スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンコール遺跡1 ~旅行のきっかけ~
 先日、アルバムを引っ張り出して見ていた美咲が、「葵の写真が一枚もないね」とポツリ。葵は1、2歳の美咲の写真を指差して「あおい、あおい」と言っているので、小さい頃の美咲を自分だと思っている様子。まだ葵は文句が言えるほど言葉を話せないが、そのうち「なんで葵の写真がないの?」と聞いてくるはず。

 さすがに葵がかわいそうになり、葵の誕生から1歳までのフォトブックを作ることにした。今回はDreamPagesを利用したが、これがけっこう楽しくて、昨年から放ってあったインド旅行、先日のカンボジア&タイ旅行のも、寝不足になりながら一気に作ってしまった。

 ちょうどカンボジア&タイ旅行の写真も整理したことだし、このタイミングを逃すと、またそのままになってしまいそうなので、旅行記も書いてしまおうと思い立った。まだ1ヶ月半しかたっていないのに、すでに記憶があいまいな部分もあって、旅行に持っていった雑記帳を見ながら書いていこうと思う。

13-3-30angkor.gif
ガルーダの前で。お土産にガルーダ像を買いたいと思ったのに、
置いていないお店が多く、気に入ったデザインが見つからなかった。残念!


 細かいレリーフが好きな私にとって、アンコール遺跡はずっと気になっていた観光地のひとつだった。加えて、「絶対にいつか見に行こう」と決めたきっかけは、アンコール遺跡から帰ってきた友人夫妻に、私そっくりのレリーフがあったと言われたこと。海外に出るとあまり日本人と言われないので、どこの顔に見えるのだろうと思ったいたのだが、クメール顔だったとは! ともかく確かめに行かねばと思っていたのだ。

13-3-30b.gif 13-3-30devatas.gif
13-3-30devatas2.gif
アンコール遺跡の壁面を飾るデヴァター(女神)たち。
その数はアンコールワットだけで2000体を超え、すべて違う形をしているという


 結果、大きな目的であった「自分の顔探し」はできなかった。というのは、娘二人があっちこっち走り回り、追いかけるので精一杯。特に、塔の上では手すりなどはまったくないので、気をつけないと落ちてしまう。ゆっくりガイドさんの話を聞く暇も、ゆっくりレリーフを鑑賞する暇もなかったというのが実情。

 でも、ざっと見ただけでもアンコール遺跡は素晴らしく、娘たちがもう少し大きくなったら、絶対にまた来ようと思ったのだった。

13-3-31guide.gif

13-3-31guide1.gif
 ガイドのポーキーさんと、草笛で遊んだり、石や砂遊びする娘たち。
 確かに娘たちからしたら、遺跡なんて退屈だったと思う。
 ポーキーさんはとてもいいガイドさんで、説明の合間に鳥や動物の鳴きまねをしたり、
 草笛の遊び方を教えてくれたりして、娘たちをも楽しませてくれた


 ▽2につづく…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 
↑ポチッと、おねがいします
 


スポンサーサイト
スリランカで親知らずを抜く 3
 ドクターには「2週間後にみせて」と言われたが、ネットで調べると通常抜糸は1週間後。抜歯後5日、6日目には傷口もだいぶ回復しているように見える。実際、抜歯したところはまったく痛くない。できるなら抜糸は早いほうがいいだろうと病院に電話して聞いたら診療時間内にくるように言われ、一週間後の10日に再び病院へ。

 名前を呼ばれ診察室に入ると、ドクターが驚いたように「どうしたの?」と聞く。「抜歯後は順調なので抜糸してもらおうと思って」と言うと、「ハッハッハ」と笑いながら「抜糸は必要ないんだよ」と言われた。なんでも自然に取れるか吸収されるタイプの糸だったらしい。

 「そんな大事なこと、縫った日に言ってくれよ」と腹が立ったがぐっとこらえ、雰囲気的にそのまま帰されそうだったので「せっかくだから診てください」と言いながら、「どうぞ」と言われる前にイスに腰掛けた。「そうだね」とにこやかに口の中を見ようとするドクター。「もっと大きく開けないと見えないよ」と言われ、開けようとするが開かない。

 「今日来てくれて良かったよ。こっちのほうが問題だ」と言われ、無理やりぐいと口をこじ開けれた。い、い、痛い。切ったというようなダイレクトな痛みではないが、鈍いながらもなんとも耐え難い痛みで、思わず涙が出た。抜歯部分はもう腫れはないし、炎症を起こしているわけでもないので、この一週間開けようとしなかったため、アゴの筋肉がこわばって開けにくくなっている状態だという。

 どうがんばって口を開けようとしても指が縦に2本しか入らない。普通は4本入らないといけないと言う。開けられるようになるにはトレーニングが必要。ドクターは、木の定規を買ってきて四等分し、それらを口に入れろと言う。そうすると一つが3インチ(約8センチ)。今は指2本で3センチほどだからこの倍以上開かないとならないのかと愕然とする。

 痛み止めを処方され、「今日から頑張ってトレーニングするように」と言われる。早速、帰りの車の中でも口を開け、少しずつ手で抜歯したほうの奥歯を押し広げる感じで、開ける練習をする。こんなことで薬をのむのは嫌なので、痛み止めはのまなかった。口を開き閉めする度に痛みが走るのでイヤになったが、でも、もしこのまま少ししか開かないままだと、カレー&ライスを一口大にした手も、フォークもスプーンも入らず、まともな食事ができなくなる。

 家に帰っても、暇さえあれば口を開ける練習をしていたので、その日の深夜にはなんとか指4本まで入るようになった。ほっと一安心して寝て起きたら、朝一にはまた口が開かず、最初の開口時には激痛。それでも何度かゆっくり開け閉めをしていると、10回目ほどからほとんど痛みがなく口が開くようになった。

 そんなこんなで、終日意識して口を開け閉めしていた甲斐あって、トレーニングを始めてから一週間で、まだ多少痛みが残るものの、なんとか普通に開けられるようになった。良かった。

 結論。スリランカで親知らずを抜歯するのは、時間的な理由などから、どうしても日本でできないときに。どちらでも選べるのなら、スリランカでするメリットはない。*あくまでも私個人の意見ですが

 は~それでもやはり、ある程度最新の技術で、信頼できる歯医者をスリランカでも見つけたい気持ちは変わらない。果たしてどこかにあるのだろうか?

▽親知らず抜歯への流れ
 スリランカで親知らずを抜く 1
 スリランカで親知らずを抜く 2

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スリランカで親知らずを抜く 2
 ああだこうだと迷って、結局抜歯をしたのはコロンボ市内にあるサクラ・デンタル・ホスピタルで。電話をすると口腔外科医は日曜のみの診療なので、3月3日の午前10時半に予約を入れた。

 コロンボにはだいぶ前に着いたのに、ヌゲゴダの友人宅で時間をつぶしてたらギリギリになってしまい、歯科医院に着いたのは5分前。受付で簡単な問診表を書き待っていると、時間ぴったりに名前を呼ばれ診療室に入った。室内に入る前にサンダルを脱いでスリッパに履き替えるように言われる。ただこのスリッパ・サービスは外国人だけだと思う。他の診療室のドア横にそれらしいものは置いてなかった。

 余談だが、普通の病院だと、やはり診療室、検査室などは靴やサンダルを脱いで入るように言われる。だが、ドクターはもちろん、看護師は靴をはいたまま。一歩待合室に出れば皆土足なのだから、彼らの靴だって汚いだろうに。気になるが仕方がない。まあ、病院がすべて土足禁止になって、他のスリランカ人がはいたスリッパを履くくらいだったら、今のままの方がましという気もする。

 診療室の話に戻ると、担当医は意外にも30代前半くらいの若いドクターだった。状況を説明すると、まずはレントゲンを撮ってみましょうと言われる。「一応、全部の歯を撮っていいか?」と聞かれたので「いい」と答えると、看護師に案内されレントゲン室へ。

 ピアス、ネックレス、ピンなどの金属製のものを外すように言われ、あたふたとしているところへ、看護師がさっと近寄り、「Two Thousand six hundred ... OK?」とささやく。一瞬何のことかわからなかったが、すぐにレントゲン代のことと気付く。高いとは思ったが、その状況で値段交渉をすることもできないし、「イエス」以外何が言えようか。

 レントゲンは新しい機械らしく、立ったまま所定の位置にあごを乗せるだけ。10分ほど待合室で待たされ、レントゲン写真ができあがると呼ばれる。さきほどのドクターがレントゲン写真を見ながら軽く説明。希望なら今から抜歯できると言う。抜歯後、シビレが出るなどの後遺症の可能性についてはまったく触れないので、私のほうから「親知らずが顎の神経に近いがその心配はあるのか」と聞くと、「大丈夫」とのこと。ともかくお願いすることにした。

 診療室に戻り、まずは麻酔。その後切開し、ガリガリと削って抜いていたようだが、痛みはまったくない。「30分以内に終わりますよ」との言葉どおり、麻酔から20分ちょっとで終了。抜歯自体は問題なかったが、力を入れて抜歯しているときに、器具が滑ったのか喉に刺さり痛みがあった。

 処置が終わり、止血のためガーゼを噛んでいる状態で、処方箋を渡され、「2週間後に一度診せに来てね」と言われた。本当は薬の細かい説明や、今後気を付ける点や食事、うがいの仕方など、聞きたいことはたくさんあったが、まったく話せない。これって患者からの質問を想定していないんだな。かなり不親切。喉についても聞きたかったのに、ドクターからの言及はなし。麻酔の前に説明を受け、聞いてておくんだったと後悔した。

 まあ家に帰ってネットで調べて、わからなかったら電話で聞こうと思い、お金を払って帰宅。ちなみにトータルで24,900ルピー(約18000円)。日本だと大学病院でも、保険内で3000円~5000円と聞く。日本で保険外治療を受けるより高いなんて驚き。患者の多くは、外国人やスリランカの裕福層というのも納得のお値段。

 途中、薬局で薬を買い、麻酔が切れる前に痛み止めを飲んだ。その後、高速に乗って自宅に着いたのが14時近く。麻酔を打ってから3時間ほど経過してたが、まったく痛みがない。その後の痛み止めがうまく効いているらしい。さすがに何も食べる気がしないので、寝てしまえとベッドに横になった。が、眠れない。こんなことは珍しい。

 その後、少しズキズキと痛み出したが、我慢できないほどの痛さではない。ただ、ツバを飲み込むだけでも喉がものすごく痛くて辛かった。夜になってさすがにお腹が空いたので重湯に近いお粥を炊き、梅干で食べる。体は元気なので完食。そして歯磨き。ここで初めて口を開けてみたが、歯茎を3センチほど切られ3針縫われていた。そして、器具が刺さった喉の口蓋扁桃(こうがいへんとう)の一部分は、真っ赤になっていた。痛かったのは抜歯したところではなくて、多分ここ。

 慎重に歯磨き、うがいをする。うがいは水を含んでゆっくり吐き出す程度。激しくブクブクはしない。抜歯したところにできる血餅が、うがいなどによって流れ出て歯槽骨が出てしまうと、ドライソケットという状態になり、ものすごい痛みが出るらしい。念のため、歯磨き後、ぬるま湯の塩水でうがいをし消毒をする。

 結果、痛みは翌日にはほとんどなく、痛み止めは2日間のんだだけ。抗生剤は処方どおり5日間のんだ。頬は2日目にぷくっと腫れたが、3日ほどで元に戻った。喉の痛みは1週間ほど続いた。食事は、最初の3日ほどは食べやすい&歯磨きをしやすい、お粥やポタージュスープ、そうめんを食べていたが、その後は普通の食事をとっていた。ただ、ご飯粒は抜歯付近に行くと取れづらくて、歯磨きが大変だった。 (3につづく…)

▽今回の親知らず抜歯にかかった費用 合計 24,900ルピー
(内訳/ドクター診察料800、レントゲン2,650、施術費2,450)

■サクラ・デンタル・ホスピタル Sakura Dental Hospital (Pvt) Ltd. HP
 住所:296, Main Street, Battaramulla, Sri Lanka
 Tel : +94(0)11-2887773 / 4 / 6
 
 口腔外科は日曜のみ。Dr. Colambagte 9:30~16:00
 平日は9:30~20:00 *土曜日、祝祭日はご確認ください
 

 ▽抜歯までのいきさつは… スリランカで親知らずを抜く 1

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スリランカで親知らずを抜く 1
 英語でWisdom Teeth、シンハラ語でハッケ・ダット。「親知らず」をスリランカの歯医者で抜歯したので、そのご報告を。抜歯をした歯科医院の情報が必要なかたは、前半の①を飛ばして②をお読みください(近日中に書きます)。

*     *    *

 上の親知らずは、まだ日本に住んでいた頃、別の歯が虫歯かなと思って見てもらった初診療の歯医者で、何の説明もなく抜かれた。よく考えればひどい話で、私が虫歯と思っていた歯はなんともなく、代わりに別に何も悪さをしてなかった上の親知らずを、ひとことの説明もなく勝手に抜かれたのだった。

 私は当時20代。虫歯の治療をしてくれてるかと思ったら抜歯されてたなんてまさか思わず、その場ではよくわからないまま痛み止めをもらい帰ったが、その後二度とその歯医者に行くことはなかった。ただその後何度も、「残りの親知らずを抜きに来てください」とその歯医者から留守電が入っていて、気味が悪い思いをしたのだった。

 そんなこともあって、下の親知らずが二本とも横向きに生えていることは知っていたが、以前の経験から抜くのが怖い気がしてそのままにしていた。そして、あれから十数年たった2011年、葵を妊娠しているときに左下の親知らずの隣の奥歯に、穴が開いているのを発見したのだった。

 歯磨きが大好きで、一日三回以上欠かさずやっているのに虫歯になっていたというのがショックで愕然としたが、急いでゴールの歯医者に行くと、隣の親知らずを抜かないと治療はできないと言う。抜歯となると、麻酔をするし、その後、痛み止め、抗生物質が必要となる。少なくとも妊娠中は難しい。幸い、まだ痛みがないので、そのままようすを見ることにした。

 その後、半年後に葵を出産したが、母乳で育てていたので薬の影響を考え、卒乳するまでとさらに2年近く待ち、ようやく今年になって抜歯できる状況になったのだった。

 当初、私は夏前に日本に帰国する予定なので、そのときに抜歯しようと思っていた。しかし調べてみると、一部が出ているだけの横向きの親知らずの場合、切開して取ることが多く、そうなると顔がはれるし、しばらく普通の物も食べられなくなる。また、生え方の状態によっては、一般の歯科医院ではやってもらえず、大学病院に行く必要があるらしい。そうなると、2週間ほどの滞在では難しいかもしれない。

 そこで、スリランカで抜歯できないかと、ゴールやアンバランゴダの歯科医院を訪ねたが、「できれば日本でやって」と気乗りしないようす。日本でも、切開が必要な抜歯だと口腔外科医のいる病院を紹介されることが多いと聞く。スリランカは、この口腔外科が専門の医師が少ないのだろう。

 やはり貴重な日本滞在の間にやるしかないのかと半ばあきらめていたところ、ネットで「スリランカの歯科医院で日本人歯科医を募集」との、ブログの記事を見つけた。

 「もしやどこかに、日本人歯科医がいらっしゃるのでは!」と期待したが、残念ながら現在はいらっしゃらなかった。が、その医院と交流のある日本人歯科医の先生とのメールで、「滅菌は日本並み、抜歯後の感染症は心配なし」「海外留学経験の口腔外科医がいる」という歯科医院がコロンボにあることがわかり、まずは問い合わせをすることにした。 (2につづく…)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


アンコール・ワットへの旅 ビザ編
 スリランカからカンボジアに旅行されるかたはあまりいないと思うが、旅行記に入る前に、メモを兼ねて、ビザや航空券について書いておこうと思う。

 まずビザについて。今回、スリランカのパスポートだとタイのビザが必要になるので、美咲と葵は日本のパスポートを使用。カンボジアは空港到着時にビザがもらえるというので、写真とビザ代一人20ドルを持参。ちなみにこのビザ代、子供もしっかり取られる。1歳9ヶ月の葵も必要だった。

 スリヤンガのタイのビザは、コロンボのタイ大使館で取って行った。

 ■タイのビザ申請(スリランカ人)

 ・申請用紙(タイ大使館HPでダウンロードできる)
 ・6ヶ月以内に撮影した写真2枚(4.5センチ×3.5センチ)
 ・6ヶ月以上有効のパスポート
 ・タイ出国を含めた航空券のコピー
 ・申請者の勤める会社からのレター
 ・銀行口座の残高証明
 
 上記以外に、念のため、旅行のスケジュールと滞在先を記載したレターを作り、
 ホテルの予約確認バウチャーをつけて提出した

 30日間有効のツーリストビザが4600ルピー、ビザの発給は申請から3日後。
 ビザ代の支払いは申請時。申請、受取ともに時間指定あり。
 必要書類が揃っていれば、特に問題なく発給されます。


 *上記の情報は、2013年1月のものです。最新の情報はタイ大使館にご確認ください


 カンボジアのビザは、シェムリアップの空港到着時に申請ができるので、写真のみを持参。申請書などの必要書類は、バンコクの空港でトランジットを待つ間に、バンコク・エアウェイズのラウンジで書いておいた。小さい子供の面倒を見ながら、機内で家族全員分を書くのはかなり大変なので、とても助かった。

 シェムリアップの空港では、まず申請書、写真を提出し、1人20ドルを払う。その後、5~10分ほど待つと名前を呼ばれ、パスポートを返される。ここで、すでにビザ代を支払ったにもかかわらず、担当職員がスリヤンガについてごちゃごちゃと言い出した。私との婚姻証明書を見せろだの、子供についての証明書はないかだのとうるさい。

 私はカンボジアの入国が厳しいとはまったく予想していなかったので、そういった証明書関係は一切持っていかなかった。私のパスポートにスリランカの居住ビザがあることと、娘たちのパスポートにスリランカ国籍がある旨が記載されていることを伝え、説明するから空港の責任者に会わせろと担当職員に言うと、帰りの航空券とホテルの予約確認バウチャーのコピーを取られ、入国審査でスリヤンガだけ写真と指紋を取られた。

 ビザ申請は一番前に並んでいたのに、だらだらと待たされ、結局空港を出たのは同じ便の乗客では最後。スリヤンガはかなり怒っていたが、袖の下欲しさだったのだろうか? 多分、カンボジア人がスリランカに入国する際も似たような扱いなんだろうと思う。

 ついでに、スリランカからアンコール・ワットへのアクセスについて。

 アンコール・ワット観光の基点の町、シェムリアップには、スリランカからだと、クアラルンプール経由で飛ぶのが一番安かった。が、私はクアラルンプールには昔行ったことがあるので、どうせならバンコクで買い物をして帰りたいと思い、料金は高くなるが、コロンボ-バンコク間はスリランカ航空(これはスリランカで手配)、バンコク-シェムリアップ間はバンコク・エアウェイズ(バンコクの代理店に手配を依頼)を利用した。

 バンコク-シェムリアップ間の路線はバンコク・エアウェイズ一社のみなので、わずか1時間ほどのフライトなのに大人が3万円(税・サーチャージ込み)とけっこう高い。でも、すぐに満席になってしまうとのことなので、3ヶ月前には予約を入れた。

 このフライト、本当にあっという間に着いてしまうという感じなのだが、一応食事が出る。が、時間がないのでものすごく忙しい。食事を配ったと思ったら、すぐに着陸態勢に入るので、ばたばたとCAが片付けに来る。子供に食べさせたりしていて、私はほとんど食べる時間がなかった。周りの人たちはCAが醸し出す忙しい雰囲気にのまれてすごい早さで食べていて、リアルなコメディを見ているようでとてもおかしかった。

 以上、ご参考までに。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。