■お知らせ Hikkaduwa Beach Fest '08 開催
7月30日から8月3日まで、ヒッカドゥワのビーチで政府観光局主催のイベントがあります。スリランカだけでなく、海外からのDJやシンガーなども参加し、オールナイトで盛り上がります。すでにローカルがたくさん来ていて、ヒッカドゥワのホテルやゲストハウスはほとんど部屋が埋まっていますのでご注意!旅行会社がコロンボからの移動付きで安いパッケージを売り出しています。詳細はサイトで。

スポンサーサイト
ああ忙しい!
 想像以上に育児は大変。夜中はしっかり2~3時間寝てくれるので私も一応睡眠をとっているが、娘は朝と夕方寝ない。おっぱいを飲んでもしっかり起きている。ただベッドに寝転んでいてくれればいいのだが、そばにいないと泣いて呼ぶ。しかも起きているとすぐにお腹が空くらしく、しょっちゅうおっぱいを飲ませないとならない。

 でも、育児だけならいい。自分のペースで仕事と家事をうまくやれば、スリヤンガの協力もあるのでなんとかなる。ただ来客、しかも突然の食事時の来客は、せめてこの時期だけはなんとかしてほしい。もうアンマは帰ってしまったので、私ひとりで食事を用意しなければならない。

 それでなくても、娘が産まれたことで親戚や友人、知人がひっきりなしにやってくるので、そのたびに相手をし、お菓子と紅茶を出さなければならない。もちろん、「お祝い」で来るのはわかっているが、なるべくこちらの迷惑にならないようにという配慮はないのだろうかと思ってしまう。

 バスに乗ってくる距離であれば、当然食事を用意しなければならないし、午前11時過ぎくらいに来たら昼食を誘わないと失礼になる。突然来たのであれば食事の準備はしてないことはわかるし、産後1ヵ月半といえば私が疲れているだろうことも想像できるだろう。

 でもこういうときでも、昼食を誘うとスリランカ人は断らない。いや一応最初は断っても、「いやいや食べていってよ」と再度誘うと(それが礼儀)、「じゃあ」と本当に食べていく。数人で来れば洗い物だってけっこうな量。お客が帰るとぐったりと疲れてしまう。

 結婚のとき以来の来客の嵐に、かなり体力を消耗中。もうトシなんだから、産後は無理しちゃだめだと、何人もの友人に言われているのに…。

ココナツオイルでマヨネーズ
 またスリヤンガが風邪をひいた。私はこっちに来てから、薬を飲むほどの風邪は最初の頃に数回ひいたきり。今はすっかりスリランカの気候が合っているようで(暑くは感じるけど)、妊娠、出産してからも体調はずっと絶好調だった。

 しかし、スリヤンガはしょちゅう、のどが痛い、頭が痛いと具合が悪くなる。寝込むほどではないが、そうなると面倒なのが食事作り。風邪気味だと「冷たい(アーユルヴェーダ的に)」食べ物が食べられないので、カレーを作ろうとするとNGな食材(カボチャ、ナス、オクラなど)が多いのだ。

 久しぶりにパスタを作ろうとしたのに、ほうれん草のような緑の葉っぱ類もだめなので、冷蔵庫をのぞいても入れるものがない。そこで玉ねぎをしっかり炒めたシンプルパスタに。それだけではさみしいので、ジャガイモと*サウを使ってコロッケを作ろうと、ジャガイモをゆで始めてから、はたと気が付いた。「サウ」はとっても冷たい食べ物なのだ。

 それじゃあ作っても仕方がない。しかし、ゆでてしまったジャガイモをどうしよう。頭に浮かんだのはポテトサラダ。が、マヨネーズがない。スリランカ人は普通マヨネーズを使わない。しかも店にあるのは輸入物で、おいしくない上に高いので、常備していないのだ。

 ちょうど今朝、産みたて卵を買ってきたので、マヨネーズを作ることにした。が、ここでまた問題。オリーブオイルが切れてしまっている。マヨネーズにオイルはとっても大事。でも、もうすでにポテトサラダを食べる気まんまんなので、あきらめられない。ものは試しとココナツオイルで代用してみることにした。

 卵黄に酢を入れ、分離しないように少しずつオイルを垂らしながら、ひたすら泡だて器で混ぜればできあがり。仕上げに塩コショウで味をととのえる。

 結果、ココナツオイルで作ったマヨネーズは、おいしくなかった。オイルのえぐみが出てしまってまろやかさがない。失敗!

 が、ポテトサラダは挽きたての黒コショウの香りがカバーし、けっこうおいしく食べられた。普段はカレーに合わないからと(スリランカ人はサラダもカレー&ライスに入れて一緒に混ぜてしまうので)、サラダは作らないけど、たまにはマヨネーズたっぷりのマカロニサラダやコールスローなんかを食べてみたいと思った。次回マヨネーズを作るとしたら他のオイルで…。

*サウ…小さいサイズのタピオカ。スリランカではココナツミルクと合わせてデザートを作る

07/17. 00:00 [ 食べ物 ] CM6. TB0 . TOP ▲
■お知らせ 7月13日放送のテレビ番組「地球アゴラ」に出演します
 「えっ!またか!」と言わないでください!

 6月8日につづき、7月13日(日)夜9:10~9:59、NHK/BS-1で放送される「地球アゴラ」という番組に、スリヤンガと娘の三人で出演します。番組は世界中に住む日本人とスカイプを使って日本のスタジオと結び、話をするというもの。

 先日生まれた娘の名前を、ホロスコープによって決めたというエピソードから、スリランカ人とホロスコープのかかわりをお話する予定です。良かったら見てみてください。

 *NHK地球アゴラのホームページ

サーカス、再び!
 去年の7月4日の日記に書いたサーカスが今年もまたやってきている。場所はティラーナガマ・ジャンクション近くの空き地。今日通ったらまだテントを建て始めたところで、17日のエサラ・ポヤデーの日が初日。1週間くらいの予定。

 私は残念ながら娘がいるから見に行けないが、もしヒッカドゥワにお泊りで興味があるかたはご覧あれ!地元の人と一緒に楽しむ素朴なサーカスです。

*ティラーナガマ・ジャンクション…我が家から800mくらいのゴールロード沿いのジャンクション。ヒッカドゥワのジャンクションからだと、ゴール方面に3キロくらいいったところ。

■お知らせ カーサ・ブルータス 「世界遺産特集 聖地とアジアのリゾート」7月10日発売!
 建築とデザインの雑誌「カーサ ブルータス」の8月号では、世界遺産とリゾートホテルの特集。スリランカからはシーギリヤとゴールがピックアップ。個性的でラグジュアリーなホテルが、センスのいい写真とともに紹介されています。

 私たちが取材をコーディネートしたのですが、取材班が来る前は雨ばかり。どうなることかと心配していましたが、スリランカ滞在中はきれいな青空が広がり、写真撮影はばっちりでした。短い滞在の中で、早朝から夜遅くまで取材をするのをみて、同行したスリヤンガは「さすが日本人!」と感心していました。

*Casa BRUTUS マガジンハウスのホームページ 

■お知らせ レシピ本「うまいカレー。」発売!
 先日、発売された「うまい、カレー。」北インド、南インドはもちろん、スリランカを含むアジアのカレー、欧風カレーと、バラエティー豊かなカレーのレシピがどっさり入っています。

 アジアカレーを担当した「たなかまみ」さんは、昨年の年末から年始にかけて、スリランカカレーを勉強しに私たちの家に滞在。アンマを先生に、連日カレー作りを楽しみました。今回のスリランカカレー・レシピは、そのときのをヒントに作られたとか。

 これから暑い夏を迎え、カレーがおいしい季節ですね。もう書店に並んでいますので見てみてください(私は個人的にタイカレーが食べたいです)!

*アジア料理研究家、たなかまみさんのブログ 美味しいは楽しいアジア
*インド・スパイス料理研究家、香取薫さんのブログ 料理研究家 香取薫 日記 

本うまいカレー 「うまい、カレー。」

 香取薫・著
 アジア料理担当:たなかまみ
 ナツメ社
 2008年7月10日発売
 1280円+税


あ、暑い!
 なんだかとても蒸し暑い日がつづいている。特に今は、授乳のため夜中に数回起きなくてはならないので余計こたえる。眠りからさめたばかりの娘は湯たんぽのようなあつさで、抱っこしているだけで汗が出てくる。

 母乳の出がよくなるからと、連日ジャックフルーツやココナツを使った料理を山盛り食べさせられ、暑さと寝不足もあって体が*ピッタにかたむき気味。体調がよくない。汗をかくと皮膚がぴりぴりする。

 すぐに食事をいつもどおりのメニューに変えてもらい、ピッタを高めるジャックフルーツなどの食材を控え、朝からキングココナツを数個飲む。これを数日続けたらだいぶ調子が良くなった。

 それにしてもこんな時は、「栄養ないからダメ!」って怒られそうだけど、冷たいおそばが食べたいなあ。と言いつつ、本当は生ビールが飲みたい…。

*ピッタ…アーユルヴェーダの要素のひとつ。熱性をもつ。

8-7-5クロスケ
久しぶりの登場クロスケ!(本文とは関係ありません)