スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幼稚園の宿題
 美咲の幼稚園、毎日ではないが2~3日に一度宿題がでる。最初は「3歳児に宿題?」と驚いてしまったが、少しの時間でも家で机に向かわせる習慣ができるのはいいと思う。本人も喜んでやっている。が、問題はその内容。子どもにというよりも、親への宿題かと思えるほど手間がかかる。

 下記写真は夏休みの宿題の一部だが、先生が書いてくれた野菜やフルーツの絵に、ココナツミルクの絞りかすを乾かし色をつけたものを貼るというもの。貼るまでの下準備が大変。ココナツミルクの絞りかすは、毎日カレーを作る際に出るので捨てないで取っておき、よく水で洗って天日でからからになるまで乾かす。それを絵の具で色づけする。

 この季節、晴れたと思うと急にザーと雨が降り出したりするので、ココナツを乾かすのにもひと苦労。しかも、庭に出しておくと、あんなによく水で洗ったのにアリが集まってくるし。美咲は絵の具で色をつけたり、ノートに貼る作業を楽しそうにやっていたが、ひとときも目が離せない。ようやく10枚近くの絵を完成させたときは、私のほうがぐったり。

11-9-12美咲の宿題1 11-9-12美咲の宿題2
 ニンジンとビーツが完成。
 パパイヤの皮を緑にしたら、スリヤンガに熟れたのは黄色いじゃない!とダメだしされた


 もうひとつ手間のかかった宿題が、ココヤシの葉脈を使った家やイス作り。これはスリヤンガに手伝ってもらった。すぐに庭のココヤシの葉をとってきて、ナイフで切り出していたけど、いかにもローカルな材料だ。この葉脈、庭用のほうきに使われていると言ったら、「ああ、あれか」とピンと来る人がいらっしゃるに違いない。

11-9-12美咲の宿題

 夏休みの宿題はともかく、手間がかかる宿題を、「はい、明日まで」と言われると困ってしまう。今日も、ダンスで使うからと、ココナツの殻を使って、色紙を貼り、胡椒をちらしてパパイヤを作って来いとのお達し。色紙は我が家は折り紙を常備してあるのでいつもなんとかなるが、普通の家はわざわざ買いにいかないとならないので大変だと思う。早く美咲が一人で作れるようになってくれればいいのだが。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
雨のポヤ・デー
 ここ最近良いお天気が続いていたのに、昨日今日は雨。日本では明日12日が「中秋の名月」だが、スリランカは11日の今日がポヤ・デー。せっかくだからお月見でもしようと思っていたのに、まったく月の姿はなし。残念。

 半年前のポヤ・デーに、月を見上げて日本を想うというタイトルでブログを書いた。東日本大震災だけでなく、原発事故によってその後も被害を受け続けている日本を憂い書いたが、あれから6ヶ月も経っているというのに、いっこうに事態は収束していない。というより、いまだ混乱しているかに見える。

 本当は10月頃、日本に一時帰国をしようと思っていた。でも、関東に滞在することを考えると、私とスリヤンガだけならまだしも、とても美咲と葵を連れてはいけない。 事故直後に比べると、大気中に出ている放射性物質は少なくなったが、ゼロではなく今も絶え間なく出ている。加えて、内部被爆の危険性を考えると一番注意をしなければならない食べ物が、何を信用していいかわからない状態だ。

 事故直後、政府と東電は情報を隠し、多くの人を無駄に被爆させた。原発付近の住民にヨウ素剤も配らず、避難もさせず、SPEEDIによる放射能の予測ができるシステムを持っていながら公表しなかった。ネット上では早くから予想されていたメルトダウンについても、東電が認めたのは2ヶ月後。放射線被爆に関する基準は、政府によって事故後引き上げられ、それでも安全かのように宣伝された。政府と東電側にたって情報を流したメディアの責任は大きいと思う。

 先日の鉢呂経産大臣の辞任劇を見ていて、日本の政治家はなんて軽い存在なんだろうと驚いてしまった。記者に揚げ足を取られたくらいで辞めるなんて。失言だとしても、それはそれで謝罪し、でーんと構えていれば良かったのに。はっきり言って野田政権には期待していない。でも、頑張ってもらわないとならないのも事実。

 とにかく除染のための法整備をし、ノウハウを持っている民間会社と協力して、政府、自治体が一刻も早く除染を進めるべきだ。もちろん福島県だけでなく、関東一円必要だと思う。そして食材を安心して選べるように、たとえ基準値以下でもベクレル表示を義務付けて欲しい。もう3月11日以前の環境には戻れないのだから、現在の状況の中でいかに外部/内部被爆の値を下げるか、努力をしている人たちの助けになることを、政府、自治体にお願いしたい。

 それにしても、今回の原発事故の責任は東電にあるのに、なぜおとがめなしなのだろう? この状況で、電気料金の値上げ案を提示できる神経が、この会社の異常さを示している。日本人よ、もっと怒れと言いたい。

 
人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


8月も早かった
 カレンダーをめくるたびに、「もう〇月かあ」と言ってる気がするけど、8月もあっという間だった。8月31日には、去年に引き続き今年も、ムスリムの友人がラマザン明けのごちそうを持ってきてくれた。祝日とは知っていたが、ラマザンだったのかと友人が来てから気が付く。ローストチキンもおいしかったけど、ブリヤーニ(炊き込みごはん)にかけてあったビーフとポテトのカレーがとてもおいしかった。スリヤンガは残念ながらビーフを食べないので、デザートのワタラッパンを独り占めしていた。

11-9-4ラマザンごちそう
 とても私と美咲では食べきれないので、ご近所にもおすそわけ
 ラマザン明けは食べきれないほどごちそうを用意するって聞くけど、
 各家庭どれくらい作るんだろう?


 8月の夏休み中、仕事が忙しかったので遠出はできなかったが、何度かウナワトゥナのビーチには遊びに出かけた。この時期南西海岸はオフシーズンにあたり、波が高く泳げないが、ウナワトゥナは小さな湾になっているので、ヒッカドゥワに比べるといくらか穏やか。欧米のリゾート客がたくさん滞在していてにぎわっていた。

 子供が泳ぐには波が高すぎるので、美咲はもっぱら砂遊びに専念。砂遊びセットを持ち出すと、同じ年くらいの子が自然と集まってきて、そこだけ保育園状態。フランス人、オーストラリア人、オランダ人、ドイツ人…と国際色豊か。葵を抱いていたので、私もいろんな人に話しかけられる。スリヤンガが近くにいなかったので、日本から遊びに来ている母子3人と見られていたらしい。
 
11-9-4葵と私
 たまには私と葵の写真でも。
 ウナワトゥナのビーチ、ヨーロピアンが多いので、スリランカじゃないみたい


 いつもどっぶりとスリランカ社会につかっているので、たまに別世界に行くとリフレッシュできる。食事も思いっきりウエスタンなものが食べられるし。葵も4ヶ月になり首もすわってしっかりしてきたので、外出もしやすくなった。今後もちょくちょく行こうと思う。

 
人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。