ダブルで誕生日
 アハンガマに住む友人マノージが、自宅でローカルのカレー&ライスを提供するツーリスト向けのレストランをオープンするというので、お祝いに行くことになった。星占いによって選ばれたオープニングの時間は午前10時5分。家を出るのは予定よりだいぶ遅れてしまったが、なんとか10分前に到着した。

11-10-28time.gif
 スリヤンガが10時5分に点火。これで儀式は終了

 ちょうど我が家に滞在されているS師にお経を読んでいただき、時間ぴったりにスリヤンガがオイルランプに火をつける。これでオープニングの儀式は終了。お祝いの席には欠かせない、キリバットゥ(ココナツミルク・ライス)をいただく。その後、おもむろにケーキが用意され、ナイフを渡される。ケーキには「Happy Birthday」の文字。

 実は今日は私の誕生日。マノージも今日が誕生日ということがわかっていたので私たちはケーキを持っていったのだが、マノージ宅でも用意しておいてくれたらしい。「どうぞお先に」と言われ、ナイフを持つと、みんなが「Happy Birhtday To you♪」と歌ってくれる。スリランカではキャンドルを吹き消すことはせず、結婚式のようにケーキカットをする。

11-10-28cake.gif
 葵を小脇に抱えケーキカット。
 じっとケーキの上のイチゴを見つめる美咲


 まさかこんな形で祝ってもらえるなんて思っていなかったので嬉しい。私がナイフを入れた後、マノージにも同じように歌をうたい、ケーキカット。ダブルでの誕生日。しかもマノージの奥さんの誕生日が私の妹と同じことが判明。偶然とはいえ面白い。

 10時過ぎにキリバットゥとケーキを食べてしまったので、腹ごなしに近くのビーチまで散歩に行く。ここのビーチ、砂浜が白くてとってもきれい。遠浅なので子供を遊ばせるのも心配なさそう。こんなビーチがもっと近くにあったらいいのにと思う(我が家からだと車で1時間)。ヒッカドゥワはサーフィンや遊ぶにはいいけど、子連れにはこういったビーチのほうが安心して海遊びができていい。

11-10-28beach.gif
 波とたわむれる母娘。娘は案の定パンツまでびっしょりに

 その後、マノージ宅に戻り、奥さんお手製のライス&カレーをいただく。これが予想外に絶品。今までいろいろな家でカレーをご馳走になってきたけど、間違いなくベストスリーに入るというレベル。野菜のカレーは素材の味をいかした優しいスパイス使いでバラエティ豊かなメニューが用意してあって、魚カレーは南部名物のアンブルティヤル。ほどよい酸味と黒胡椒がばっちりきいた味で煮込み具合もグッド!

 おうちのカレーでは、一品一品の味の完成度の高さではなく、何種類もあるカレーを混ぜて食べたときのおいしさが大事だと思う。そういう意味では、彼女のカレーはすごいインパクトはないけど、トータルでとてもおいしかった。さっきあんなに間食をしたのに、私もスリヤンガもおいしくておかわりをしてしまった。

11-10-28curry.gif
 野菜たっぷりのライス&カレー。おいしい!

 この日は、なんだか常に何かを食べていた感じのする一日だったが、食いしん坊の私の誕生日だからよしとしよう。誕生日プレゼントは、先日スリランカに遊びに来た妹がピアスをオーダーしたときに、どさくさに紛れて自分のも作っておいたのだった。これがスリヤンガからのプレゼントということになっている。

 さて、いよいよ40代になった。この先の10年、どう生きていこうか。「四十にして惑わず」というのは無理だけど、三十で立ち上がり、今はそろりそろりと周囲に足を踏み出しているといったところか。この先、道筋が決まって一歩一歩進めたらいいな。少しずつでも前に歩いていこう。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
葵ピアスの穴をあける
 例によって占星術により日時を選び、9月29日の午前10時17分、葵のピアスの穴開けをした。美咲のときと同じ、ヒッカドゥワの女医さんに頼む。今回は勝手がわかっているので私も余裕。しっかりと葵を抱いて固定すると、時間ぴったりに手馴れたドクターがプスッとピアスを刺し入れる。

11-9-29葵ピアス2
 慣れた手つきでプスッとピアスを刺すドクター。葵は大泣き
11-9-29葵ピアス

 普段泣かないので、こんなに大泣きした葵を見るのはこのときが初めて。実はファースト・ピアスを友人の宝石店で作ってもらったのだが紛失。急遽、美咲のピアスを朝一で職人さんのところに持っていって、先を細く尖らせてもらいそれを使ったのだが、太めなので痛みが大きかったよう。ごめん、葵。残念ながらその後もピアスは見つからず。どこいったんだろう…。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


学校での大規模なダーナ
 もう一ヶ月以上前の話だが、写真をアップロードしてあったので記録しておこう。

 スリヤンガの母校が100周年を迎え、学校にお坊さんを招いての大規模な法要&ダーナ(食事の布施)をするという。学校の先生が中心となって、在校生のみならず卒業生からも寄付を募り、当日は100名以上のお坊さんが集まった。

 ちょうど私たちが学校に着いたときに、お坊さんを乗せたバスも到着し、校舎まで数百メートルのなだらかな登り道には、両脇に生徒たちが並んでお迎えしていた。青い空と緑の木々を背景に、真っ白な制服の列の間を、緋色の衣が歩いていく様子はとても美しい。写真を撮りたかったのに葵を抱き、美咲の手をひいていたので無理。残念。

11-9-15スリヤンガ学校ダーナ 11-9-15スリヤンガ学校ダーナ1
 食事を布施するようす。人数が多いのでブロックにわけ、担当ごとにサービスしていた

 食事は、ホテルのコックをしている友人ラルが担当。作り終えて一息入れているところへ顔を出してきたが、直径数メートルはある大鍋で調理して、味見なしに(僧侶より先に食べてはいけないので)おいしく作れるのか不思議。スリランカカレーは塩加減が大切で、少なくても多くてもだらけた味になってしまう。スパイスがぴしっと引き立つ塩加減に一発で決めるなんて本当にすごい。

 学校での食事を勧められたが、久しぶりにアンマのカレーが食べたかったので実家に戻る。この日は美咲と葵を連れていたので、どこにいっても先生や生徒たちに囲まれる。特に美咲はすぐに手をひかれて、生徒の輪に連れて行かれたりしていた。帰るときもワーッと集まってきたのでさすがに疲れたのか、一目散に走っていってしまった。せっかく生徒たちと写真を撮ろうと思ったのに嫌がるし。仕方なく、写真好きなターッタを入れて写真を撮っておいた。

11-9-15スリヤンガ学校ダーナ3
 生徒たちに囲まれ逃げる美咲(黄色い矢印下)

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


幼稚園でマジックショー
 今年は8月以上に9月が忙しくて、たくさんブログネタはあったのにほとんど書けずじまいになってしまった。今日、久しぶりに写真の整理をしていたら、こんなのが出てきたので紹介しておこうと思う。

 9月15日に美咲の幼稚園でマジックショーがあった。チケットは1枚30ルピー(20円ちょっと)。家族も参加OKだったので、私も見に行った。マジックの内容は、3本のひもが1本になったり、新聞紙に入れた牛乳が消えたり、帽子の中からいろんなものが出てきたりと、まあよくあるネタばかり。私も子どもの頃、一時期マジシャンにあこがれチャレンジしたなと懐かしく思いながら見ていた。

11-9-14マジック2
 この派手なおじさんがマジシャン

11-9-14マジック
 からっぽだった袋からカラフルな旗が出てきた瞬間


 このマジシャンのおじさん、手品のうまい下手はともかく、トークがいまいち。聞き取りづらくて、オチがわかりにくい。でも、子どもたちだけでなく、家族もけっこう来ていて、大人たちがとても楽しそうにしていたので、スリランカのマジックはこんなものなんだろう。

 おかしかったのが、子どもたちの反応。つまらないとすぐに後ろを向いて他の子とふざけ始めたり、ウロウロするし、面白いネタだと、引き寄せられるようにマジシャンに釘付けになっている。マジシャンにとっては、やりにくいのか、やりやすいのかわからないが、私はそんな子どもたちのようすを見ているほうが楽しかった。

 ただ、1時間は長い。3、4歳児じゃ、いくら面白くても途中であきてしまうだろう。半分の30分に面白いネタだけをぎゅっと詰めればもっと良くなるのにと思ったのだった。多分もう行かないだろうな。一回で十分。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします