ブラックシードオイル
 今夜は日本では中秋の名月。スリランカは明日16日が、満月の日の祝日となっている。明日は夜10時24分から、スリランカで月食が見られるようなので、晴れていたら空を見上げてみようと思う。

 先週は土日月、今週は金土日と三連休が続き、夏休み明けでなかなか早起き生活に慣れない体には嬉しいお休み。今夜は夜更かしができるので、たまった写真の整理をしてしまおう。

 ところで、先月我が家に、コロンボやキャンディからスリランカ在住の日本人ファミリーが遊びに来てくれて、夜遅くまでいろんな話で盛り上がった。娘たちはこの夜、「昼寝をしないで起きていた最長記録」を更新。葵は0時近く、美咲は1時頃まで。同じ年頃の子が集まったので、楽しくて楽しくて寝るのがもったいないという感じで、最後は「明日もあるから」と、無理やり寝かしつけさせたのだった。

 その席で、ブラックシードオイルの話が出たのだ。私はまったく知らなかったけど、日本でもスーパーフードのひとつとして知られているらしい。イスラムの預言書に、「死以外のあらゆる病を癒す」と書かれているほど、何にでも効果あり。

 効能の一部をあげると、鎮痛作用(痛み止め)、抗菌作用、降圧作用、、抗けいれん作用、抗ウイルス作用、気管支拡張作用、肝臓保護作用、グルコネオゲネシス抑制作用(抗糖尿病作用)などなど、これを飲んだら薬はいらないんじゃ…と思うほどの万能オイル。

 しかも、放射線防護の効能もあるとのこと。皮膚に塗れば外部被爆、飲めば内部被爆に対しての防護効果があるという。今の日本では、残念ながら多少の被爆(外部/内部ともに)を避けるのは難しいので、以前からアーユルヴェーダの知識によって、「放射性物質を効率的に排出することができたら」と思っていたので、このオイルの存在は嬉しい。今後ブラックシードオイルを含めて、アーユルヴェーダ分野での研究が進めばいいなと思っている。

 副作用もなく、いいこと尽くめのブラックシードオイルだが、味は微妙。すでに飲んでいる友人たちが、「不味い」と断言していたが、確かにおいしくはない。でも飲めなくはないので、先月から毎朝ティースプーン一杯を飲んでいる。その後口直しに、ハチミツもティースプーン一杯飲み、密かにダイエット効果も期待している。ちなみにアーユルヴェーダでは、ハチミツは痩せる効果ありとされている。

2016-9-15blackseedoil.gif
バラカのブラックシードオイル。100ml/595ルピー(約420円)

 上記のブラックシードオイルは、キールスなどのスーパーマーケットでも気軽に買える。私はココナツオイルの味、香りが苦手で、一時期ココナツオイルでオイルプリング(うがい)をしていたが、すぐに気持ち悪くなってしまうので一週間ほどでやめてしまった。でもブラックシードオイルはすでに1ヶ月近く、一日も欠かさず飲んでいる。そろそろ瓶が空になりそうなので、二本目を買ってこようと思っている。

 効果はどうなんだろう? 劇的にコレが!というのはないが、体調はいいので体には合ってるんだと思う。何か目に見えて変化があったら報告します!

2016-9-15sunset.gif
 きれいな夕焼け。最近雨期なのに雨が降らない…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 





スポンサーサイト
キングココナッツ&サンダルウッドのジュース
 最近、我が家に滞在しアーユルヴェーダを勉強しているYさんのおかげで、いつもにもましてアーユルヴェーダ的生活をしている私たち。今日はドクターから、ピッタを冷ますためのとっておきレシピを教えてもらった。

 ピッタのバランスを崩しやすい私は、「ちょっとピッタが高くなっているな」と思うと、普段からすぐにキングココナツ・ジュースを飲むようにしている。体を冷やす効果があるため、スリランカ人は日が陰り始める午後には飲まないし、まして曇りや雨など涼しい日には決して飲まない。

 でも熱さがたまりやすい私は天気は気にせず飲んでいる。朝2~3個のココナツを割り、冷やしてライムをしぼっておいて、なるべく午前中に飲みきるようにしている。これを数日続けると、たいてい体の調子が良くなってくる。

 ドクターのレシピは、さらに効果を高めるもの。夜、ココナツを割り、テーブルスプーン1杯のサンダルウッドパウダー(白檀)を入れかき混ぜ、ふたをして外に置いておく。翌朝、目覚めてすぐ、胃がからっぽの状態で、昨夜のキングココナッツを漉して飲む。

 サンダルウッドは、お香の代表的な香りとして知られている。また、お肌をきれいにする効果があるので、クリームや石鹸に使われているのは知っていたが、飲めるとは知らなかった。このドリンクの味は、キングココナッツの甘さがなくなり、飲むと鼻からサンダルウッドの香りが抜けて、お香を食べているような感じ。でもまずくはない。

 今日で始めて3日目。1週間ほど続けて、効果をみてみようと思う。

9-8-21タンビリに白檀 9-8-21タンビリ白檀シュース
 左:割ったキングココナッツにサンダルウッドパウダーを入れる
 右:漉した状態のジュース。オレンジ色が増す



抜け毛、白髪に効くオイル
 美咲を出産して数ヶ月後、ごっそりと髪の毛が抜けるようになった。その後、抜け毛は少なくなったが、替わりに白髪が目立つようになった。抜くのもイヤだし、かといって染めるのもイヤだし、どうしようと思っていたところ、抜け毛、白髪に効くオイルの話を聞いた。

 知り合いのアーユルヴェーダ・ドクターは、40を過ぎているというのに、白髪はなく、つやつやとしたきれいな黒髪。聞けば、1年に1度、7日間連続でシロダーラをして、髪のケアをしているという。シロダーラというのは、よくアーユルヴェーダを紹介する写真で見かけるが、温かいオイルをポタポタと額にたらし続けるトリートメント。脳や中枢神経に働きかけ、いろいろな効用がある。もちろん髪そのものにもいいらしい。

 でも、さすがにシロダーラをする時間はないので、自宅でヘッドマッサージすることにする。使用するオイルはブルンガーマラカ。たくさんの薬草が入ったアーユルヴェーダオイルで、色は濃い緑色。いい香りとは言えないが、効果を考えればがまん、がまん。今日から毎日塗ることにしよう。

自然治癒力
 新年が過ぎても雨が降らない。暑い。夏ばて気味といっても食欲はあるので心配ないが、体内の熱がたまってきた。もともとアーユルヴェーダでいうと、ピッタが高くなりすぎて調子が悪くなりやすいので、こんな時期は要注意。

 と思ってたら、やっぱり蚊に刺されたところが化膿してしまった。それも、右手の中指。消毒をしたが良くならず、どんどん傷が大きくなって、1.5センチほどになってしまった。同じようにピッタ体質のスリヤンガも、胃の調子は悪くなり、これまた足のすねにできたひっかき傷が化膿してしまった。

 そして、すっかり元気になった美咲まで、左耳のピアスの穴が赤くなってかゆいらしい。まず、美咲はピアスを取って消毒、化膿止めのクリームを塗り、カレーリーブスの細い枝を穴に入れておく。ピアスが花の形で耳にくっつくデザインなので、しばらく枝を入れておいて風通しをよくし、乾燥させる。カレーリーブスには殺菌効果があるのでいいのだという。

 私たちは、とにかく体をクールダウンさせるべく、冷たい食べ物を多くとることにした。もちろん、熱い食べ物、マンゴーやパイナップル、エビ、ジャックフルーツなどは厳禁。朝からキングココナツを飲み、カレーにはなるべく冷たくする効果のある食材を使い、デザートはとっても冷たい「サウ」を作ることにした。

 サウは、タピオカ。スリランカではかなり小さいサイズを食べる。作り方はとっても簡単。①水洗いし、10分ほど水につけておいたあと、ひたひたの水で沸騰させて火を入れる。②ココナツミルク、砂糖、塩少々、あとは好みでカルダモンやシナモン、レーズン、カシューナッツなどを入れる。③冷やしてできあがり。

 分量はすべて適当。プティングのようにしたければ水分を少なめにし、ココナツミルクの中にサウが沈んでる感じにしたければ水分は多めに。砂糖は味をみながら加える。

 この食生活で数日間。ようやく痛みがなくなり、良くなってきた。傷が右手なので、ココナツミルクをしぼるのも左手しか使えず、かなり苦労したが、あと数日の辛抱か。スリヤンガの傷もだいぶ良くなってきた。

 こうやってアーユルヴェーダの智恵を使うと、薬をのまず、食べ物だけでも、かなり体の調子をととのえることができる。美咲のピアスは今日外したばかりなので、あと数日ようすをみてみよう。

*ここでいう熱い、冷たい食べ物とは、温度ではなく、体に作用する効果によって分けられている。同じ果物でも、熟れた甘いものと、まだ青い酸味のあるものでは効果が違うし、同じ食材でも、一度炒ったりすることによって、効果を変えることができるものもある。

寝る前の習慣
 アーユルヴェーダ研修でのフェイスマッサージが、気持ちいいばかりでなくお肌の調子が良くなっているのを感じるので、思わずフェイスクリームを買ってしまった。たっぷり数ヶ月は使えそうな大きさなので、気前良く毎晩寝る前にクリームをのばしてマッサージをすることにした。

 ベッドに横になってからマッサージスタート。指先で優しくマッサージしていくのだが、問題はひじを上げないといけないので後半になると腕が疲れてくること。でも顔にはいいんだし、腕の筋トレと思えばいいかも。

 まだ初めて1週間ほどだが、寝起きの肌がとても調子いい。しばらく続けてみよう!

スッピンで出勤
 普段から気合を入れて化粧をしているわけではないが、一応町に出かけるときは日焼け止めを塗って軽く化粧をするようにしている。ところが今日は朝シャワーを浴びたまま何もしない状態で仕事に行った。

 仕事場といってももちろん家の中のオフィスルームではなく、ヒッカドゥワの中心地にあるアーユルヴェーダ・クリニックが目的の場所。ここで約1ヶ月間アーユルヴェーダの講習&実技を受けるKさんの通訳として、私は通っているのだが、今日からオイルマッサージの練習台になることになったのだ。

 フェイス・マッサージをすることも考えると、やはり顔には何も塗っておきたくない。朝といえでもすでに日差しは強かったが、気にしないことにして出かけた。

 実技の練習では、ドクターのほかにセラピストが二人つき、マッサージの仕方や順序などを教えてくれる。ベテランのセラピストのマッサージはもちろん言うことなしだし、Kさんはまったくの初心者とは思えないほど上手。練習台とはいえ、とても気持ちよくマッサージを受けている。

 講習はまだまだこれから3週間つづくので、仕事を忘れないようにしつつ、マッサージを楽しむとしよう。