スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ターッタを偲んで
 ターッタが亡くなって1ヶ月あまり。ツイッターではつぶやいていたものの、気持ちの整理がつかずブログの更新ができずにいた。でも、我が家でターッタに会っている方もたくさんいらっしゃるので、ご報告をしておきたいと思う。

 6月20日に急逝、享年77。スリランカ男性の平均寿命が71.7歳(2010年度)ということを考えれば、周囲の人が言うように「十分な人生」だったのかもしれない。ただ、今まで大きな病気や怪我もなく、血糖値も血圧も正常で、食欲もあり、毎日散歩がてら一日に何度もカデに買い物に行くくらい元気だったので、「倒れた」という電話を受けたときは何が起こったのか理解できなかった。

 亡くなる2週間ほど前に、足の傷が化膿して腫れてしまい、近くのクリニックで薬をもらってきたが治らず、入院することになったのが1週間前。その後足の腫れはすぐにひき、4日後に退院する予定だったが、熱を出したのでもう2日ようすを見て、6月19日に退院した。

 そして翌日のお昼過ぎ、昼食を食べた後、テラスのイスに座ったまま意識がなくなっているのを、隣の家のおじさんが気付き病院へ。アンマーは台所で片づけをしていて、まったく異変に気が付かなかった。すぐにうちに電話がきたので、娘たちを隣の家に預け、私とスリヤンガは急いで病院へ向かったが、臨終には間に合わなかった。

 まさか足のケガで入院していて、しかも退院した翌日にこんなことになろうとは、信じられない思いでいっぱいだった。ちょうどターッタが入院していた時期、美咲が風邪で熱を出し、葵やスリヤンガまでうつってしまった状態で、お見舞いにはスリヤンガしか行けなかったのが心残り。

 「これをしてあげれば良かった」「あれもしておけば…」と後悔することはたくさんあるが、今年の2月にみんなでインドに行けたのは本当に良かった。まだ葵が1歳前なので、友人や親戚にはもう少し大きくなってからにしたらと言われていたが、アンマーとターッタが元気なうちにと今年に行くことにしたのだった。二人の長年の夢だった、ブッダの聖地巡礼ができて本当に喜んでいた。

 葵にはおじいちゃんの記憶は残らないかもしれないけど、写真を見せて、いっぱい抱っこしてもらったことを教えてあげたいと思う。
 

実家にホームステイしていたAさんが送ってくれた写真。
6月4日のポソン・ポヤデーの日に、近くのお寺にお参りに
行ったときの美咲と葵とのスリーショット


人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。