけ、ホテルは寝るだけという人にはいいかもしれない。

 良かったのはやはりプール。午前中はほとんどの客が観光に行ってしまうので、広いプールを独占状態。塩水は肌にやわらかく気持ち良かった。子供プール、ジャクジープールもあり、美咲と葵も大喜びで楽しんでいた。プールサイドではカクテルなども飲める(時間がやたらとかかるが)。

 ただ、ホテル内のマッサージはひどかった。試しにと、1時間のフットマッサージを受けたが、セラピストのやる気のなさが伝わる感じ。ちっとも気持ち良くない。セラピストたちへの教育もなってない。ここが良かったら、翌日にボディやフェイスも受けようと思ったがやめた。シェムリアップには、ものすごい数のスパやマッサージ店があるので、ホテル外で見つけたほうが、料金も安いしサービスもいいと思う。

*     *     *     *     *


 続いて、後半に泊まったFCC Angkorは、フランス領事の邸宅を改装したブティックホテル。客室は31室とこじんまりとしていて、スタッフのサービスがゆき届いている。このホテルについては、最初からひとつはここにしようと決めてたが、自分のカンが正しかったことに乾杯! とても居心地が良く、次回来るときもここにしようと思っている。

13-3-30fccpool.gif 13-3-30fccre.gif
 左:白を基調とした建物。部屋もシンプル・モダン
 右:オープンキッチンのレストラン。バーのドリンクも充実


 部屋はプールが目の前のプール・ビューを頼んだ。プールは小さいけどすぐに行けるので、子供たちの昼寝中にもひと泳ぎできるのがいい。このホテルは最初レストランとしてオープンしたとあって、料理の評判が良く、朝食のメニューはどれも外れなしだった(ジュースがフレッシュじゃなくて残念だったがこれは前のホテルも同じ。そういえばカクテルを含むアルコール類はとても安いのに、フレッシュジュースはどこでも高かった)。

 夕食に食べたパスタもおいしくてびっくり。もうちょっと麺が硬かったら最高だった。パスタを出すレストランは世界中どこでもあるけど、本当においしいところは少ない。ちなみにスリランカでは、けっこう色々なところで食べてみたが、まだおいしいパスタには出合っていない。

 スパは日中の15時まで30%オフになるので一回試してみたが、特筆すべきことはなし。ホテルで受けられると楽だけど、やっぱり外のスパのほうが、料金もサービスもいいみたい。

*     *     *     *     *


 ところで、もうひとつこの二つのホテルで書き加えたいことがある。今回、両方ともホテルに直接予約を入れたのだが、レスポンスが早い。当日、もしくは翌日の返信なんて、スリランカでは考えられない!早さだ。 シェムリアップのホテルは、空港までのピックアップを無料でしてくれるところが多いが、二つ目のホテル、FCC Angkorにはシェムリアップ内からの移動なので、空港ピックアップの代わりに帰りに空港まで送ってほしいとリクエストしたらOKをもらった。

 安く予約ができるサイトをいろいろと比較したが、ホテルのディスカウントを受ければ、そういったサイトとほとんど料金が変わりない。ホテルに直接予約したほうが部屋のリクエストなどもできると思ったので、ホテルのサイトから予約を入れた。ともかくシェムリアップのホテルは、予約の対応がいい。スリランカのホテルも見習え!と言いたい。

 本当は町歩きについても書こうと思ってたけど、長くなってしまったので次回に。なかなか遺跡の話題までたどりつけないなあ。 

今回泊まったシェムリアップのホテル
Prince D'Angkor Hotel & Spa
FCC Angkor

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。