スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニシキヘビ捕獲
 先ほど夕食を食べていたときのこと。門の近くでバイクが止まる音が聞こえたのでようすを見に行くと、道端に全長3メートルほどのニシキヘビ(Rock Python 学名:Python molurus)がいて、通りがかった人がびっくりして騒いでいた。このへんで野生のニシキヘビを見ることは非常に珍しい。何か食べた後のようでお腹が大きく膨れ、あまり動く気がないらしくじっとしている。

16-9-20python.gif
棒で動きを封じつつ、ロープで頭と尾を結んで固定する

 この種だと、最大7メートル余りとなり、ヒョウをも襲うと言われているので、いくら毒がないと言っても放置しておくのは危ない。そこで捕獲作戦が始まった。こういった作業に慣れている近所のおじさんを呼びに行き、まずはロープで輪を作り、頭と尻尾を固定しようとする。尻尾はすぐ結べたが、頭は嫌がって逃げようとし、フェンスの隙間から我が家の畑に入ろうとした。

16-9-20python1.gif
頭をフェンスの隙間に入れ逃げようとする

 畑に入られてしまうと、その向こうは空き地で逃げられてしまうので、大人3人が必死に尻尾を引っ張り、頭を引きずり出そうとする。そのようすがおかしくて、大笑いしていた私だったが、するするとヘビが行きそうになったので、慌てて畑側に回り、庭用のホウキでヘビをつつき、それ以上中に入れないようにした。

 このとき、スリヤンガはヘビが怖いのであまり関わり合いたくないらしく、遠くで「気をつけて」というだけだった。それまで緩慢な動きだったヘビだが、私が正面からホウキで突付くと、大きく口を開けて咬もうと攻撃してきた。体に比べると口は小さい。暗いので口の中はよく見えなかったが、後で調べたらけっこう細かくて鋭い歯がたくさん生えており、咬まれると血が噴き出すくらいのケガにはなるらしい。

 ニシキヘビといえば、自分より体の大きい獲物を襲うときには、その体にぐるぐると巻きついて絞め殺してから獲物を呑み込むが、体に巻きつくと獲物の呼吸に合わせ、息を吐く度に肺を締め上げていき、窒息死させるのだという。怖い。一度巻きつかれるとそれを解くのは難しいので、とにかく巻き付かれないようにするしかない。

 といっても、アフリカニシキヘビなど攻撃的な他のニシキヘビに比べると、インドニシキヘビの性格はおとなしく、スリランカでもシーギリヤなどの観光地では、コブラ使いが見世物にしていて、ニシキヘビを肩に乗せて記念写真を撮ることができたりする。ゴールフォートでもときどき見かける。

 30分近く格闘していたのだろうか。なんとか、畑の外に追い出すことができ、ヘビの頭にもロープをかけることができて、ドラム缶の中に入れることができた。明日、野生動物保護局に連絡して、引き渡す予定。

16-9-20python2.gif
無事ドラム缶におさまったニシキヘビ

 近くで一部始終を見ていた娘たちは大興奮で、家に戻るとすぐ絵を描いていた。美咲の絵は、ニシキヘビの形や、体の太さの変化をリアルに描いていてとても上手。葵の絵は、ツチノコみたいなかわいいヘビだったけど、捕獲する作業をきちんと描けていた。なかなか楽しいひと場面だった。


【後記】 翌日、野生動物保護局に電話したところ、「そのへんのジャングルに放して」と言われ困っていたが、2日後に、Hiruニュースの取材があり、TV局が再度、野生動物保護局に連絡をしてくれ、引き取りに来てくれることになった。そのようすがネットニュースに上がっていたので紹介を。 (2016年9月22日) 

 ▽Hiru News (英語/写真)
 ▽News lanka tv (シンハラ語/動画) 


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


スポンサーサイト
09/20. 00:00 [ 自然 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ホシガメの子、誕生!
 7月13日に庭にいるホシガメが初めて卵を産み、はや6ヶ月近く。孵化まではその間の気温や天候に左右されるので、1ヶ月半から6ヶ月とかなり差があるらしい。スリランカは暖かいから数ヶ月で出てくるかなと思っていたが、まったくその気配がなく、一度美咲が卵が入った容器を倒してしまったりもしたので、今回はダメかもとほとんど諦めていた。

 そんな矢先、4個中2個の卵が同時に割れ始め、中から子ガメが顔を出した。娘たちには出てくるまで触っちゃダメよと言いつつ、完全に殻から出るまで待った。約4時間後、2匹の子ガメが姿を現した。大きさは500円玉程度。かわいい。

2015-12-18a.gif
 ついに殻から顔を出した子ガメたち

 お腹にはまだ栄養の入った袋、ヨークサックがついているので、数日間はなにも食べなくても平気らしい。確かにその間はあまり動かず、葉っぱを食べているようすもなかった。3日目からは、朝のうちに庭に出して日光浴をさせることにした。エサとなる草もたくさんある。2匹ともすぐに慣れたようすで、けっこうなスピードで歩き回っていた。

 そして、卵の残りは2個。そのうち1個は、以前美咲が卵を転がしてしまったときに、どちらが上だったかわからなくなって適当に置いたのが、外れだったのだろう。黒くなってしまっていた。次回は必ずペンで上下を卵に必ず書いておこうと思う。そして、残った1個は翌日にでも出てくるだろうと、そのまま土に埋めておいた。

 ところが、2日たっても、3日たっても出てこない。一週間が過ぎ、この卵もダメだったかと思ったら、いきなり卵が割れた。すでに上の2匹とはひと回り大きさが違っていたが、数日たつと元気に動き出し、ちゃんとエサも食べるようになった。良かった、良かった。

2015-12-18c.gif
 4歳児の手のひらに乗る大きさ


 両親と並べてみると、子ガメたちの小ささがよくわかる。ちなみに左側の大きいほうがメスで、小さいほうがオス。メスが2年前にうちに来たときはオスより小さかったのに、暇さえあれば何かしら食べているのでどんどん成長。まだ時折雨が降っているので雨季と認識しているのか、連日交尾しているので、また卵産むかなあ。

2015-12-18b.gif
 親子で記念写真と思ったら、親ガメは顔をださないし、
 子ガメはすぐにどこかへ歩いていってしまうし…


 ▽卵を見つけたときの記事はコチラ (2015-7-14)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


12/18. 00:00 [ 自然 ] CM0. TB0 . TOP ▲
トカゲ生まれる
 7月13日に、畑でトカゲが卵を産んでいるのを発見。6個中、3個を孵化させようと、プラスチックケースの中に入れ土をかけておいたのだが、今日見てみたら、トカゲの赤ちゃんが一匹生まれていた。メモ:孵化まで67日。通常は79~87日らしいのでちょっと早い。

15-9-20tokage.gif
本当に孵化したてだったようで、体にはまだ土がついている

 体長5センチ、体はお母さんトカゲそっくり。孵化したてなのか動かずじっとしている。残り2個の卵のうち1個は、もう割れかけていて緑色の顔が見えていた。待っていれば卵から出てくるようすを見れたんだけど、ちょうど夕食の用意をしていたところなのでそこを離れたら、いつの間にかもう1匹生まれていた。

 とりあえず2匹は庭に放し、残り1個の卵のようすを見ることに。翌朝見たら、無事3匹目も生まれていた。ただ生まれたばかりの状態で昼間庭に出すと、すぐに鳥に食べられてしまいそうなので、暗くなるまで家の中に置いておこうとしたら、美咲が先日来たRくんが見たがっていたから、来るまでこの1匹を飼っておこうと言う。

 私は別にかまわないけど、殺生を嫌がり、生き物を飼うのを嫌がる(かわいそうだからと)スリヤンガがなんと言うか。案の定、嫌がったが、Rくんに見せるためという大義名分のおかげか、渋々と承知した。早速、ミネラルウォーターのボトルの上部に穴を開け、少し土を入れて草を植え、即席の家を作った。

 まだ食べるところは見ていないけど、小さな羽虫などを捕まえて入れたらいなくなっているので、食べているのだと思う。娘たちも張り切ってエサの虫取りをしつつ(スリランカ人が見たら眉をひそめそう!)、トカゲの観察をしている。Rくんが来るまでの数日間、トカゲの観察を楽しもうと思う。

 ▽卵を見つけたときの記事はコチラ (2015-7-14)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


09/20. 00:00 [ 自然 ] CM0. TB0 . TOP ▲
卵の日
 朝、畑のフェンスを作っていたスリヤンガが、走って呼びに来た。カメラを持ってこいと言う。「なんだろう?」と急いでいくと、トカゲが卵を産んでいた。最中だったので動けないのか、近くに寄っても逃げない。

 15-7-14a.gif
 警戒しつつも卵を産み続けるトカゲ。卵は全部で9個

 トカゲの名前はGreen Forest Lizard(シンハラ語だと”パラ・カトゥッサ”)。体長は、長い尻尾も入れて40センチくらい。卵の大きさは1.5センチ。本によれば、孵化まで79~87日。スリヤンガは渋ったけど、「子供たちの観察のために」という名目で、卵を3個土を入れたタッパーに保存。本当は私がトカゲの赤ちゃんを見たいだけなんだけど。

 その後しばらくして、今度は庭でメスのホシガメが穴を掘っているのを発見。2年近く庭で飼っていて、交尾しているのはしょっちゅう見ているけど、産卵するのは初めて。うちの庭の土、粘土質の固い土なので掘るのが大変そう。ときおり尿をかけて、柔らかくしながら掘っている。5時間あまりの大作業。

15-7-14b.gif 15-7-14c.gif
 卵を産み終え、後足で土をかけるホシガメ。卵は4個

 あたりが薄暗くなったころ、ホシガメはいつの間にか卵を産み終え土をかけていた。残念、産卵シーンを見逃してしまった。まだ後足で土をかけているカメをどけて、そっと土を掘ってみたところ、4個の卵があった。大きさは5センチ弱。

 爬虫類の卵は、天地(上下)を逆にしてしまうと孵らないので、注意して容器に移した。卵が乾かないように、うっすらとかぶるくらい土をかけ、フタの代わりにランチシートをかけ輪ゴムで止め、空気穴を開けた。トカゲの孵化まで2ヶ月半から3ヶ月というのも随分先だが、ホシガメは47~178日と書いてあった。1ヶ月半から6ヶ月!半年ってすごいな。天候、気温に左右されるようなので、ここなら3ヶ月くらいで出てくるかな。

 ちなみに、爬虫類の性別は卵のときの温度によって決まり、ホシガメの場合、28~30℃だとオス、31~33℃だとメスになることが多いらしい。この産卵から孵化までの間の、受精卵の環境温度によって性決定されるTSDについては、現在もわからないことが多く研究中だという。とても興味深い。環境の変化に適応する自然界のシステムってすごいと思う。

 さあて、うちのはオスメスどっちかな? 数ヶ月後に、赤ちゃんたちが出てくるのが楽しみ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


07/14. 00:00 [ 自然 ] CM0. TB0 . TOP ▲
トルコブルーのミツバチとリクトカゲの子
 ちょうど今は雨期から乾期へと季節が変わる時期。先月はヒッカドゥワでも本当によく雨が降り、夜になると肌寒いほど。

 29日の朝には、バドゥッラという紅茶畑が広がる山間部で大きな地滑りがあり、300名近くが家ごと飲み込まれた。上空からの映像だと、緑が広がる山の斜面に地滑りがあったところだけ茶色い山肌が見えていた。警察や軍が捜索をしているが、ドロドロのぬかるみ状態で、深いところでは家が9mも下に埋まってしまい、作業がなかなか進んでいない。

 学校に通っていた子供は無事だったが、集落が土砂に飲み込まれてしまったので、家族や親戚が皆行方不明という子もいる。被害にあったのは、紅茶畑の茶摘みなどの下働きをしている、貧しいタミル人が多く住む地域。以前から地滑りの危険性は指摘されていて、政府は「住民に危険を伝えていたが動かなかった」と言っているが、政府が新しい土地と家を用意してあげるのでなければ、一日数百ルピーの賃金で暮らしている人たちだ。移住したくてもできるはずがない。

 テレビのインタビューでは、「危険性なんて政府に知らされてなかった」という住民もいたので、政府は危険性をわかっていたが放っておいたのだろう。政府もひどいが、雇い先である紅茶プランテーションの経営者たちが、重要な働き手である彼らの生活改善のために何かできなかったのかとも思う。雨が降る寒さの中で避難している人たちに、暖かい支援が行き届くことを願うばかりだ。

*   *   *


 ところで久しぶりに生き物ネタを。トルコブルーのミツバチ発見。普通のミツバチよりひと回り大きい。自然界にはなさそうなトルコブルーだが、スリランカではクモでも見たことがある。

14-9-14hachi.gif
 色鮮やかなトルコブルーのミツバチ

 続いて、リクトカゲの子供。まだ体長40センチくらいだが、大きくなると2~3mになるので早く出て行って欲しいのだが、すっかり我が家に住み着いている。先日、サソリを加えているのを見かけた。私がカメラを持って追いかけると、嫌がって逃げていたが、獲物は離さず。カメの上も平然と乗り越えて歩いていた。

14-9-23taragoya.jpg
 サソリをくわえたリクトカゲの子供

14-9-23taragoya1.jpg
 そのままリクガメの上も乗り越える

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


11/03. 00:00 [ 自然 ] CM0. TB0 . TOP ▲
カメ・ハウス
 昨年の8月から、我が家の庭で生活しているホシガメ。たまにキュウリやスイカをあげたりしているが、基本的にはほったらかし。勝手に芝生や庭に自生しているゴトゥコラ、ハイビスカスなどの花、キノコなどを食べている。すっかり私たち人間にも慣れて、近くを歩いていても気にしていない。美咲と葵には、「観察はいいけど手で持っちゃダメ」と言ってあるので、子供たちにも警戒心ゼロ。

 先日、何気なく見たホシガメの赤ちゃんの写真のあまりのかわいさに、完全にノックアウト。庭で繁殖させてみたいなと、「近所の人に『ホシガメを見かけたら知らせて』と伝えて」とスリヤンガに頼んだが、気乗りしないようす。スリヤンガはカメにまったく興味がない。

 聞けば、ホシガメはダンブッラ方面に多いらしい。実際、このへんではあまり見かけない。我が家のホシガメはオスなので、「誰かがホシガメを見つけて持ってきてくれて、それがメスだったら繁殖可能」というかなり気の長い話だが、縁があったらやってくるだろうと思っていた。

 そんな話をスリヤンガとした数日後、近所の男の子が訪ねてきた。門を開けると、自転車に乗ったままの男の子に「はい」とホシガメを渡され、驚いた私が質問する前に、バイバイと男の子は帰ってしまった。

13-10-12kame.jpg
 左が新参ホシガメ(♀)、体長15センチ。右の古参ホシガメ(♂)は体長20センチ

 とりあえず、新しいホシガメを庭の隅に置き、新しい環境に慣れるまで放っておくことにした。ところが、古参カメがだまっていない。なんと新参カメはメスだったらしく、いきなり上に乗っかってシューシュー音を立てている。調べてみたら、ちょうど雨季にあたる今がホシガメの繁殖期らしい。「新しいカメさんが来た!」と喜んでいる娘たちが注目する中でのこの行為。美咲には「何してるの?」と聞かれるし、説明に困った。

 まあこれで、赤ちゃんガメが生まれる可能性が出てきたわけなので、卵を産むまで見守っていこうと思う。ところで、その後帰宅したスリヤンガに聞いたら、まだ誰にもカメについて頼んでなかったとのこと。じゃなんで、あの男の子はカメをうちに持ってきたのか? 「すでに一匹いるからもう一匹」と思ったんだろうか。

 このあたりの人に「ジャパン・ハウス」と呼ばれている我が家。そのうち「カメ・ハウス」になるんじゃないかとスリヤンガは心配している。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


10/13. 00:00 [ 自然 ] CM0. TB0 . TOP ▲
バッタの笑い顔?
 初めて見かけたバッタ。形はイナゴ、でも顔がインパクトありすぎて目が釘付けになってしまった。あ~、本気でスリランカの昆虫図鑑欲しい。誰か作ってください!

13-1-24b.gif
13-1-24a.gif
 体長1.5センチ。「に~」と笑ってるみたい

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


01/22. 00:00 [ 自然 ] CM2. TB0 . TOP ▲
タマムシ?それともテントウムシ?
 美咲が「あっ、テントウムシ!」というので見てみると、きれいな玉虫色の虫がテラスをものすごい勢いで歩いていた。

 でも良く見ると、テントウムシにしては大きいし、羽が普通のテントウムシのように二つに分かれていない。飛ぶようすを見ていないのでなんとも言えないが、形は丸いけどテントウムシじゃなさそう。色からするとタマムシとも思ったけど、日本のタマムシとはあきらかに形が違う。

 背中の感じはカメムシにも似てるが、まったく臭くないから違うんだろう。「じゃあ、なんなんだ」ととっても気になる。「こんなときに昆虫図鑑があったら!」と、今までに何度思ったことだろう。誰かスリランカの動物・昆虫図鑑作ってください。高くても買います!

11-8-10カメムシ
 体長は7~8ミリ。きれいなタマムシ色。左の触覚が折れている

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


08/09. 00:00 [ 自然 ] CM0. TB0 . TOP ▲
バナナを収穫
 庭に植えたバナナが初めて実をつけた。サルに食べられないようカバーをかけ、成長するのを待っていたが、そろそろいいだろうと収穫することにした。スリランカには十種類以上のバナナがあるが、これは私が一番好きなアンブンという種類。スリランカのバナナにしては大きく(日本のバナナと同じくらい)、香りが強い。

 11-2-16バナナと美咲 11-2-16バナナ

 左写真はバナナが木になっているようす。茎ごと切ると右写真のような高さ。かなり重い。商店の軒先には、これを逆にした形でかかっていて、下から順に(つまり自然に生えている状態だと上から)熟していく。他の種類のバナナだったら、もう少し熟し始めるまで待っていてもいいのだが、このアンブンは木につけたままにしておくと実が割れてしまうので、早めに収穫してしまったほうがいいらしい。

 とてもじゃないけど我が家だけでは食べきれないので、近所の人や友人たちにおすそ分けしようと、バナナを房ごとに切り分けたら、一房15個前後ついたバナナが11房できた。つまり150個以上のバナナが一本のバナナの木から収穫できるわけだ。

 バナナは正確にいうと木ではなく草本。一本の茎にはひとつの花が咲き、実をつけると枯れてしまうが、土中の茎を通じて次々と芽が出てきて、あっという間に大きくなるので、放っておいてもいつの間にか実をつけているという感じ。まったく手がかからない。

 タイミング的には4月の新年の時期に合えば良かったが仕方がない。さあ、次の実がいつなるだろうか。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


02/17. 00:00 [ 自然 ] CM6. TB0 . TOP ▲
朱色のしっぽ
 よく見かけるトカゲの一種だが、生え変わりのしっぽが朱色だとは知らなかった。
 徐々に茶系の縞模様に変化していくのだろうか…?

11-1-16トカゲ

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 


01/17. 00:00 [ 自然 ] CM2. TB0 . TOP ▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。