スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雨の誕生日
 昨日届いた一通のメール。友人Kさんからだが、「気の利かない夫とふつぅーーの木曜日をお送りでしょうか?」の一文にニヤリとしてしまった。

 28日は私の誕生日。Kさんは何度もスリランカに滞在していて、私のみならず、スリヤンガのこともよく知っている。もちろんスリヤンガが妻の誕生日に無頓着なことも、毎年日にちを間違えていることも。

 昨日は久しぶりに一日雨。ここしばらくからっとした晴天が続いていたので、庭木のためにも雨が降って欲しいと思っていたところだが、昼間から電化製品を使えないほどの雷雨になるとは予想していなかった。数日前に確認したにもかかわらず、すっかり誕生日を忘れているスリヤンガに思い出させるためにも、ケーキを焼こうと思ったのに、雷がひどくてとてもオーブンを使える状態じゃない。

 なぜかものすごい雨だと何もやる気がしなくなってしまう。お昼を過ぎても一向に止む気配がないので、この日はぐうたらの日に認定。夕方まで「ベッドに横になって読書」という贅沢な時間を過ごす。雨音を聞きながらの読書は、その世界にどっぷり浸れるのでページが進む。これが薄曇りのココヤシ下のハンモックだと、本を読みもせず寝ちゃうんだけど。

 美咲はスリヤンガと別の部屋でお昼寝をしてくれたので、静かに自分の世界を楽しむことができた。雨に感謝。夕食前になって雨が止んだので、スリヤンガが買い物に出かける。何を買いに行ったのかと思ったら、フライドライス、豚肉と野菜の炒め物をお持ち帰りにしてきたのだと言う。私がランチの時に「そろそろカレー以外のものが食べたいね」と言ってたのを聞いて、バースデー・ディナーにということらしい。

 スリヤンガは食べないのになぜ「豚肉」なのかというと、私のためだけの特別ディナーだからで、自分は昼の残りのカレーをメインに食べると言う。スリヤンガらしい気遣いに笑ってしまう。でも量が多すぎて、一人じゃとても食べきれない。30代最後の誕生日は、ごくごく普通の、でも静かに満ち足りた一日だった。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
2ができた!
 ここ1ヶ月くらい体調があまり良くなくて、集中してブログを書くこともままならず、気づけば今月の更新はたったの一回! その間、のぞきに来てくれた皆さま、本当に申し訳ありません。これから、ちょくちょく更新しますので、よろしくお願いします。


*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


 今まで、「昨日できなかったことが、今日できるようになった」というような、子どもの成長ぶりに驚かされることは多々あったが、先日もひとつ発見。いくら練習しても、人差し指と中指を立てる「2」ができなかった美咲。「何歳?」と聞かれると、口では「2歳!」と言いつつ、指は4本立ってる。ハサミをちょきちょきと、カニのポーズもできなかった。

 ところが一週間ほど前のこと。日本人のOご夫妻がお茶を飲みにいらしたときに、年齢を聞かれ、やはり手で「2歳」ができなかった美咲。しかし、その後抱っこしてもらいながら、2の形とじゃんけんを教えてもらっていた。夜寝る前にベッドで「じゃんけんしよう」と言うので、「じゃんけんぽい!」と勢いよく手を出したら、なんと美咲はチョキを出しているではないか!

 「カニさんやってみて」と言うと、左手は怪しいものの右手はしっかりハサミになっている。本当にびっくり。昨日まで毎日練習していてもできなかったのに、すっかりマスターしてしまったもよう。Oさん、ありがとうございました。

10-10-23美咲ライオン
 美咲ライオン「ガォー!」。本人はなりきっています!

 最近あと面白いのは、「おばけ」を怖がるようになったこと。お昼寝をしてしまうと、夜なかなか寝なくて困るのだが、そういうときは「おばけが来て連れてっちゃうよ」というとすぐに大人しくなる。絵本「ねないこだれだ」の影響が大きい。私がおばけの話をすると、美咲は自分の足を見て、「足まだある」と言ってほっとしている。足がなくなったらおばけの世界に行くと思っているのだ。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


谷村美月さん写真集 「LANKA」発売!
 4月にスリランカで撮影された、女優・谷村美月さんの写真集が、9月24日に発売されました。タイトルはそのままずばり「LANKA」。撮影地はキャンディ、ヒッカドゥワ、ゴール。20歳目前の美月さんがスリランカを一人旅をしているイメージで、地元の人と触れ合う等身大の美月さんの写真が満載。

 撮影時はとにかく天気に恵まれて、スリランカの美しい自然を背景に、とてもリラックスした表情の美月さんが写っています。「どこに行きたい?」「スリランカ」と、ご本人の希望で決まった撮影地ですが、カメラマンの長野氏をはじめ、スリランカに縁のあるスタッフが多く、とても和気あいあいとした楽しい撮影でした。

 ぜひ書店でのぞいてみてください!

Lanka

谷村美月 写真集「LANKA」
(BOMB特別編集)

撮影:長野博文
2940円


▼撮影のようすはこちら  

▼谷村美月さんのオフィシャルサイト
 LANKA発売記念イベントのようす


人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。