デビル・ダンスで年越し
 スリランカ人にとっては年末でもなく、あくまでも「普通の日」の12月31日だが、ヒッカドゥワは外国人が多く集まるリゾートタウン。大晦日の今日は、ビーチ沿いのホテルやレストランで、特別ディナーが用意されたり、カウントダウン・パーティーなどが開かれる。

 我が家に滞在しているKさんとNさんと夕食を食べていると、あちこちで花火や爆竹の音が聞こえてきた。気の早い人が景気よくバンバン鳴らしているらしい。日本では31日には決まって年越しそばを食べていたが、今年はもちろんライス&カレー。大晦日という気分はあまりない。

 そこへ仕事でキャンディにいるスリヤンガからの電話。ヒッカドゥワのレストランで「デビル・ダンス」をやるらしいから、みんなで見に行ったらとのこと。聞いてみると、意外にもアンマもローシーナンギーも乗り気なので、ささっと夕食を済ませみんなで出掛けることにした。

 さすがに大晦日の夜。トゥクトゥクがなかなか手配できず、1台に5人が無理やり乗り込みレストランに向かう。席はほぼ満席。無理やりテーブルを作ってもらって座る。デビルダンスといっても外国人観光客向けなので、いろいろなダンスを少しずつ披露して1時間ほどで終了。私にはダンスよりも、途中に入る花火のほうが面白かった。

 スリランカにしては大きな花火で、やはりビーチで花火というのはいいものだなあと実感。初めて見たアンマとローシーナンギーは歓声をあげていたけど、日本の打ち上げ花火を見せてあげたらびっくりするだろうなあ。

スポンサーサイト
ほったらかし
 11月の終わりに水道管の工事が終わった我が家の前の道路。いよいよ道路を直してきれいにしてくれると期待していたが、さすが役所の仕事。まだ終わっていない。

 それでも最初の数日間は順調と言えた。体を動かすのもだるそうなおばちゃんたちが、ダラダラと小石を道路にばらまき、その上をローラーが往復し平らにした。そして最後の工程、その上にさらに細かい石を敷いてアスファルトを敷くというところで、作業は中断したままになっている。なんでも必要なアスファルトがないそうな。まったく「計画」とか「準備」という考えはないのかね。

 そして大迷惑なことに、中断したままの状態ですでに2週間あまり経っている。この小石が曲者で、そんなに小さくもなく角があったりするので、車やバイクで通るとパンクしてしまうのだ。車やトゥクトゥクを拾うときは、この先の道路まで歩いていくしかない。

 まったく腹立たしい。こんなんだったら、何もしない状態のほうがいくらでこぼこがあっても普通に使えたのに。明日ヒッカドゥワの役所に、地元の人の署名をした「早くなんとかしろ」レターを出してくる予定だけど、さていったいいつできるのやら…。

7-12-23中途半端道路
ただ小石を敷いただけの役立たず道路

テラス磨き
 カラーセメントで色をつけたテラスを磨いてもらった。そのために家を建てる職人さんとは別に、専門の職人さんがいる。写真のマシンは電動で、タワシのようなブラシが回転して磨いていく。マシンでできない角やステップ部分は、人の手で磨いていく。作業は水をかけながら二人で進める。

 一度磨いて水で洗い乾かして、ワックスをかけ乾かす。そしてまた磨く。これを2回繰り返すとセメントが石のようにピカピカになる。所要1日半。意外と簡単に終わった。仕上がりには満足したので、2階のバルコニーも同じようにやってもらおうと思っている。

7-12-12テラス磨き
 テラス磨き用のマシン

12/20. 00:00 [ 家作り ] CM0. TB0 . TOP ▲
マンゴー開花
 庭のマンゴーの木が一斉に花を咲かせた。あまり花らしくないが、矢印の先の黄色いのが花。これがあと半年くらいかけて甘いマンゴーになる。今年はもう一本の若木も初めて花をつけているので、昨年以上の収穫がありそう。完熟マンゴーを食べたいかたは5月頃においでください!

7-12-5マンゴーの花
 マンゴーの花が満開に!


12/05. 00:00 [ 自然 ] CM0. TB0 . TOP ▲