スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


機内でのようす
 コロンボ発のスリランカ航空直行便。普段19時頃には熟睡してしまう美咲にとって、出発時間23時40分発というのはかなり厳しいスケジュール。空港は小さいし、勝手はわかっているので、チェックインぎりぎりまでスリヤンガに一緒にいて美咲を見てもらう。

 コロンボで買い物をしたりして汗をかいたので、空港に着いてから、美咲の体を濡れたガーゼでふき、冷房用の服を着せる。長袖のカーディガンと長いパンツ、肌着は、スリランカではなかなか手に入らないので、わざわざこのために妹に送ってもらった。

 時間になったので、スリヤンガと別れ、美咲を抱っこ紐を使って前抱っこし、リュックを背負い、機内持ち込み用のキャリーバッグ、大型のスーツケースをカートに乗せ、チェックインカウンターへ。

 席はあらかじめ、ベビーベッドが使え、オムツ換えができるトイレに近い席を予約しておいた。チェックインをする際に、「母乳をあげるのでできれば隣の席を女性にして欲しい」と頼むと、「今日は席に空きがあるので、隣を空けるようにしておきますね」という親切な対応。

 スリランカでは、日本のように黙っていても客の希望を察して、サービスをしてくれることはないが、無理と思える希望でも伝えると、思いのほか親切に対応してくれることがある。子どもがいると、なおさら。ダメもとでリクエストしてみるといいかも。

 チェックイン後の美咲は、もう22時過ぎだというのに眠そうなようすがない。出国カードを書こうとすると、手を伸ばして紙を取ろうとするのには困った。何度か紙を破かれ、書き直し。隣にいたスリランカ人男性が「大変ですねえ。抱っこしましょうか」と言ってくれたが、この状況だと泣く可能性が高い。左手で美咲をあやしながら右手のみで書いたので、なぐり書きになってしまったが、無事出国手続きが済む。

 土産物屋や免税店には目もくれず、搭乗ゲートに向かう。ここでのチェックは厳しくて、手荷物だけでなく、上着はもちろん、靴まで検査していたが、美咲を抱っこ中の私は荷物だけ検査を受けスルー。すぐに通してもらえた。

 子連れということで、優先的に席に案内してもらいホッと一息。機内ではすぐにベビーベッドを使えると思っていたら、離陸着陸時はダメとのこと。それに加え、「シートベルト着用サイン」が出たときは、ベッドで寝ていても抱っこして、席で一緒にシートベルトを締めるように言われる。安全を考えると仕方ないが、せっかく寝入った赤ちゃんもそんなことをしたら起きてしまうだろうに。

 普段、美咲は一度寝ると朝までぐっすりなので、ベビーベッドに寝かせて自分も眠ろうと思っていたが、そんなに甘くはなかった。このベビーベッド、かなり狭い。美咲の体重だと制限ぎりぎりなので、ゆったりだとは思っていなかったが、長さが足りず足を伸ばせない。しかも、ベッドの取り付け位置が高い。

 165センチの私でも、ベッドに寝かせるにはかなり腕を上げないとならない。寝てしまって鉛のように重い、10キロ近くの美咲を、持ち上げてベッドに置くだけでもかなりの重労働。美咲は、離陸と同時に寝てしまったので、さっそくベッドに寝かせる。

 ところが、いつもゴロンゴロンと寝返りしまくりの美咲にとって、このベッドは小さすぎる。寝心地が悪いのかすぐに起きてしまう。抱き上げてゆらゆら揺らすと、またすぐに眠るが、ベッドに置くとやっぱり起きてしまう。この繰り返し。仕方なしにベッドはあきらめ、座席で抱っこしながら寝かせることにした。

 隣の席は空いていたが、一番前の席なので肘掛が上がらず、横に寝かせることができない。私が熟睡してしまうと、美咲を落としてしまいそうなので、結局一睡もできなかった。ようやく11時50分に成田到着。スリランカ時間だと8時20分なので、寝てしまえばあっという間のフライトだったはず。

 心配していた荷物受け取りのターンテーブルでは、親切そうな男性に声をかけカートにスーツケースを乗せてもらった。空港には母が車で迎えに来てくれていたので助かった。子連れでスーツケースを持って電車やバスなんて、考えただけでも恐ろしい。

 母が作ってきてくれたおにぎりやいなり寿司を食べ、日本に帰ってきたことを実感。美咲は所変わってもへっちゃらで、母に抱かれても愛想良くしていた。さあ、これから1ヶ月間のんびりしよう。

スポンサーサイト
日本に行ってきます!
 しばらく美咲と離れるとあって、スリヤンガは言葉少な。といっても、たったの1ヶ月なのに。スリヤンガにとっては「長すぎる」らしい。出発の数日前に、日本からの電話で「なんでスリヤンガ来ないの?おいでよ!」と友人に言われ、「やっぱり自分も行く!」と駄々をこねたが、ビザを取るのに少なくても1週間かかるので、「無理」とあきらめさせる。

 日本滞在中、毎日、国際電話をかけられてはたまらないので、スカイプを教えた。これなら何時間話しても無料だし(インターネット接続料金しかかからない)、画像が見られるので美咲のようすもわかるし。スリヤンガは、普段ほとんどパソコンも使わないので、教えた操作以外しないように頼み、すべてのデーターのバックアップをとった。

 慌しく仕事をかたづけ、荷物の最終チェックをする。空港まではたっぷり3時間。途中、コロンボで買い物をする予定なので、午後3時に家を出る。スリヤンガがずっと美咲を抱いていてくれたので、私は遠慮なく車の中で熟睡。飛行機の中ではゆっくり眠れないだろうと思ったからだが、これが正解。

 ともかく、1ヶ月ほど日本で羽を伸ばしてきます! *日本滞在中もブログの更新をする予定です

9-5-15美咲


荷物をパッキング
 日本への帰国があさってとなった。荷物の重量制限が、預ける荷物は30キロ(私の分20キロ+美咲の分10キロ)、機内持ち込みは7キロ。前回は出かける前の晩に荷物を詰めたら、大幅にオーバーして頭を悩ませたので、今回は早めに確認することにする。

 はっきりいって、私と美咲の身の回り品はたいしたことない。多分10キロもいかない。ほとんどがお土産。まず紅茶。250gのを50個で12.5キロ。あとはアラックやラムを何本か。そして、日本でスリランカカレーを作るためのスパイス類を一通りと、米やダルなども用意した。本当は生のココナツも持っていきたかったけど、そうすると削り器も必要になり、かなりの重さになりそうなので断念した。

 大型のスーツケースに詰めてみると楽々収まったので、今回は余裕かなと思い持ち上げると、予想よりはるかに重い。重さをはかってみるとちょうど30キロ。あと、ちょこちょこと細かいものを入れるだろうけど、まあ大目に見てもらえるだろう。

 しかし、美咲を抱っこし、機内持ち込みの荷物とこの30キロのスーツケースを運べるだろうか。スリランカの空港内はポーターがいるし、多分周りの人が手を貸してくれるだろう。心配なのは成田に着いてから。一人じゃターンテーブルからスーツケースを下ろすこともできなそう。誰か手助けしてくれるかな。

 そして、日本からスリランカまでは、リクエストしたら30キロ+10キロの計40キロ預けることができるようになった。今回は前回行けなかった本屋を見て回るつもりなので、可能な限り本を持って帰ってこようと思う。


マンゴー三昧
 我が家には2本のマンゴーの木がある。4月の終わり頃から、ポトッと音を立て毎日数個のマンゴーが落ちるようになった。ちゃんと木の上で完熟して落ちてくるので、まさに食べごろ。みずみずしいオレンジ色の果肉を口に入れると、マンゴーらしい香りがふわっと広がる。

 G.W.に日本人ゲストが滞在していたが、ちゃんと毎朝マンゴーが落ちてきたので、毎日朝食に出し完食していた。そしてゲストが帰り、私たちになってから、マンゴーの落ちる数が日に日に多くなってきた。昨日、今日は、1日で20個近く落ちてくる。とても食べ切れない。

 私たちでは毎食後、せいぜい2個ずつ食べるくらいなので、放っておくとどんどん増えてしまう。近所に配り、うちに遊びに来た人に配り、なんとかその日落ちてきたマンゴーはその日のうちになくなるようにしている。マンゴー好きのかた、どうぞ我が家へお立ち寄りください。今なら食べ放題ですよ。

9-5-12マンゴー 9-5-12カットマンゴー
 左:今日の午前中に落ちてきたマンゴー   右:切るとこんな感じ。手でつるっと皮がむける


05/12. 00:00 [ 食べ物 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ボールであそぼ
 来月の10日で1歳の誕生日を迎える美咲。動きがますます機敏になってきた。のんびり座って遊んでいたかと思うと、いきなり両手を突き出しジャンプして、ハイハイの体勢になり動き出す。まったく目を離せない。

 興味のあるものがすぐに変わるので、さっきまで楽しそうにしていたおもちゃも、気分が変わると放り出す。写真のボールは、ベアフットで買ってきたもの。カラフルなのと、柔らかいだけじゃないしっかりした感触が気に入った。

 向かい合って座り、コロコロとボールを転がすと、はしゃぐ美咲。美咲の小さな手には難しいのか、なかなかうまく転がせない。私のいる正面にかえってくるのは10回に1回程度。たいてい後ろや横に飛んでいってしまう。

 こういうとき、美咲は決まって左手を使う。なにか手で受け取ろうとするときもそう。スリヤンガがだいぶ前から気が付いて、「左利きかなあ」と気にしている。なにせスリランカだと、左手は「お尻を洗う不浄の手」だから、できれば利き手じゃないほうがいい。

 といっても、ご飯と文字を書くのを右手ですればそんなに問題じゃないので、このままようすをみようと思う。

9-5-6美咲とボール
 カラフルでかわいいボール


ウェサック祭 2009
 昨年好評だったので、今年も家の前の通りにココナツオイルランプをともすことになった。

 4月に入ってもほとんど雨が降らず、暑い暑い日が続いていたのに、今日はまさかの大雨。ポヤデーは雨が降る日が多いというが、朝からどしゃぶりというのは珍しい。

 このオイルランプは、バナナの茎をスタンドにし、ココヤシの葉を細く裂いたものを丸く差し込んで、素焼きのオイルランプを置けるようにしている。つまり、100%手作り。空き地に生えているバナナの木とココヤシを利用するので、コストもかからない。でも、雨だと困る。作るのも、オイルランプをともすのも難しい。

 夕方5時すぎになんとか雨が上がり、近所の人が集まる。まずはランプを置く道路わきの草刈りを始めた。昨日まで晴天だったんだから、やっておけばいいのにと思うが、ここはスリランカ。直前にやるのがスリランカ風(?)。

 そして、手分けしてスタンドを作り、ココナツオイルを注ぎ準備完了。あたりが薄暗くなってきたので、火をつけるとやわらかな光が風にゆれる。美咲にとっての初ウェサック祭。オイルランプを見て、一生懸命、ランプの光をつかもうとしていた。

9-5-8ウェサックランプ2 9-5-8ウェサックランプ
 きらきらとカラフルな電飾もいいけど、オイルランプのやわらかい光も雰囲気がある


シュークリーム作り
 我が家に滞在中のSさん。話の流れで某ヨーロッパ国大使館のパティシエであることが判明。甘いもの好きのスリヤンガがこれに飛びつかないわけがない。

 そして…。せっかく休暇中でスリランカに滞在しているのに、我が家でケーキを作ることになったSさん。デジカメに入っていたお菓子の写真を見せてくれて、「どれがいい?」との質問に「イチゴのたっぷり入ったミルフィーユ」を選ぶスリヤンガ。そんな材料、スリランカで揃うわけがないでしょ!と私。

 しかも材料の前に、オーブントースターしかない我が家。それを聞いて、、「オーブンがないんじゃ、ムースとかにする?」とのSさんの提案に、しつっこく焼き菓子をリクエストするスリヤンガ(ちなみに私もレアチーズよりベイクドチーズケーキがいいなんてほざいてましたが)。

 こういうときのスリヤンガは行動力がある。すぐに友人Kアイヤに電話し、彼の友人のオーブンを借りられることになった。そして、電話から10分後。私が美咲にミルクをあげて戻ってくると、すでにオーブンが我が家に届けられていた。

 普段のスリランカ人らしからぬ迅速な行動。スリヤンガだけでなく、Kアイヤや彼の友人の、「お菓子」に対する期待度の高さがうかがえる。

 そして、あーだこーだともめた結果、「シュークリーム」に決定。さっそく私が買い物に行き、材料を揃える。本当はカスタードクリームと生クリームを用意しようと思ったが、生クリームが1リットルのパックしかなく、しかも750ルピーと高額だったので断念。スリランカにきて、初めて買ったバニラビーンズは1本75ルピー。スリランカは産地だというのにけっこう高い。

 大きくなってからはほとんど作らなくなったが、実は私、小学生の頃お年玉をためてオーブンを買ったほどお菓子作りが好きだった。シュークリームも昔、何回か作ったことがあるが、それこそ20数年ぶり。Sさんのアシスタントをしながら、ポイントを教えてもらった。

卵に砂糖を加えたら、すぐによく混ぜる。そうしないとダマダマになってしまう
カスタードクリームを火からおろし、氷水をあて冷ますときに、泡だて器でかきまぜていると、よりなめらかなクリームになる
シュー皮を焼くときは、絶対にオーブンを開けない。温度が下がると、シューがしぼんでしまう


 などなど…

 カスタードクリームを作り、シュー生地を作る。ここまでは30分もかからなかった。しかし、鉄板が一段しか入らないので、シュー皮を焼くのに2時間半かかった。計3時間。Sさん、休暇中なのに、大仕事をさせてしまってごめんなさい!

 できあがったシュー皮はひとくちサイズで80個あまり。途中、カスタードクリームが足りなくなってしまったのでアイスクリームをはさんでシューアイスにする。そして試食タイム。パクッとひとくちで食べると、口の中にバニラビーンズの上品な香りが広がる。甘さ控えめのカスタードクリームなので、何個でもいけそう。美咲もクロスケ(シュー皮だけ)もおいしそうに食べている。

 Kアイヤとオーブンを貸してくれた友人にもおすそわけ。それでも山ほど残る。「こんなにたくさん食べられるかな」と言っていたが、2日で完食。レシピをいただいたので、いつかオーブンを買ったら作ろうっと。

9-5-5シュークリーム
 上品な甘さのひとくちシュークリーム


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。